「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811


生演奏で感じる音楽の力

こんにちは☀

 

最近、豆苗の再生栽培に少しハマってきた笠松の板橋です。

キッチン菜園というみたいですね。一晩で急に成長することもあり、キッチンに立つことが楽しみになります(笑)

 

さて、今回は新しく始まった活動についてお知らせ致します。

笠松事業所でも始まりました、音楽療法。

 

ヴァイオリンの演奏を聞き、聴覚を刺激し注意力、想像力、表現力を磨く、

リズム感を学び身体を動かす動作形成に役立てることを、身体の緊張をほぐす等を目的とした活動です。

 

初めての活動で、

 

「何をやるんだろう?」

 

とそわそわしていたみんなでしたが、濱島先生のヴァイオリンの音色がすると、

 

『シーン』

 

と静かになり先生の方に注目することが出来ました。

 

 

「ヴァイオリンはこんな音色がするんだよ。」

 

と、先生が初めに『もののけ姫』を演奏してくれました。

 

初めての生演奏、幻想的な曲に、目をキラキラと輝かせながら見ている子ども達でした✨

 

職員達もダイレクトに感じる音の振動、生演奏に感動し、うっとりと聴いていました☺

 

    

2曲目からはみんなから聴きたい曲をリクエストしました

 

『U.S.A』

 

『スーパーマリオブラザーズ』

 

『キセキ』

 

『夢をかなえてドラえもん』

 

『365日の紙飛行機』

 

『ヤングマン』

 

『栄光の架け橋』

 

『ひまわりの約束』

 

といったラインナップとなりました。

 

「踊れる人は是非踊って下さい😁」

 

と先生から声を掛けられると、U.S.A、ヤングマンでは踊ってくれる子もいました。

 

 

今回最後の1曲は『となりのトトロ』です。

 

先生が持ってき下さった楽器を使い、みんなでセッションを行いました。

 

沖縄や南アメリカの楽器等、見たことがない楽器もあり興味津々な様子です。

 

 

『どんなリズムでもいいです。自分の好きなリズムで演奏しましょう😄』

 

 

先生の声掛けで、みんな思い思いのリズムで嬉しそうな表情でセッションすることが出来ました。

 

 

 

 

普段中々お喋りを止められない、集中することが難しくそわそわしてしまい席から立ち上がってしまう子も、濱島先生の方を向き、少し前傾姿勢になり興味津々な様子でヴァイオリンの演奏を聴くことが出来ており、『音楽の力』って凄いんだな、と感じました✨

 

子供たちから職員まで魅了してしまう素敵なヴァイオリン演奏🎻

この『音楽療法』のプログラムは今後も月に1回のペースで開催していきます。

次回の参加もお待ちしています😊

 コメントはありません 2019年1月12日 posted by 板橋 偉史


初詣へ行きました♪

皆さん楽しいお正月休みが過ごせたでしょうか(*^-^*)

私はお正月に食べ過ぎないように気を付けなくちゃ~と思いながらも

やっぱりお正月ですもんね。お餅をたくさん食べてしまいました!(笑)

年が明けてはぐくみに新しい友達が増え

とっても賑やかな毎日を送っています♪

 

さて、先日はぐくみでは季節行事として長良天神へ初詣に行きました。

 

 

長良天神の木々が茂る道を車に乗って通って行くと

みんな「ここはどこだろう~」

「なに?なに?どこ行くの~?」といった表情を見せていましたが

車から降りて歩き、自分でお賽銭箱に5円玉を入れ、

職員の真似をしてお参りする事ができました(*^-^*)♡

 

 

その後はサガミでお昼ご飯です(*^-^*)

ご馳走がいっぱいでみんな大喜びです。

 

 

スプーン・フォークを上手に使って食べられました!

 

残さずペロリと食べてしまう子もいました!

