「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 事業・施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報



光陽福祉会本部
第1光陽サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝30-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第7光陽
就労支援センター光陽岐南

〒501-6003
岐阜県羽島郡岐南町平島8-64-1
TEL:058-213-1448
FAX:058-213-1447

ブログ > それぞれの作品づくり

それぞれの作品づくり

こんにちは🙂

第7光陽に移転し、隣のテニスコートからボールを打つ音が聞こえたり、田んぼから蛙の声が聞こえたり、空高くから鳥の声が聞こえたりと、色々と環境の音を楽しんでいる山中です🍀

 

今週行った陶芸教室の様子をお伝えしたいと思います。

8月に予定している「ドアプレート」作りに向けて練習を重ねています。

まず、土台となる丸く平たい形を作ります。

 

「親指の付け根」を使うのがポイントです。

前回のお皿作りの経験を生かして、厚みを均等にすることにも気を付けながら粘土を広げていきました。

 

先生のお手本と同じ位の大きさ、厚さにすることはなかなか大変。

本番までに練習を繰り返して、更に大きさ、厚さの感覚を掴んでいきたいですね。

次に、細長い紐の形も作りました。どうやったら細く長く伸ばせるかな?

 

それぞれが、手の平や指の使い方を自分なりに考えながら伸ばしていました。

ものすごく細い紐を作ったり、どこまで長くできるか挑戦したりと楽しんでいる子もいました。

できあがった紐でプレートの文字を作ります。

馬場先生は、一人一人の得意なことに合わせて、細かくちぎる動作や、粘土の冷たい感触を楽しむことなど、いろいろな要素を取り入れてくださいました。

先生に下書きをして頂くことで、それに沿って字を載せることができた子もいました。

自分の好きな食べ物の名前を何度も作り、満足そうな子もいました。

本来なら自分の名前を載せるプレートなのですが・・・

なんと「第7光陽」と作ってくれた子もいましたよ。

自分の名前を作ったあと、次々と動物の形を細かく作って飾った子もいました。

粘土に触れているうち、色々な感覚が呼び起されていくようです。

それぞれ楽しみながら、個性的な練習成果を見せてくれました。

8月には本番の作品作りです。お楽しみに!

 



2021年6月18日 posted by 山中のりよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください