「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら


 
 


一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

1 / 6123456

旅立ち

タイトルを見て、ツバメ?と思われた方もいるかもしれないですね(^_-)

残念ながら、まだ光陽のツバメは「ピーピー」と元気な声を出しながら

親鳥を待っています光陽ツバメが巣立つのはもう少しですかね

 

さて、今回の“旅立ち”は就労の仲間が一人、卒業を迎えたので書かせて頂きました。

今日(6/30)はK君の卒業記念日となりました(*^_^*)

卒業というと3月が一般的ですが、彼らは企業様とのめぐり合わせになるので

何月に卒業になるかは分からないんです。

 

この日が来るまでには日々の訓練を一生懸命頑張り、沢山悔しい思いもしたK君。

苦手な『伝える』ということに向き合ってきた彼。

実が学生の頃からの夢だった接客業の仕事に就くことが出来ました☆

今日はいつもと同じように出勤をして、訓練をした一日。

が近づくにつれソワソワしていたK君。

 

光陽に戻ってきてから、まずは皆でお祝いです

「卒業おめでとーう」から始まり、一人ひとりメッセージを伝えました。

「車の中で野球の話を沢山してくれてありがとうございました。とても楽しかったです

「色んな音楽を教えてくれてありがとうございました♪」

「健康に気を付けて、就職をしても頑張って下さい!!!!」

等々…彼ららしいコメントがありました)^o^(

 

卒業定番ソング『旅立ちの日に』をアカペラで歌い

(自然に、ソプラノとテノールに分かれてハモれていてビックリでした(笑))

今まで頑張ってきた歴史の詰まった実習日誌の冊子をプレゼント☆

 \そして皆で『はいっチーズ』/

 

その後は、雰囲気が変わり…卒業証書授与式

 見送る側の彼らも、自分もいつか…卒業証書を貰えるようになりたい!!!と

改めて気持ちが引き締まった時間となりました。

 

最後は、皆で花道を作り見送りです(*^。^*)

 

彼らの中で、色んな気持ちが芽生えていたと思います。

仲間に会えなくなるのが寂しいな…という気持ち。

次は自分が卒業できるように頑張ろう!!!という気持ち。

自分に出来るのかな…という不安な気持ち。

 

今回の卒業式を、彼らを含め行ったのは様々な刺激を受けてほしいなという思いと

『仲間』の大切さを改めて感じてほしいなと思ったからです。

 

彼らにとって就職がゴールではなく、スタートなんです。

頑張れ。頑張れ。と皆で応援!! 今、先に就職をした先輩の応援も続いています。

私達の彼らへのエールはずっと、ずっと続きます。

 

改めて卒業おめでとう。

訓練生も先輩の姿を忘れずに、頑張っていきましょーう

 コメントはありません 2014年6月30日 posted by 竜川 千賀子


実習 唐揚げの達人 3回目

こんにちは

今日は実習に行く少し前に夕立が降りやばい、と少し焦りましたが、出発する時間には雨がやみ傘を差さなくても歩いて行けほっとしました

 

さて、実習も今回で3回目です。

 

  

 

エプロンとキャップが似合いますね

 

今回は保護者の方の他に送迎の運転手さんも唐揚げを買いに来ていただきました

ご協力ありがとうございました<(_ _)>

 

一回目の中学生ペアは少し緊張した表情を浮かべていましたが、お客さんがくるとしっかりとした声で

 

「いらっしゃいませ、メニューをどうぞ!」

 

と笑顔で接客ができていました。

  

 

待っているお客さんには車まで唐揚げを持っていきます

 

 

「お待たせいたしました、またお願いします!」

 

大きな声で言うようにがんばりました

 

  

 

後半は高校生ペアで取り組みました。

 

今日で実習が2回目、3回目という事もあり、このペアには作業を手際良く行うことを課題に取り組んでもらいました。

 

初めての時は自分のことで精一杯でしたが、少し職場に慣れたこともあり周りの様子を見ることが出来ていました。袋詰めの子が手間取っていたら接客係の子が手伝う姿も見られ、仲間を気遣う姿を見られ少し嬉しい気持ちになりました。

 

7月は4日(金)、7日(月)、11日(金)、16日(水)の4回を予定しています。

次回も頑張るぞー

 

 

 コメントはありません 2014年6月30日 posted by 板橋 偉史


2回目出陣!!!

