「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 事業・施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら



光陽福祉会本部
第1光陽サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝30-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第7光陽
就労支援センター光陽岐南

〒501-6003
岐阜県羽島郡岐南町平島8-64-1
TEL:058-213-1448
FAX:058-213-1447


新しい仲間

こんにちは。就労支援センター光陽岐南の板橋です。

 

今回は就労岐南の新しい仲間についてお伝えします。

 

 

 

今週から就労岐南に新しい仲間のKさんが加わりました!☺

 

初日はとてもドキドキした様子でしたが、初めて行うお仕事でも

 

前向きに挑戦する姿が印象的でした😄

 

 

 

朝や作業後の掃除でもテキパキと動く姿がありました。

 

みんなも負けていられないですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は初めてのお仕事ばかりで大変だったと思います。

 

来週からもお仕事を頑張りつつ、

 

就労岐南のみんなと仲を深められるといいですね。

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大が広まり、

 

岐阜県ではまん延防止等重点措置が出ています。

 

手洗いうがいといった自分たちで出来る感染症対策を

 

引き続き行い、自分や周りの人たちの安全を守っていきましょう。

 

 

 

 コメントはありません 2022年1月21日 posted by 板橋暁良


☆第7光陽に仲間入りしました☆

1月より第7光陽に異動になりました『鈴木』と申します。

放課後等デイサービス第7光陽に配属になり2週間が経ちます。

 

第7光陽のご利用者様は小学生から高校生までと、年齢層に幅があります。

中高生の子ども達が小学生の子どもの事を気にかけてくれます。

自由時間、活動等、あらゆる場面で高学年のお兄さん、お姉さんとしての役割を持って低学年と関わる事が自然に出来ており、信頼関係が出来ています。

 

 

泣いている子どもがいると、

「どうしたの?」

『大丈夫?』

と優しく手を差し伸べる。

 

そんな心の優しい子ども達が通う放課後等デイサービスって凄いな。

それが自然に出来ている環境を作った先生方。

支援の方法も子ども達に寄り添いつつ、一定の距離を保ち関わっていると感じています。

 

小学校、中学、高校で身に付けなければならないコミュニケーションスキル、道徳、ソーシャルスキルがありますが第7光陽では年齢に合わせた活動を通して色々な経験を繰り返し行うことで身に付けることを目指しています。

中高生はGSスクール活動があり、『働く』ことについて具体的に学んでいます。

学校では体験できないことを活動として取り入れ、将来設計に繋げられる取り組みは、保護者様にとっても安心材料となっていると感じました。

私も少しでも早く第7光陽職員として、より良い支援が出来るように頑張りたいと思っています。

 コメントはありません 2022年1月15日 posted by 鈴木 由美


頼って頼られて

明けましておめでとうございます!!

 

本日も就労岐南の彼らの様子をお伝えさせて頂きます。

今回は発泡溶解の作業の様子です★

作業では、ニクロム線や手足を使い、発泡スチロールを細かくする。

そしてその発泡スチロールを機械内に入れ、砕いていく。

完成した溶解品は水で冷やしパレットに並べています。

以前よりも発砲の作業人数が増えたので、より協力して自分たちの力で作業を行っています。

機械内の発砲押しも、刃の部分に動いている発砲を持っていき、押し当てて砕いていかないといけないので、集中と体力が必要です!

体力に自信のない子も、機械内を一緒に押すペアの子が、頑張っているから、私、僕も頑張らないと!と自信のない表情から真剣な表情で作業をしてくれています★

そして機械内の発泡スチロールの減りを確認しながら補充をしていきます!

