「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

 ホーム  概要  光陽式療育  事業紹介  施設紹介   ブログ  お知らせ  入会案内  求人情報 


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

1 / 6123456

落ち葉


さて 本物の落ち葉はどこでしょう

 

先週の土曜日は小学生のメンバーと ガストへ外食に行ってきました

その帰り道 散歩とは言えない程度だけど ほんの少し大回りして帰ーえろ!と

第二光陽近くの信号を渡って帰る事にしました

 

天気もよく 心地よい日差しを浴びながらつぼみに帰って来た時

Tくん・Yくんが「先生これ」と言って落ち葉を見せてくれ 落ち葉を一枚くれました

いつの間に拾ってきたのやら・・・

確かに 街路樹の下 辺り一面は落ち葉の絨毯状態になっていました

落ち葉を見つけて 拾ってきてみせてくれるという その一連の様子が

なんだかとてもかわいらしく 心がほんわか

心やすらぐ週末を ありがとうでした

落ち葉の行方は・・・ お猿さんの持っている籠の中 薄茶色の葉っぱです

 

 コメントはありません 2014年11月29日 posted by 大島 由美子


第2弾!コロッケつくり!!


こんにちは

 

昨日は11月2回目のコロッケ作りの日がやってきました。

①材料をそろえる

ジャガイモ何g、お肉はスプーン何杯、玉ねぎスプーン何杯か確認しながら材料を準備します。

②材料をまぜる・整える

均等に混ざるように、指・手のひら・手首を上手く使いまぜていきます。

まぜたあとコロッケの大きさに形を整えていきます。

 

③小麦粉・卵・パン粉をつける

小麦粉、たまご、パン粉をつけていく際にポロポロとコロッケが崩れてしまう子も。

整え方の確認小麦粉等をつけていく際のコロッケの持ち方等確認しながらつけていきました。

 

④パン粉がつけ終わったら焼いていく

焼き加減を確認しながら焼いていきます。ひっくり返すのに苦戦している子も。上手く手首を使ってひっくりかえせるよう普段の中で手首を使ったことが取り入れられるようしていきたいと思います。

焼き  ⇐ 「焼き」の文字をクリックしてください

 

食べてみてどうだったか教えて下さいね。

 コメントはありません 2014年11月28日 posted by 石野 恵


12月カレンダー作り


こんにちは

今日は12月のカレンダー作りの様子をお伝えします

12月といえば、やっぱりクリスマスですよね

今回は、ビーズ通しとはさみを使って、クリスマスツリーを作りました

まずは、ビーズ通しです。

 

これまでにも、3分集中や指先の細かい動作練習として行ってきています。

糸にビーズをひたすら通していくので、集中力も必要になります

糸のつまみ方や手の位置に気を付けて、真剣な目でもくもくと取り組んでいます

長短2種類のビーズ通しが終わったら、

次ははさみです

 

折り紙を折り目に沿ってまっすぐに切ります。

これはどの子も線を意識して素早く切り終え、元気に「できました!」と報告してくれます

しかし、次が大変です

線に沿って、大小の円を切っていきます。

 

早くやろうとするとギザギザになってしまったり、うまくはさみを動かせなくて丸みの部分を切り落としてしまったり・・・

さっきまでの余裕そうな表情が、一気にまた真剣に

なんとか材料がそろったら、折り紙とビーズ通しを貼り合わせます。

 

 

それぞれのクリスマスツリーができると、子どもたちは満面の笑みで

職員に完成品を見せてくれました

 コメントはありません 2014年11月26日 posted by 原 花織


12月カレンダー見本


★お花紙で華やかに★

4枚の薄い紙を重ねたまま折り曲げる→ 蛇腹おり

昨年も、蛇腹折りにみんなでチャレンジしましたが、「難しい」との声が多かったです。

折り曲げていく時に、重なっている紙がドンドンズレてしまったり、同じ幅を積み重ねるという部分でもそう感じたようでした。やりにくさは、人それぞれなので、今回も様子に合わせて声掛けをしています。

☆雪の結晶は、切り紙☆

細かい所まで、慎重に切っていけると、仕上がりがきれいですよ

切り紙はパターンによって色々な模様になりますので、決められたものだけでなく、自分で描き自由に切ってみても楽しいのではないかなと思います

★雪だるま★

1㎝幅での編み込み

時間をかけて、何度もお伝えしてきました。「編み込み」

みんなやり方をマスターできた頃だと思いますので、今回の雪だるまで一旦区切りをつけたいと思います。

指先の訓練によく、手元を注視しなければできない、仕組みを理解する必要がある等、色々な要素が含まれていますね。

始めた頃こんなことを考えていましたが、いざみんなに伝えていった時、㎝数をはかることができなくて…

はかり慣れた3㎝。

しかし、3㎝ができる=他もできるとはいかないのです。

結びつけられるようになるには、練習を重ねる必要がありました。

 

順序をつけて一つ一つずつ

①はかる㎝数の倍数を知ろう。

②定規から数字を見つける。印を付ける。

※印は、短く。カレンダーの枠内に。

③印(右・左)に定規を合わせて、指先に力をいれて押さえ、定規からペン先が離れていかないように左から右に引く。

※左利きの場合は、様子見て。

※右から左。上から下。自分にとって苦手と思う方向があると気付くことができると、次のステップに進むことができますね。

次に、編み方。

交互に編みやすいように、色分けして伝えたり、工夫があると分かりやすいようです。

そして、根気も大切。

回数を重ね、やり進めるにつれて細くなっていく紙、指先が不器用な子には嫌な時間…

繰り返しのある作業が苦手な子も気が進まない…

でも、諦めずに苦手に向き合うことができたら、きっと自分の・本人の力になるはず!

職員もそう思いながらお手伝いをさせて頂いています。

できなくて嫌だなと思っていても、案外できるようになるとはまる子も。

「もっとやりたい」「僕は、もっと細く細かくできるよ」等の呟きも聞かれました。

考える私としては、こんな姿が一番うれしいです

見本

 

子ども達が制作している姿

 

同じ材料でも、出来上がりに個性を感じられる所が見ていて楽しいなと思います

では、また次回

 コメントはありません 2014年11月25日 posted by 出口 妙子


唐揚げの達人にて実習


こんにちは 今日明日は雨みたいですね。

雨の日は運転中に前が見えにくいので、気をつけて運転しなきゃなと思います

 

さて、先週も少し雨が降っていましたが唐揚げの達人に実習へ行きました

 

  

 

 

 

空き時間には、ガーリックポテト用のポテトを3等分にカットする仕込み、流しにある洗い物を頑張りました

 

前までは実習の時間帯でも明るかったのですが、最近ではすっかり暗いですね

6月から始まった実習も約半年が経ち、なんだか月日が経つのが早く感じます。

 

 

 普段の療育の中で、実習の時の唐揚げの袋詰めを3分間集中で取り組んでいます

その成果もあり、以前と比べると実習時の袋詰めが上達したように感じます。

今課題にしていることは、袋詰めの最後に行う袋の角をテープで留めることです。

子供達の様子を見ていると、テープの量、位置が曖昧なようなので、テープに色や線を付けてわかりやすい状態で練習し覚えてもらおうと考えています。

また後日結果を報告します

 コメントはありません 2014年11月25日 posted by 板橋 偉史


1 / 6123456