「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 事業・施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら



光陽福祉会本部
第1光陽サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝30-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第7光陽
就労支援センター光陽岐南

〒501-6003
岐阜県羽島郡岐南町平島8-64-1
TEL:058-213-1448
FAX:058-213-1447


第2光陽☆今月のカレンダーは…

朝晩はだいぶ過ごしやすく感じられるようになりましたね。

天気の良い夜は、お月様がとっても綺麗ですよね✨

 

第2光陽のカレンダー作りは、今回はお月見🌝🐰💕

一日を通して、数字の部分と制作の部分を作りました。

 

見本を見せると、「わー!すごーい🤩」と目をキラキラ✨

 

ススキは、線に沿って丁寧にはさみで切りました。

全部を切ってしまうのではなく、途中で止める…これが案外難しいんですよね。

あまり太く切ってもススキにならない。

丁寧に切る事にチャレンジ‼

 

 

のりづけは、隅まで塗る事を意識。

両手を使い、しっかり紙を押えて。

 

 

今回も細かい工程がありました。

一つ一つ、ゆっくりと丁寧に作り上げていきました。

お団子はティッシュペーパーをくしゅくしゅっと丸めました。

ボールの様にまん丸にする子

平面に合わせてふっくらさせる子

いろんなお団子ができました😊美味しそう💕

 

お月様の中にいるうさぎさんも、耳の向きや目の書き方で

とっても個性が溢れたものになりました🐰💕

 

 

 

 

素敵なカレンダーが出来上がりました😍

来月のカレンダーもお楽しみに🍀

 

 コメントはありません 2021年9月25日 posted by 後藤 成実


チャレンジ

こんにちは☁

 

最近は妹に誕生日に貰ったハンモックに揺られながら、漫画を読むことにハマっている第7の板橋です。

 

さて、今回は先日小学部で行った、『チャレンジ塾』について紹介致します。

 

 

指先の巧緻性の向上、ボタンの付いた服を将来自分で切れるようになるように、ということが目標で、物を『摘まむ』動作に焦点を当てました。

 

おはじき、木製のペグ、ビー玉等、それぞれの大きさの穴が開いたタッパーに入れていく様子です。

穴のサイズがギリギリの設定してあるので少し力を入れる必要があります。

 

タッパーの素材をプラスチック、アルミ、と種類を増やし、物を入れた時の『音』の違いも楽しめるようにしました。

 

『先生、こっちもやりたい!』

 

と、熱中して取り組んでくれる子もいました。

 

『輪ゴム掛け』の様子です。

四角、三角等、色々な形を作ることを楽しみながら、輪ゴムを摘まむ、引っ張る動作を行い、指先を使うことが出来ます。

 

苦手なことにチャレンジする時に、少しでも楽しく、面白く、興味を持って取り組めるように、これからも考えて支援をしていきます💨

 コメントはありません 2021年9月25日 posted by 板橋 偉史


頑張れるきっかけとは⁉

すっかり秋らしい気候になりましたね(^^)/

虫も少なくなり、ちょっぴり肌寒い今の気候がとても好きです❤❤

 

さて、就労岐南では8月の加工数が最大値になり、工賃もアップしました😊🌟

皆の努力の結晶ですね!!!工賃の金額が出た時、職員も大喜びでした‼

 

最近、色々な出来事を考えさせられることがありました。

一般就職の難しさ。それは、やはり継続雇用だと思います。

みなさんはどんな時に仕事を頑張れますか⁉⁉

 

私は、、やっぱり

認めてもらえた時!と頼ってもらえた時!です。

私は入社して、10年目になります。

まだまだ未熟な部分があり、ご指導を頂けることもたくさんです😅💦

うまくいかないことも、もちろんあります。落ち込むこともあります。

でも、頑張れるのは見てくれているから。というのが大きいのかもしれません。

❝叱られるうちが華❞と耳にしますが

 

菊池会長は、数多く褒める訳ではないですが(笑)

「頑張っとるか?」「娘は元気か?」

結果が出ると「おっ!良いやないか~!」と声を掛けてくれる。

 

中村副会長は、

誰よりも忙しくて、大変なはずなのに

「忙しい時にごめんね」という言葉を必ず言ってくれる。

「いつも、ありがとうね」「頼むよたっちゃん‼」

と声を掛けえてくれる。

 

菊池会長や中村副会長は、職員一人ひとりに声を掛けることは絶対に忘れません。

時には厳しく叱ってくれ、時には優しく声を掛けてくれ励ましてくれる。

 

❝人❞として、やはり認められり、頼ってもらえると頑張ろうと思えますよね。

それは、障害の有無は関係ない‼‼‼‼

 

就労岐南のメンバーを見ていて、それを実感することが沢山です🌟🌟🌟

認められると自然に笑顔になり、躊躇していたこともチャレンジできるようになる。

頼られて初めて「ちょっと頑張ってみようかな」と思える。

今まで避けてきたことに、少しずつ向き合えるようになる。

 