発泡スチロールを細かくしている子は、機械担当の子に、入れて良いかを尋ねたり、機械担当の子は、入れてほしくなったら、入れてほしいと伝えたり。

普段あまり話さない子にお願いする時は、少し緊張をするかもしれないですね。

機械の中に、自分のタイミングで発泡スチロールを入れたい子だったり、もう入れないでが言えず、発泡スチロールであふれそうになる機械を担当する子。

言葉に出さないと気持ちは伝わらないよと、ジョブ経由ではなく彼ら自身で「入れていいですか」「もういいです!ストップ!」などと皆で伝え合いながら行ってきました。

仲間から頼まれことに、目を大きくして驚きながら、作業スピードが上がる子♪

頼られた嬉しさがやる気に繋がり、緊張しながら「入れて下さい!」と伝えられたことで、この子は頼ってもいい存在なんだと感じていてくれたら、うれしいです。

最近では、掃除の時間、一緒に掃き掃除をしながら「ゴミとってほしい。」と伝え、とってあげたり。

休み時間では、モノマネをしてその仲間の姿にお互いに笑いあったり。

少しのきっかけで、以前よりも仲間との関りに、ためらいがなくなり本当の自分らしさが少し見えてきた彼ら。

これからも、頼って頼られて皆で成長していきましょうね♪

 コメントはありません 2022年1月14日 posted by 山下唯


小集団遊びで学ぶこと

こんにちは、寒い日が続いていますが、風邪などは引いていませんか?朝晩は特に冷え込んでいるので、暖かく過ごして下さいね。

さて今回は、先日おこなった小学部の小集団遊びの様子をお伝えいたします。

小集団遊びの目的は、人と関わることの楽しさを知ることはもちろんですが、時には、我慢をしたり、順番を守ったりすることも学んでいきます。今後の子ども達にとって、とても必要な事ですね。

先日は、みんな大好き「ツイスターゲーム」をしました。

1つのサイコロには、手と足の絵が書いてあります。もう1つのサイコロには、赤、青、黄色、緑の丸が書いてあります。出たサイコロにしたがって身体を動かしていきます。まずは始めに、「じゃんけんぽん!!」

勝った子からサイコロを投げていきました。

みんなじょうずに出来るかな?

とても楽しそうに参加していました。ゆっくりの動きですが、汗をかき暖房を消しました。

2人ずつおこなっていきましたが、尻もちをついてしまい負けてしまった子!悔しくて、怒って泣く子も。でもそんな経験ってとても大切な事だと思います。たくさんの経験を積み重ねていき、みんなで成長していけたらいいなと思います。

また活動の時ばかりではなく、自由時間の時にも他児との関わりがあります。同じおもちゃの貸し借りや使っている玩具を「かして」と言われたらどうしたら良いのか。家庭では出来ない経験をつぼみでは経験することができます。

たくさん泣いて、怒って、笑って、みんなで成長していきましょう!

 

 

 コメントはありません 2022年1月13日 posted by 森 万里子


新年、成人、おめでとうございます!!

新年あけましておめでとうございます🎍

 

就労支援センター光陽岐南の板橋です。

 

今回の年末年始はコロナ禍ということもあり、

 

実家で猫と戯れ、ゆっくり過ごしました(=^・^=)

 

 

 

今年の就労岐南は1月4日から元気に稼働しています😊

 

みんなに年末年始はどうだったかを尋ねると

 

「年越しそば食べました!」

 

「家でゴロゴロしてました😅」

 

と、それぞれが家庭でゆっくりと過ごせたそうでホッとしました。

 

1週間程度のお休みがあり、久しぶりの仕事となりましたが、

 

以前と変わらない動きでみんなテキパキ働くことが出来ています😆

 

 

 

 

 

 

 

さて、10日(月)の成人の日前の最後の稼働日でした。

 

今年度成人を迎えたF君へみんなからメッセージを添えた色紙等をプレゼントしました✨

 

 

 

F君は「ありがとうございます‼」と大喜び😆

保護者の皆様も、今日この日まで本当に有難うございます。

色んな葛藤があったと思いますが

とても逞しく、カッコよく素敵な成人になっています💕💕

これからのF君の大人としての活躍、期待しています🤗

 

新型コロナウイルスの感染拡大がまたしても広がり始めています。

今年もマスクの着用、手洗いうがい、検温の徹底など、

自分で出来る感染対策を続けていきましょう。

 コメントはありません 2022年1月11日 posted by 板橋暁良