「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

1 / 3123

表現訓練Part5!!!!!

こんにちは

すっかり寒くなり、家のこたつを出そうか、まだ頑張ろうか悩んでる、笠松の板橋です。

 

さて、表現訓練で行われている3B体操も今回で5回目になりました。

  

先生の動きを真似する体操

 

ベルを車のハンドルに見立てる体操

 

輪っかを足から何回潜れるでしょう

 

 

ベルを飛び越えよう

 

ベルターを使っての縄跳び

 

運動があまり好きじゃない子も先生を見ながら頑張る姿を見られました

先生の指示を聞き、リズムに合わせて手を叩く、ジャンプや片足飛びなど、中には少し難しい動作も含まれていました。

しかし今回は「出来ないからやらない!」と言う子はおらず、みんなが色んな体操に取り組めていました

 

頑張る子供たちを見て、自分も出来ないことをそのままにしておかずに、何事も挑戦していこう、と感じました。

 

 コメントはありません 2013年11月28日 posted by 板橋 偉史


いつも笑顔で♪

企業部門ジョブコーチの笠原です。

 

TGWに入社した当初のG君・・・

ジョブコーチの心配は?!というと、月曜日にG君が元気に出社してくれるか??でした。

朝、G君の顔を見ると来てくれたと「ほっ」としたのを思い出します。

特に月曜は、何だか気持ちが乗らず一日どんよりとした雰囲気を漂わせるG君を何とか笑顔になってもらおうと悪戦苦闘したことを懐かしく感じます

家は出たとのことだったが、会社にG君が出勤しなかった日

携帯電話も通じなく、駅まで探しに行ったこともありました。

そんなG君も、ジョブコーチが声かけしなくても笑顔をキープして、毎日の仕事を頑張ってくれています。

4年間での成長・・・すごいです

今では、反対にG君の笑顔から元気(パワー)をもらっているくらいです。

 

4年間で、皆がそれぞれに成長をしていることを感じる、今日このごろです。

彼らの頑張りが、言葉だけでは伝えきらないほどの「カタチ」になっています・・・。

彼らが、努力してきた証拠です

彼ら一人一人の頑張りを「ありがとう」の言葉と共にしっかりと認めてあげたいと思っています

いつもありがとう・・・

 

 

 コメントはありません 2013年11月23日 posted by 笠原 恵美


つぼみどらやき

こんにちわ

今回は皆で作った『つぼみどら焼き』についてお伝えしていきたいと思います

どら焼きとは言っても季節感を皆に感じてもらいながら楽しんでもらいたくて

どら焼きのあんこを、芋きんとんにしていきました。

まずは芋の皮剥きから。皆とても集中してますね

やる気が伝わってきます

 

さあ続いて芋を潰す工程です

一生懸命芋を潰してくれている2人。とても楽しそうに頑張ってくれています

大変だけど頑張って

  

 こちらのクラスでは生クリームの泡立てを頑張ってもらってます

皆で協力して頑張ってくれてます

 

さて、こちらのクラスでは生地焼きです。

職員は見守るだけで主役はやっぱり子供達です

フライパンやホットプレートを使って上手に焼けるかな

 

 さあ皆の頑張りを一つにしてどら焼きを完成させていこう

生クリームを乗せて

 芋きんとんも乗せて

おっと味見かな味の方はどうかな

皆も気になるようです

完成

お待たせしました。どら焼きを食べていこう

皆で協力して作ったどら焼き

皆の笑顔から美味しさが伝わってきますね

皆お疲れ様でした

また皆で協力して作れたらいいね

 コメントはありません 2013年11月21日 posted by 坪内 啓


まつぼっツリー

こんにちは

最近花粉が飛んでるのか朝起きるとくしゃみと鼻水が止まらない、笠松の板橋です。

 

さて、先日の基本療育で指先の巧緻性のトレーニングと、来月はクリスマスということで、まつぼっくりを使い『クリスマスツリー』を見立てて作りました。

まつぼっくりは小学生の子が拾ってきてくれたのを使い、まつぼっくりの土台はペットボトルの蓋です。

まつぼっくりにはハートや星の形のビーズをボンドで貼り付けて飾りました。

    

中高生はそれを置くマットも作り、飾りは星や雪の結晶にしクリスマス感をUPさせました。

 

雪の結晶は少し複雑でしたが、ハサミで上手に切れていました。

画用紙が裏と表で色が違い、

 

「赤と緑だといちごみたいな色だから、白にしようかな~?」

 

と考える子や、まつぼっくりの半分側だけ飾りをつける子など個性が出ていました。

 

子供達にとってやっぱりクリスマスというのは一大イベントなのか、いつもの療育よりも集中して取り組んでいたような気がします

 

自分も小学生の時は11月の下旬くらいから、今年のプレゼントは何を貰おうかな、とソワソワしていたのを思い出しました。

 

今年も残すところ1ヶ月ちょっと。みんなに興味が持って集中して取り組める療育ができるよう頑張ります( *`ω´)

 コメントはありません 2013年11月21日 posted by 板橋 偉史


カレンダー制作

12月のカレンダーを作りました

12月の絵柄はクリスマスリース

今日(11/19)のクラスでは

リボンや木の実の付いたデコレーションシール 花紙で作った花

を1つ1つ貼っていってリースを完成させました

どの子もシール貼りは 大好き

見本のリースの可愛さと 賑やかなシールに・・・テンションもUP

いつもなら なかなか席に着こうとしない子も  作るぞスイッチが入って→進んで着席

わくわくと楽しんで作っていく子ども達の姿が見られました

 

シール貼りでは・・・

せっかく 木の実やリボンで可愛くデコレーションしているのに

デコレーション部分を はがしたくて 取っってしまう子も・・・

しかも 一人のみならず 複数

何かとび出ていたり くっついているのって 子ども達にとっては

気になって仕方がないものなんでしょうね

シールの部分をはがすのではなく デコレーションの部分をはがしてしまう子ども達でした

 

そんなこんなで リースを完成させました

 

今回のリース作りでは

指先を使う 注視する 位置を確認して貼る・・・という所にポイントをおいたのですが

「何だろう?」「かわいい!」「作ってみたい!」・・・

そんなふうに子ども達が思って興味・関心を持ってくれるといいな

クリスマスのわくわく感を感じてくれるといいな という思いものせて

カレンダー制作に臨みました

今回の場合は 気になる材料や楽しそうなクリスマスの雰囲気に

子ども達のやる気スイッチが付いたように感じられました

 

子ども達が興味を持って 意欲的に取り組むことができるように

これからも制作活動を考えていきたいと思います

*写真がなくて ごめんなさい

 

 

 

 

 コメントはありません 2013年11月21日 posted by 大島 由美子


1 / 3123