「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら

ようこそ光陽へ!

人目です!





一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝30-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811


ふわふわで気持ちがいいよ♪

今日は少し気温が上がりましたね☀

換気で窓を開けると、寒い日は「さむっ!」と感じるのですが

今日はそこまで寒さを感じる事なく過ごせました😊

 

さて、今日はみんなの大好きなパン作り~🙌🙌🙌

まずは、各自お椀にじゃが芋、玉ねぎ、ハム、枝豆を入れて

マヨネーズを絞り入れて混ぜました。

言葉にすると簡単そうに感じますが、子供たちにとっては大変な作業なんです。

じゃが芋、玉ねぎを自分の分量を量ります。

 

枝豆は、自分で皮から出します。枝豆、案外硬くて力を入れすぎると

パチン!と皮から飛び出してしまうんですよね^^;

 

そして、マヨネーズ!絞り出す力加減って難しいんですよね。

一気に沢山絞り出してしまう子もいれば

慎重に少しづつ少しづつ出して加減をする子もいます。

失敗もありなんですよね😊

失敗する事で、次はどうすればいいのかを学べるんですよね👍✨

 

そして混ぜる作業。

片手は必ずお椀に添えないといけません。

しっかりとお椀の中を見て均等に混ざっているかどうか。

 

出来上がったポテトサラダをパン生地に包みます。

これは毎回なんですが、

ふわふわのパン生地に触れる瞬間はみんなとっても幸せそう💕

パン生地は、あまりこねていると伸びなくなってしまうんです。

とっても気持ちが良い感触なので、いつまでも触っていたいのですが

手早くパン生地を広げないと上手に具材が包めないんです。

 

 

焼きあがったパンを見て、

わ~💕美味しそう😍と嬉しそうな笑顔の子供たち。

次回は何パンかな?

お楽しみに~😊✨

 

 コメントはありません 2021年1月16日 posted by 後藤 成実


❀camellia❀

こんにちは😊

寒さも厳しくなり、朝布団から出ることが億劫になってきた笠松の井戸です(笑)

岐阜県でも、緊急事態宣言が発令されました。手洗い・うがい・換気を徹底していくと共に、感染しない、させないと意識を引き締めていきたいですね!

今回は、中高生が行った「制作活動」についてお伝えしたいと思います✂

冬にちなみ「椿」をちぎり絵で作りました❀

ちぎり絵では、

①指先の訓練

②空間認知

③力加減

④集中力

⑤姿勢保持

⑥目と手の協応 を目的としています。

折り紙を手で千切っていきます。

この時に、

千切った時に紙が大きすぎず、小さすぎず…

片手でしっかり摘まみ、もう片方の手で力を入れてちぎっていく事がポイントになります。

  

  

みんな集中して、取り組んでいました🌟

フロアの白い壁に花が咲き、ぱぁっと明るくなりました✨

来週、再来週と笠松事業所では制作活動が続きます。

どんなものが出来上がるか楽しみにしていてくださいね😊

 コメントはありません 2021年1月16日 posted by 井戸 夕稀


可愛いコックさん

こんにちは、昨日は日中、寒さが緩み、はぐくみでは暖房を数時間消していました。このまま、暖かくなれば良いのですが。春が待ち遠しいですね。

さて、今回は昨日行ったはぐくみのパン作りの様子をお伝えいたします。

今回は、一つのパンの生地を道具を使って半分カットし、その後半分になった生地をもう一度半分にしていきました。4つになったパン生地の中には、ウインナー、チーズ、チョコと子ども達の大好きな食べ物を入れていきました。

まずは、パンの感触を感じていきます。

触ると、プクっと生地が風船のように膨らんで喜んでいました。

マスクや三角巾、エプロンもつけて格好いいね。

さわり心地はどうかな?やわらかいね。

その後、4つになった生地をひとつずつ丸めて、伸ばしていきました。

手の平、指先をしっかりと使って伸ばしていきます。パンの良い匂いがしてきます。伸ばしたパンに、チョコを入れ、チョコは板チョコを割り小さくしていきました。

「食べたい」と言う声が聞こえてきましたよ(笑)

キャンディーのように包んであるチーズを用意しました。

どうやったら開けられるのかな?と少し考え、片方だけを引っ張り、でも開けれない。「両方引っ張るよ。」とジェスチャーもつけながら声を掛けると、上手に開けれました!一瞬笑顔になり、出来ることが一つ増えた瞬間でした。出来ることが増えていくのは、私たち職員にとっても、とても嬉しいです。

焼きたてのパンは、格別です!