はぐくみちゃん達はみんな大満足~(*^-^*)♪

 

またみんなでお出かけしようね♪

 コメントはありません 2019年1月12日 posted by 後藤 成実


地域活動支援センター光陽

新年より利用者が1名加わり、新たなスタートを切った地域活動支援センター光陽です。

 

年末年始の休暇が終わりを迎え、まずはみんなで初詣に向かいました。

 

手を清めてから2礼、2拍手、1礼。みんな何をお願いしたのかな?

 

 

 

 

参拝の後はおみくじを引きに行きました。みんな熱心に読んでます。

 

 

 

 

 

おみくじの後は出店へ。そんな量のからあげ、食べきれるの!?

 

 

 

初詣の後はみんなで書き初めです。みんな思い思いに筆を走らせます。

 

 

 

 

 

 

楽しかった初詣の日から数日後、再び工場での作業が始まりました。

 

作業手順を覚えているか少し心配でしたが、

 

そんな心配をよそに今までの活動が体に染みついていたのか、

 

準備・作業・後片付けと皆、普段どおりの活動が出来ました。

 

 

 

 

しかし、新規利用者にとってはどれもこれも初めての体験。

 

分からないことはたくさんあるし、

 

今までとは違う環境での生活に緊張することもあります。

 

地活を利用している人たちも最初はそんな気持ちだったと思います。

 

ですが今までの経験、失敗、喜びがあったからこそ、

 

新年が始まっても普段通りの生活を迎えられたのだと思います。

 

今一度初心に帰り、あの時はこうだったな、今はこんなことができるようになったな。

 

そんなことを思い出しながら、温かく新年を、新しい仲間を迎え入れ、

 

新たなチームとして頑張っていきましょう!!

 

 コメントはありません 2019年1月11日 posted by 板橋暁良


専門家たちの結集~障害児者のQOL向上委員会

光陽福祉会広報部長の中村です。

「やってみよう」が光陽福祉会今年のテーマに…

始まりました平成最後の年(*^^*)

4月には新年号が発表されるけれど、どんな年号になるのか?

私はG・Wの10連休が今から楽しみ!!

お休み大好きなナマカワな私なんで・・・だらだらと好きな時に起きて、好きな時に寝て…を実践する。

って夢だね~~~~

我が家には光陽大好き次女の真穂様がいるので、そんなことは許されぬ( ;∀;)

祝日とは何ぞや???で毎日「せんせ、いく」「ぶーぶ」っと気が狂うぐらい言われるのは見えている(´;ω;`)

は~~~~~今から憂鬱だわ

 

さらに加齢化に伴い、私の体調及び心身のコントロールが難しくなって、自分自身で自分に自信がなくなっている。同世代の女性ならきっとわかってもらえるかと…

しわ、たるみ、白髪は生きた証だから特にいいのですが、笑って元気でおいしく食べて飲んで過ごしたいと思っている私には、この特有のだるさやしんどさ・・・

この際、若い衆にぜ~~~~んぶ任せていくチャンスだといろいろ出口統括以下所長さんたちに振っちゃうので

先日「いやいや、まだ大丈夫ですから・・・」と根拠のない引き留めを食らいました(笑)

 

さてさてくだらないことばかりでなく本題に・・・

 

「障害児者のQOL向上委員会」なるものを立ち上げてはや2年??

定期的に専門家が集まり就労部門の利用者様の動きを見て体力測定したり、体の動かし方を研究し、機能的な問題なのか?経験のなさからのものなのか?

やる気の違いで出来る事出来ないことが違っていたりとモチベーションもかなり重要だという事を実感してもらえたり・・・

 

私たちは子どもたちと関わる中の経験と実践から療育内容を組み立てていますが、これに各専門家の見解や知識が加わる事で療育内容に根拠や結果を見い出せるようになります。

 

日々の学生生活や就労部門での仕事に反映できる事。

身体の機能が問題なのではなく、生育状況による発達の過程が通常と異なる事。

その異なりから身体成長と機能成長の差、バランスの差が大きく成る事。

さらに、補う動きや補う成長をしてきているため、通常とは違う身体の動かし方になってしまった。それを急に修正しようとすると、全てに支障が出てしまう事。

いろいろなところを月日をかけてみて、少しづつわかってきたこと。

専門家の皆さんと見識を共有します。

光陽福祉会の利用者の方々に楽しみながら身体のバランスを修正していこうと集結してくださった専門家のみなさんです( ^)o(^ )