まだまだ人生は長い。

焦らず、❝働く❞上で必要なこと、❝生活❞していく上で必要になことを

身に付けていけるように、一緒に頑張っていきたいなと思います。

 

毎日を思いっきり生きるがテーマの就労岐南

日々を積み重ねていく中で、色んなことに向き合い

一歩前進していきましょう(*´ω`*)

 

令和4年4月1日から

生活介護事業就労継続支援B型

生まれ変わります‼❤

新規ご利用者様も随時募集しております🍀✨

ちょっと気になるな♫と思われた方は

御気軽にお問合せ下さい(^^)/

 コメントはありません 2021年9月25日 posted by 棚橋 千賀子


ツイスターゲーム始めました!

こんにちは、秋分の日も終わりましたが、まだまだ日中は暑い日が続きますね。小学部の子ども達も汗をかくと自分から水筒のお茶を飲み、水分補給をこまめにおこなっています。

さて、今回は、「小集団あそび」についてお伝えしますね。

小集団あそびは、「ルールのある遊びを通して、他児と関わる楽しさ、自分の思いが通らないことも経験する」といった目的があります。

そして、昨日は、小集団遊びの中で「ツイスターゲーム」を行いました。

前回、一度行いましたが、その時に利用ではなかった子もいた為、始めにしっかりとルール説明をおこないました。

まずは、サイコロを転がします。

これが、出た場合は、緑の丸に手をおきます。

足の絵が出て、緑が出た場合は、足を緑の丸の上におきます。

これを書いていると、なんだか私もやりたくなってきました(笑)

ツイスターゲームは運動不足解消にもなりますね。

見ている子たちは、「がんばれ!がんばれ!」と声援をおくっていましたよ。

転んだり、ひっくり返ったりしたら負けになります。

負けると悔しくと「もういい!」「やらない!」と言う子。そんな経験や気持ちをたくさん感じて欲しい。負けると悔しい気持ちって大切ですよね。しばらくすると、「やらない」と言っていた子も再び参戦!

写真でも楽しさ伝わりますか?

終わった後には、「またやりたい!」と嬉しい言葉が聞かれました。

今は幼い子ども達、今後生活していく中で、思いどおりにいかないことがたくさんあると思います。もしかしたら、思い通りにいかないことの方が多いのかも。

そのためにも、自己調整力を養っていくことはとても大切なことだと感じています。

小集団遊びで、お友達と関わり、喧嘩もしながら、その後は楽しく遊び、そういった経験を積み重ねていって欲しいです。

また子ども達の様子をお伝えいたしますね。

 

 

 

 コメントはありません 2021年9月25日 posted by 森 万里子


指先って?

こんにちは(^^)/

すっかり秋の気配を感じる時期となりましたね。

みなさん、体調を崩されていませんか?

はぐくみの子どもたちは毎日元気いっぱいで、見ているこちらも元気になります( *´艸`)☆

今日は、頑張っている子どもたちの様子をお伝えしていきますね。

はぐくみでは、毎日予定している活動以外にも指先や学びの療育を行っています。

ただ、学ぶでは、楽しくありません。

「遊びながら学ぶ」事を職員は意識しています。そうすることで、子どもたちの集中力は延び、「やってみよう!!」の気持ちが育めます。(*^_^*)

 

  

まずは、持ち方。まだまだ握り持ちになる子もいますが、毎日繰り返し持ち方を学ぶ事で親指と人差し指を意識できるようになります。

そして力加減。力加減が弱いと洗濯ばさみは開きません。洗濯ばさみが開き、台紙に挟むまで力を入れ続ける必要があります。職員と一緒に動作確認を行いながら取り組む事で身体で覚えていきます。

洗濯ばさみを付ける時、指定された場所に付けられるか。目と手の供応です。

手元を見る力も養います。

色の理解。たくさんの色の洗濯ばさみの中から指定された色を選べるか。

両手の使い方。洗濯ばさみを持っていない反対の手はどうするのか。片手では洗濯ばさみは付けれません。指先の療育一つでも、たくさんの目的を持って行っています。頑張った後には、子どもたちの創造性を高める為自由に洗濯ばさみを付けていきます。子どもたちは嬉しそうに形を作ったり、同じ色をたくさん集めたり。私たちが関心する程の発想力で楽しませてくれます。

頑張る時間、楽しむ時間このメリハリが大事なんです。(*’ω’*)

これからも子どもたちが、わくわくどきどきするような活動をたくさん取り入れていきたいと思います。

ご自宅でもお洗濯の際ぜひ、お子様と洗濯物干しをしてみてください。

きっと楽しいですよ( *´艸`)☆

 

 コメントはありません 2021年9月18日 posted by 平井 文絵