今はコロナ禍で、お話しながらの食事は難しいですが、子ども達の顔を見ると「おいしい!」ことが分かりますね。

いろんな事が自粛される日々ですが、そんな時にこそ創意工夫をし、子ども達が楽しんで取り組め、スモールステップで出来ることが増えていくようにしていきたいと思っています。

また様子をお伝えしますね。

 コメントはありません 2021年1月16日 posted by 森 万里子


心も体もぽかぽか

こんにちは。地域活動支援センター光陽の板橋です。

 

今回は暖かいお昼ご飯の様子についてお伝えします。

 

 

 

連日寒い日が続いていますね!先日、毛布を敷く場所によって

 

布団の暖かさが変わってくるという話を聞きました。

 

諸説あるそうですが、掛け布団の上(一番上)に毛布を敷くことで暖かく、

 

敷布団の上(体の下)に毛布を敷くとさらに暖かくなるそうです。

 

布団に入っても寒く感じる方は、毛布の位置を変えることで

 

暖かく眠れるかもしれないので、是非試してみてください。

 

 

 

さて、秋冬の地活の作業の中には鍋の作業があります。

 

ペアとなり、一人がタレの計量をし、もう一人が計量された

 

タレを受け取り、アルミ皿に入れていきます。

 

日によってタレの種類は変わりますが、この日はキムチ鍋のタレを計量し、

 

アルミ皿に入れていきました。

 

 

普段の昼食はお米とおかずのお弁当ですが、翌日の昼食は、

 

前日に作業したキムチ鍋が出てきました!

 

更に就労先のご厚意により、分厚いチキンもいただきました!

 

 

 

辛さが苦手な人がいたらと少し心配しましたが、

 

みんな嬉しそうにキムチ鍋と、ご厚意のおいしいチキンをほおばりました。

 

 

 

 

 

この日は特に寒い日でしたが、キムチ鍋とチキンで

 

心と体がぽかぽかになって、午後の作業も頑張ることが出来た日になりました。

 

 

 

新型コロナウイルスはまだ収まりを見せず、

 

岐阜県でも緊急事態宣言が出されました。

 

不要不急の外出を控え、引き続き手洗いうがいの実施、マスクの着用と

 

自分たちで出来る感染予防を続けていきましょう!

 コメントはありません 2021年1月14日 posted by 板橋暁良


今年もよろしくお願いします(*^-^*)

寒い日が続きますね☃

今回は大寒波が到来すると聞いていたので心配しましたが

積雪もそんなにひどくはなかったので一安心しました(*^-^*)

 

年明けみんな元気に来所してくれた事

何より一番うれしい事ですよね😊

今年初めの取り組みは、カラフル書道!

カラフル書道ってどんなのかな~っと期待を持っていた子供たち。

見本を見せると「わ~かわいい😍」とみんな笑顔。

 

まずは、見本を見てどの文字にするかを決めていきました。

中には、自分で書きたい文字を書いた子もいました。

 

墨汁の香り…

筆の感触…

にじむ、かすれる、筆を持った手が感じる繊細な感覚。

好きな色の絵の具も使って書き込みました。

ハートを書く子、 年号を書く子。

自分の名前を書く子、

「何にしようかな~」と一生懸命考えて書いていました😊

みんな個性いっぱいの書初めが完成👍✨

素敵な表情がいっぱいです!

 

2021年

笑顔いっぱいの年になりますように💕

 コメントはありません 2021年1月9日 posted by 後藤 成実