「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


 
 


一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811


光陽福祉会とは
目的と方向性

「自立支援」自分の力で、
社会に出て、生活する力を身につける。

固定概念と既成概念の固まりの「福祉」。
「こうあるべきだ。」「こう考えるべきだ。」は学者の仕事。
私たちは、個々一人ひとりに必要な事を懸命にやるだけ。
それが、固定概念の福祉の枠を外れる事だとしても・・・

 光陽福祉会の願い

我が子に障がいがあると聞かされてから長くて暗いトンネルに身を置かねばならない事・不安な日々を過ごさなければならない事を私たちは知っています。
長くて暗いトンネルに一筋の光が差し込むようにと願い光陽福祉会は誕生しました。だからこそ光陽福祉会では、子どもへの支援が途切れないように乳幼児期から成人期、それぞれの年齢・発達に応じた個別支援・集団支援・コミュニティー支援を継続的にサポートします。それは、5年先10年先のひとり一人の生活をより豊かにするために必要な支援だから。出会った人たち、ひとり一人の生活に暖かな光が差し込むように・・・

 詳細–事業紹介–

会長プロフィール

岐阜新聞 掲載記事 岐阜新聞生活版 より抜粋・・・

障害児の放課後 ・・・社会とのつながり求めて

1998(平成10)年。私はある町の社会福祉協議会でホームヘルパーとして働いていた。当時の障害者福祉は措置制度。市町村担当者が福祉サービスの必要性を決め、ホームヘルパーなどを派遣する。現在の介護保険制度や障害者自立支援法に比べると、理不尽な福祉現場だった。その後、地域福祉の相談員となった。福祉サービス、障害年金、生活や家族のことなどいろいろな相談が寄せられた。地域には困りながら生活している人がたくさんいると認識しながらも機械的に事務的に取り組んでいた。あの日がくるまでは・・・・。

 詳細

沿革
平成20年 3月 25日
NPO法人夢んぼ岐阜支店 日中一時支援事業
サポートセンターつぼみ開所
平成21年 5月 1日
一般社団法人光陽福祉会 設立
平成21年 7月 1日
NPO法人夢んぼ事業から業務移管
児童デイサービス事業
サポートセンターつぼみ(現 放課後等デイサービス) 開始
きっずサポートはぐくみ(現 児童発達支援事業) 開始
特別支援教育支援員配置事業 開始
移動支援事業 開始
平成21年10月 1日
TGウェルフェア(株) 業務提携
平成22年 1月 1日
TGウェルフェア(株) 就労支援センター 開始
平成22年 4月 1日
ジョブコーチ 配置事業開始
平成24年 3月 1日
就労支援センター光陽
「ワークサポート光」就労移行支援事業
「ジョブサポート光成」就労継続支援B型
指定・特定・障害児相談支援事業所光陽開所
平成24年 7月 1日
送迎サービス開始
平成25年 4月 1日
第2サポートセンターつぼみ 開所
平成26年 6月 1日
第2光陽開所
平成28年 3月 1日
第3光陽開所
平成29年 4月 1日
地域活動支援センター光陽開設
平成29年 9月 1日
サポートセンターつぼみ 保育所等訪問支援事業 開始