 就労体験学習 第2弾

前回に引き続き今日も和伊和伊屋さんの「唐揚げの達人」へ実習へ行ってきました

店員は2名配置し、レジでの接客係、厨房での唐揚げの袋詰め係に分かれます。

今回のメンバーは1名をのぞき、3名が初挑戦

 

①お客さんが来たら、「いらっしゃいませ、メニューをどうぞ!」と言いながらメニューを渡す。

 ②お客さんが注文されたら、「○○円です!」と、お金を預かり、電卓でお釣りはいくらか計算をする。

厨房係はお客さんとレジ係の話を聞きながら品物の準備をしていきます。

つぼみの時とは違い実際のお店ということもあり、緊張の表情、真剣な表情がみられます。

 

今日は思っていた以上にお客さんの数が多く、また予約もいっぱいで店内は大忙しでした。ご協力をいただいた保護者の方は8組 一般のお客さんが5組ほど来店されました。夕飯のおかずに買って行かれた方も多く唐揚げ10ピースが飛ぶように売れました。なんと待ち時間30分子ども達もマスターもてんやわんや

用意していたお肉が無くなり体験学習の様子確認に行った古田統括が急遽助っ人に回った和伊和伊屋の冷蔵庫にお肉を取りに走るお肉を届けた頃に体験学習終了。子どもたちを見送った後もお店はてんやわんやしばしお手伝い

就労体験学習の場を提供頂きありがとうございます。また月曜日よろしくお願いします。今度は石野がいかせて頂きます。

 

 コメントはありません 2014年6月27日 posted by 石野 恵


野菜炒め 第2弾

こんにちは

今月の初めに調理実習で野菜炒めを作りましたが、第2弾を昨日行いました

来月からは発展として焼きそばや中華飯を作るので、

子どもたちには基本の野菜炒めをマスターしてほしい

ということで前回と同じメニューで調理実習しました

 

今回はお手本と同じ量になるように目分量で野菜をお皿に盛って材料を準備しました

「先生これでいいですか?」と確認をしますが、目分量というのが難しいようですね

炒めるときになると、前回の経験で自信がついたのか「お手本をみせたい!」という子や料理人のように両手にフライ返しを持つ子もいました

慣れた手つきで野菜を炒めていきます

 

 

 

 

みんなで味見をして「おいしいね!」「完成だ!」といい笑顔

タッパーに自分で詰めて持ち帰ります

 

今月の経験をいかして来月の調理実習もがんばろう

 コメントはありません 2014年6月25日 posted by 原 花織


実習 唐揚げの達人

こんにちは

最近相談室やキッチンに蜂が出現するようになり、今日も戦っていた笠松の板橋です。

 

実習初日が終了しましたー

  

実習前にユニフォームであるエプロンと、キャップをつけて記念写真

ちょっと緊張した顔をしていました

 

  

お店に着くと、マスターから袋詰めのやり方を確認してもらいました。

 

  

 

お客さんが来るまでの間に、唐揚げ弁当の仕込みの仕方を教わりました。

お弁当箱に、ポテトサラダ、スパゲッティ、漬物をお手本通りの入れて、透明の蓋をします。お弁当のおかずは目分量で入れるため、多すぎたり少なすぎたりしないように気をつけながら行いました。透明の蓋も閉め方があり、奥に蓋をはめてから手前をはめていきます。

食品を扱うため、手袋をはめて行いました。

  

  

今回は保護者の方が実際にお店に唐揚げを買いに来てくれました

ご協力ありがとうございました

  

初めてのからあげ屋での実習ということもあり、緊張し、袋詰めのやり方に戸惑うこともありましたが、職員やマスターに、

「ゆっくりでもいいから落ち着いてやろう。」

と声をかけられ、少し落ち着いたのか、つぼみで練習した成果が出せていました。

実習後、マスターからは、

「袋詰めは合格点や。」

と褒められて、すごく嬉しそうな表情を浮かべる子を見て、自分も嬉しい気持ちになりました。

今回で僕が感じたことは、つぼみでの練習と比べると緊張感が全然違うことです。

つぼみでの練習では子供たちがお客さん役をやり練習しています。

今回の実習では保護者の方の他に一般のお客さんも来店されたので、常に緊張感をもって取り組めていました。

練習の時は大きな声での接客、スムーズなレジ対応が出来ていた子も、一般のお客さんを前にするとあたふたとしてしまう場面がありました。今回で一番戸惑っていたのはレジ対応です。

練習中はからあげ5個などの単品ばかりで、複数の商品を買うことは想定していませんでした。

 

今後は緊張感がある実習練習を意識し、複数の商品のレジ対応も特訓していこうと考えています

次の実習は6月27日の金曜日です。次回も実のある実習になるように頑張ります

 コメントはありません 2014年6月24日 posted by 板橋 偉史


1 / 6123456