「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら


 
 


一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

1 / 6123456

は~るがき~た♪は~るがき~た♪

こんばんは~今日は温かい一日でしたね。

皆さん梅の花が咲きは初めいる事にお気づきですか?

春は暖かくなり、新しいスタートをする季節ですね。第2つぼみもスタートしてもうすぐ1年になろうとしています子供たちから学ばせてもらったことも多く、親御さんからは協力を一杯していただきここまでこれたと思いつつ、1年がたつのが早いとと感じている今日この頃……。

 

春!!過ごしやすくて私の好きな季節です。明日から3月!!春休みもちかいですね。つぼみでは春休み中にお弁当作って近くの公園へ行き食べようと予定を立てています。公園は歩いていける距離で子供たちも楽しめそうな公園です

 

                                                                                                                                  当日天気がはれる事を願い、頑張って作ったお弁当を持って楽しめたらと思います。お弁当もどのようなお弁当を作ったか公園ではどのような様子だったかお伝えできたらと思います。是非、お弁当を作った後にはお弁当を作る機会がありましたら子供たちと作ってみて下さい

 

 コメントはありません 2014年2月28日 posted by 石野 恵


はじめてのおでかけ(^-^)

2/26は はぐくみメンバーで 木下大サーカスを観に行ってきました

チケットをいただいたのをきっかけに

初 外出 初 旅 (テーマソング:世界の車窓から)

正直・・・わくわくよりも ドキドキのお出かけでしたが

無事に帰ってこれたから胸を張って言えます 「とっても楽しかったです

 

◎電車に乗ったよ

JR岐阜駅~JR名古屋駅  更にあおなみ線に乗って ポートメッセなごやまでの電車の旅

窓の外の風景に夢中な子  電車の揺れに身をまかせてる子・・・とそれぞれ

帰りの電車では ・・・すやすやと寝てしまう子や 降りたくなくて座席にしがみつく子も

乗ったり 降りたりと忙しかったけど

めったに乗れない電車に乗る事ができ 貴重な体験となりました

私自身も電車に乗るのは大好きなので 実は秘かに嬉しかったです

 

◎みんなで食べたね お子様ランチ

お昼はファミレスでランチ

なんと・・・ みんな完食

はぐくみメンバーは 日頃からよく食べる子達ばかりなので 物足りなくて泣き出してしまう子も・・・

おやつも食べて 満足満足

みんなで食べたランチ とっても美味しく感じました(^^♪

 

◎さあ!サーカスだ

駅からなかなかに遠い道のりを歩いて ようやく到着

看板のホワイトライオンが目に入って「ガォー」と声を出す なりキッズ

対して 屋内の雰囲気に不安を感じて泣き出す子

子ども達の反応もそれぞれでしたが ショーが始まると

動きにわくわく(子ども達の楽しみは壇上だけではないようで光や影も見所です)

どの子もみんな・・・とってもキラキラした目でショーを楽しむことができました

時間の都合で一部しか見れなかったのですが 満喫です

 

◎ほんとにお疲れ様でした

今回参加したのは3歳から6歳の子ども達

未満時クラスにあたいする 3歳児も3人いる中での挑戦でした

約7時間という長時間を 保護者さんの付き添いのない中 不安もあっただろうに

本当によく頑張ったなぁと思います

日帰り旅行を終えて 子ども達が ひとまわり大きくなったように感じられました

私自身 とてもよい経験をさせてもらったなぁと思います

 

感謝の気持ち

①帰りの途中 JR名古屋駅での出来事です

 時間も遅くなってしまい子ども達も限界に近付いてきていたのでエレベーター乗り場にいかずに

 階段を利用することに・・・(近道だったので

 バギーを運ぶため バケツリレーのような感じで 子ども達を階段の上まで連れて行こうとしていた時

 バギーを運んで下さると 女性の方が声を掛けてくださりました

 そして 快く運んで下さったのです

 私達はお礼しかできなかったのですが 本当に本当にありがたく 嬉しく感じました(^-^)

 「ありがとうございました

②そして 最後に

 JR岐阜駅の駅員さん!私達がホームに落としてしまった靴を拾って下さり

 「ありがとうございました

 靴が 無事 手元に戻ってきて 泣いていた子も笑顔になりました

 

ハプニングもありましたが ‘人のあたたかさ’ という お土産をいただいた旅となりました

 

 

 

 

 コメントはありません 2014年2月28日 posted by 大島 由美子


カレー&サラダ作り

こんにちわ。

先週皆で作ったカレー作りをお伝えして行きたいと思います。

その中でもホウレン草を切っている姿を見てもらいたいと思います

他の写真はと聞かれると…

写真を撮った職員が、よほどホウレン草が好きだったんでしょうね(汗)

 

さて、今回は小学生のお友達が頑張っている姿です。

皆家でもお手伝いを頑張っているんでしょうね

上手に包丁を使って切っていますねとても集中しています

皆調理が大好きで楽しそうです上手にできるか見ている友達も気になるようです。

    

  

 

さぁ今度は切った野菜をボウルに移す作業です。

皆しっかりボウルからこぼさないよう、しっかり容器を見て移せました。

O君は包丁を使って野菜を移せてますね

   

他にもサラダのカニカマを裂いたりと皆には頑張ってもらいました

 

そして皆で昼食時に野菜たっぷりヘルシーカレーを自分で盛り付けて、サラダと一緒に頂きました

好き嫌いはありましたが、皆楽しげに食べてくれていました

 コメントはありません 2014年2月27日 posted by 坪内 啓


書道 第2弾

こんにちは

インフルエンザはピークを越したという情報をこのあいだ聞きましたしかし、まだ気は抜けませんね

最近は、少し日が長くなってきたように感じます春が近づいてきていますかね!?