 

ドルフィン株式会社様の社長様及びトレーナーの方、障がい者雇用を専門で行う特定子会社ドゥメンテックス株式会社社長様、いくつかの大学の先生、理学療法士の方々

 

1年近く継続している就労部門でのストレッチもこの方々の知識による組み合わせで作られました。

継続は力なり

利用者の方々の生活に変化が出てきました。

階段をスムーズに降りられるようになった。

立ったまま靴がはけるようになった等々

 

今回は、就労部門へ希望される利用者様がたくさんいる第2光陽

その利用者様を対象に機能増進,改善、強化いろいろな角度から必要な体操を組み合わせて作ってもらいました。

今回は音楽に合わせて体を大きく動かすことが出来る方たちを対象にしています。

1つ1つの動作にはきちんとした根拠と見解があります。

 

高齢者の方々の体操などもいくつか世間には出ていますが、実際のところあまり根拠としたものはないようです。定説の中から作られているというか…

 

QOL委員会で考えられている動きはすべて光陽福祉会の利用者様たちの状況を継続的に測定や観察をして意味付けがなされています。

大変貴重な意味を持っています。

 

私たち職員も参加させていただいてすごく勉強になる時間です。

子どもたちと関わる時に、

「なんでこういう動きになるのかな?」

「手が真っすぐ上がらないのはなぜ?」等、疑問に思う事が専門家の先生方に直接教えてもらう事ができる。

そして、何よりも障害児者の家族関わる人しか知らない現状や思い、環境、状況を専門家の先生方に知ってもらう事が出来る。

双方にとってこんなに良いことはない。

大学の先生方は自身の研究や仕事に生かし、私たちは子どもたちの療育内容にきちんとした根拠を得ることが出来る。

 

 

この次にはうまく自分の身体を動かせない、身体が湾曲している等の状況の利用者様でも可能な体操を考えてもらいます。

光陽福祉会の利用者でよかった・・・・

そう思ってもらえることたくさん作りだしていきます。

 

第2光陽の子供たちの動きをみて作られた体操は毎日第2光陽で実践していきます。

 

 

 

 コメントはありません 2019年1月11日 posted by 中村 尚美


明けましておめでとうございます。

 

少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

皆さん楽しいお正月は過ごせたでしょうか?就労部門のメンバーに話を聞いてみると、旅行や初詣に行った人、家でのんびりと過ごした人など…★

1人1人休みを満喫できたようでした(^^)/

 

お正月と言えば年賀状ですよね♪

今年はこんな年賀状をお届けしました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

就労が設立してからの、

伝統になっているクイズ付年賀状★

「ふたごのおとうとを探して!」と話しているイノシシと同じイラストを探すものでした。

いろいろな格好をしていたり、ちょっと形が似ているものなど様々なイノシシがいるので探すのは難しかったのではないでしょうか?( *´艸`)

 

仕事始めの日でした。何人もの人が「年賀状持ってきました!」と嬉そうに持ってきてくれました。

 

作業が終わり帰りに、お菓子が渡されるとみんな「やったー!」と笑顔でした。

休み明けでいつもよりちょっと疲れた様子でしたが、お菓子をもらい疲れが飛んだようでした。

 

 

さて就労部門は1月4日が仕事始めでしたが、連休明けで、仕事モードへと切り替えができるか、作業のことを忘れてしまっていないか心配していましたが、初日から皆元気にあいさつをしてくれ、作業にもしっかりと向かえていたので安心しました。

 

今年の光陽は「やってみよう」がテーマです。

できることが増えるように、苦手なことにも職員と一緒に挑戦していきましょうね。

今年も1年よろしくお願いします。

 

 コメントはありません 2019年1月9日 posted by 安田 真夕