「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら


 
 お知らせmore>
 


一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

1 / 6123456

アイス♪


企業部門 中島です

暑い日が続きますね~こんな日はアイスに限る!!

会社で働く彼らも売店でアイスを買って購入し、食べてリラックスしています。

このアイスは、カップでペロンとめくる蓋がついています。

この蓋を取る時みなさんはどうしますか?

ある方は、この蓋をめくってペロリ・・・と舐めます。

小さいころにペロリしたことある方もみえるんじゃないかなぁ?と思います。(私もあります

しかし場所が違います。ここは家ではなく会社なのです。

また周りには一緒に働く仲間たちもおり、見ています。

家でしていること、外ですることの区別をつけることが難しいことがあります。

だってその方にとって“クセ”になっていることなのです

しかし、会社という周りに人がいる状況でその行動はどう見えるでしょうか・・・?

「どうかな?」と何度か伝えていますが、今もまだまだつい癖で蓋を口に持って行ってしまうこともあります。

だからこそ、小さいころからの習慣(クセ)って大切ですよね。

その方はきっと22年をその癖でアイスを食べていたのだと思います。

私たちも自分で気づかないクセはなかなか直らないのと・・・同じですよね

また彼らには「周りから見られてどうか?」を一緒に考える機会も必要です。

今のそのクセは社会で人前で行ったらどうですか・・・?

今がそのクセを周りからは「こう見られる」から直すチャンスです!!そう思い、その方にも感じてもらえるように支援していきたいと思います

 コメントはありません 2013年6月30日 posted by 中島 由貴


半生を知る!


企業部門 中島です

最近、私の周りでは結婚・出産ラッシュが続いています。

先日,出産間近の友達に会いました。

日曜日はその友達から「赤ちゃんが産まれたよ」の連絡をもらい、会いに行ってきました

出産間近のお腹を抱えた友達の姿、今は赤ちゃんを抱いている姿・・・・みんなこうやって生まれてきたこと 改めて感じました

「その人を知るためには、その人の半生を知れ!」 今までで一番言われた言葉です。

(誰に言われたか?もちろん会長に・・・です

私が知っている・関わっている時間は、彼らの人生の時間の中で本当にわずかな時間。

だからこそ「どうして伝わらないんだろう?」とこちらの思いに一生懸命になるのではなく、

「この方はどう感じるのかな?どうかな?」と相手を知ることの大切さを忘れないようにしたいと思いました

企業部門で一緒に働く彼らの平均年齢は22、85歳。

先日の休憩の彼らの話題は、

「自分のことをポジティブと思うか?ネガティブと思うか?」

結果、ネガティブとの答えが圧倒的に多いのです

「どうしてそう思うの?」・・・・小学校の話、中学校の話、高校の話、今の話。。。

彼らの言葉で伝えてくれました。

そんな彼らの半生を知れ!・・・改めて自分に喝!!です

そして彼らの半生に必ずいたのはその方の家族ですよね

だからこそ自分だったらどうか?かぞくだったらどうか?の思いを忘れずに、“連携”を大切にしたいと思います

 コメントはありません 2013年6月30日 posted by 中島 由貴


笑顔


企業部門ジョブコーチの笠原です。


今週は笑顔の大切さを改めて感じることができました

それは、Fくんのおかげです
先日、TGWで働くFくんの姿で 分からないことを確認し上司の方に教えてもらったときに

「ありがとうございました」と笑顔で言っている姿が印象に残りました。
笑顔で・・・

 笑って言葉を返してくれる それだけで何だか嬉しくなりますよね
表現の仕方はおかしいかもしれませんが、

 笑顔は最高の武器だと感じました
Fくんの好かれる要因 や彼のいい印象もその笑顔なのかも

そして、誰にも負けない笑顔を持っているGくん
すれ違う時にいつも笑顔で挨拶してくれるGくんは、

その笑顔が彼の良さを更に引き出しています

 笑顔だと、こちらもついつい笑顔になっちゃいますよね

彼らにも、笑顔で接してもらえたら、相手も嬉しいことを言葉と

自らの「笑顔返し」で伝えながら『嬉しい』ことを彼ら自身も感じれるように
笑顔での対応を心がけていきたいです。

 そして、彼らに笑顔が良さを伝えられたらと思っています

 コメントはありません 2013年6月30日 posted by 笠原 恵美


みんな集まれ~!!!


今回は第二つぼみでは初めての活動「避難訓練」について書きたいと思います

避難訓練といっても消防署立ち会いの下とゆう硬いものではなく、

子ども達と職員とで行いました

 

緊急時どこに集まれば良いかや避難経路の確認など、1つひとつみんなで移動して、みんなで確認していきました

 

子ども達が、つぼみに来てくれて、すぐに避難訓練をしたわけではなく、

最初に表現訓練を行いました。体を動かす楽しみを取り入れていきながら、集団意識やルールを確認すること職員の話をしっかり聞いてくれているかとうい確認も含めながら取り組みました。

 

 

楽しく体を動かしている時の子ども達の表情もとても素敵です

「よーいスタート」と言った後に職員が笛を鳴らすとその音をしっかりと聞いてくれ、

走ったり、ジャンプしたり、くぐったりと体全体を使う事ができていました

 

全員が体を使いリフレッシュした後は・・・

ちょーっと気持ちを静めて避難訓練の練習スタートです

 

訓練開始の前に集合場所の確認と、職員の話を聞いていてねと説明をしました。

 

数分後・・・「火事ですーみなさん逃げて」という声が聞こえたあと、フロアーにバラバラに散っていた子ども達が

集合場所に走って集まってきてくれた。みんな真剣な表情で笑っている子はいませんでした

なんて素晴らしい・・と心の中で叫んでいました(笑)

 

実際に火事が起きてはいけませんが、もしも・・・とゆう事を想定してできていたと思います(・△・)

 

表現訓練と避難訓練でたくさん体を動かしたので明日はみんな筋肉痛かな

子ども達は疲れ知らずかな

僕はたぶん・・・明日+明後日まで筋肉痛確定です

 コメントはありません 2013年6月27日 posted by 虫賀 裕太


塩分注意報


こんにちは今日はザーザーぶりの雨ですね~

子どもたちと畑に自然体験をして、キュウリを取っている姿をみて以来キュウリにはまってしまいましたキュウリを浅漬けのもとにつけ漬物にご飯のおともに塩分取りすぎ注意報が・・・・・・しか~しキュウリと大根の漬物を付けました畑で収穫したものがどのような料理になっていくか子どもたちに伝えていけたらと思います

昨日も子どもたちと畑へ行きました。雨がふらなくて良かったですキュウリ、ミニトマト、オクラを収穫しました。スーパーで並んでる野菜や果物の状態ではないのもありますし、何がなっているのかと興味津津に覗き込んでいる子もいました。片手で収穫する野菜を自分で植えた、収穫したところから、食わず嫌い苦手な食べ物が食べられるようになったらいいなぁ~

 

以前あるお母さんより支払い訓練での案を頂きました。参考にさせていただき療育に使わせていただけたらと思っています。もしこんなのどう?等ありましたら教えてくださいm(_  _)m

 コメントはありません 2013年6月26日 posted by 石野 恵


1 / 6123456