私は花粉は平気な方ですが、寒い冬が終わって、暖かい春が来るのも辛い方が多いかもしれないですね

さて、今回は昨日行った書道について紹介をさせて頂きます!!

書道を始めて行ったのは先月の1月7日。新年にちなんで“うま”“馬”“馬年”と書きました。

昨日は、春も近づきつつあるということで“春光”“春”“はる”と書きました。

まずは書き順の練習から!!一画ずつみんなで書いて確認をしていきます。書き順を確認したら練習タイムに入りました。書けたものはつぼみに飾ることを伝え、みんな納得のいくものが出来るよう一生懸命取り組みました。

「学校では鉛筆で書いてからその上をなぞって書いてる。」と教えてくれたある男の子は、練習をしていくと「鉛筆の線がなしでも出来るかも!!」とのことでなしで挑戦してみました。バランスを考えて“春”と書きあげることができ、本人も嬉しそうでした。

一文字だとバランスは比較的取りやすいのですが、2文字になるとバランスが難しくなりますね

春という字が大きくなって光を書くスペースがということもありました…字によって大きくなりやすい字ってあるよなあと自分でも思いました。しんにょうのつく漢字や横棒がたくさんある漢字って自分でも難しかったなあとも思い返しました。

子どもたちが空間を意識してバランスを取れるよう取り組んでいきたいです!!

出来あがった作品は本日さっそく飾りました。

 
 



 


春が来たら、卒業・入学などの色んなイベントが待ってますね。みなさんのもとに素敵な春が訪れますように

 

 コメントはありません 2014年2月26日 posted by 橋本 保奈美


友達との喧嘩・仲直りの仕方

恐怖の花粉が少しずつ舞い始め、デイの職員はマスクとティッシュが手放せない季節が。

目のかゆみもひどく、「どの目薬が一番効き目があるのか・・・・」と職員で小会議も開かれたほどです

つぼみの子ども達の中にも風邪なのか、花粉症なのか分からないほど

鼻水が出て、くしゃみを出している子が増えてきました。

インフルエンザもまだ尽きない中なので、職員も子ども達の症状は風邪なのかどうなのかは気をつけて見ていきたいですね

もし、咳・くしゃみがひどい場合はマスクの着用にご協力ください。

 

さて、今日はある一つの5人部屋の担当となった私。

いつも通り、療育を終え、おやつタイム。そしてその後に自由時間。

いつもであれば「何して遊びたい?」と子ども達に聞くと、

「ボーリング!!」「本を読む!!」「ブロック!!」と答えが返ってきて

いつもお決まりの遊びに・・・・。

だいぶ友達と関わるということが上手になってきた彼ら・彼女らは

ボーリングやブロックでも仲間と同じ遊びを共有する。仲間と会話をしながら楽しむ。というのもすこ~~~しずつですが、できるようになってきました。(時には大喧嘩もします)

でも、今日の自由時間は いつもと流れを変えてみようと思った私。

もし、自由時間に遊ぶ遊びが体を動かさない。友達と貸し借りが絶対に必要な遊びであったらどうするのだろう・・・・・と感じ、

今日は子ども達にやりたい遊びを聞かずに、何も言わず数枚の紙と1セットの色鉛筆・鉛筆と1個の鉛筆削りを机に持っていきました。

「○○がやりたい!!」と遊びたいものがある子ども達に「ごめんね・・・・」と心の中で思いながら

少し離れて様子を見る事に。

始めは「絵なんか書きたくない」と文句を言う子もいましたが、

紙をそれぞれがもち、目の前の鉛筆に手を伸ばし全員が絵を描き始めました。

そして、自分が書きたい絵が決まるにつれて使いたい色も決まってきたんでしょうね。

思っていた通り、使いたい色について喧嘩をしはじめました。

 

 

でも・・・時間が経つにつれ自然と雰囲気が穏やかになっていったんです。

 

いつもならば喧嘩をしている時に職員が子ども達の視界に入ることで子ども達が自ら助けを求めたり、

職員が喧嘩に気づいて間に入って解決しようとしたりしていましたが、

職員が少し距離を置いてみると 子ども達が自ら話し合って解決したわけでもなく、

お互いに声を掛け合って解決したわけでもないけれど……

「なんとなく」「なんでか知らないけど」「不思議と」といった状態で

なんだか仲直りの雰囲気になっていたんですね~(^^)

まぐれで仲直りの雰囲気になったのかもしれない。たまたまなのかもしれませんが

子ども達だけで解決もできるんだなーと、とても嬉しく感じた瞬間でした。

そして、いつもは職員が早く手助けをしてしまっていたんだなーと後悔。

 

私にはわかりませんでしたが、きっと喧嘩の中で仲間の表情やちょっとした一言に

気持ちが変わっていったのかもしれないですね~♪

(ただ単にどうでもよくなったのかもしれないし、喧嘩してたのを忘れたのかもしれませんが…笑)

 

最終的には「○○ちゃんの絵上手だね~」と互いに褒めてみたり、

向かえに座っている仲間の似顔絵を描いて見せてあげたり。

こんなにも上手に仲間と遊べるんですね。

まだ会話としてはぜんぜん成り立たないし、何が何だか分からず喧嘩をして仲直りをして…

の状態ですが、時にはこうやって何も手出しせず見守ることも大切だなと感じました。

(職員が間に入って伝えていくことも大切ですけどね!!)

きっとその中で自然と喧嘩をして仲直りを繰り返していく中で、

友達との貸し借りや会話、友達との関わり方を身につけていくのだと思いますね。

(私の小さい頃も仲間との関わりで同じ失敗を繰り返して体で感覚で覚えていきましたからね♪)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コメントはありません 2014年2月24日 posted by 佐藤 えりな


1 / 6123456