「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝29-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811


療育玩具 雑巾絞り

先日の雪から最近急に冷え込んできましたね

インフルエンザも流行り出している為、皆様もお身体には十分お気をつけくださいね

今回は以前、中島がブログにてお伝えさせて頂いた、療育玩具の検討会にて

自分が考えた療育玩具について、お伝えさせて頂きたいと思います。

今回の療育玩具を作ろうと思ったきっかけとして、僕の中でH君が

雑巾を絞っている姿を見た時に“どこか絞り辛そうに絞るな”

思った事が始まりでした。

H君から一生懸命絞ろうとしてくいるのが伝わってくるだけに

何か絞りやすくなる手伝いは出来ないか

という思いから作っていきました。

それがこちらの絞れるです

ネーミングのセンスの無さは置いといて

さっそく使い方についてお伝えしたいと思います。

まず絞る雑巾の形を作る所から入りたかったので、

① 赤色のついた部分を手にとって、もう一方に重ねていきます。

② 再び赤色を重ねていきます。

 ③ 雑巾の形の完成です!!

 

続いて握る手の位置をしっかりさせていきます。

④ 手型をつけます

 ⑤ 手形に合わせて握っていきます

⑥最後に自分の胸元から腕を伸ばすようにして絞ります。

そうすると付いているプチプチが潰れて音が鳴ります 

こうした音って大事だと感じます。音が鳴る事で、これで正解と分かると共に

プチプチの音が楽しくてやる気が湧いてきます

職員もこの音を聞きたいが為に、思いっきり捻っていましたよ(笑)

 

 

この絞り方を見て“なんで縦向きに絞るのと思われた方もみえると思います。

これにはしっかりとした理由があります

 

本来横の握り方で絞ろうとすると、人の体は前腕(手に近い方の腕)の力だけで捻る事になります。

そうなると自然と力が弱い子達には絞る事が難しく

雑巾の水分を思ったように絞れません

 

しかし縦向きに絞ると上腕(二の腕)や胸の力が使えて強い力を出しやすいのです

そして手首を内側に巻いた状態から、腕を伸ばすと自然と人の体は手首を返す動きをします

そのため横持ちよりも力を込めやすく、子ども達にとっても絞り易くなると考えました。

また雑巾絞りには雑巾を持ち替える動作が必要ですが、

縦に絞ると一回の動きで絞る動作の範囲が横持ちより大きくなります。

その為横持ちよりも持ち替える回数が少なくて済む事も絞り易さに繋がると考えました

 

こうした職員の考えた療育玩具を現場に反映させ、そこで得た結果から更に改良を加え

子ども達にとって少しでも出来る事を増やしていけたら幸いです

 コメントはありません 2016年1月23日 posted by 坪内 啓


餅つき大会~後編~

まだまだみんなでぺったん 餅つきの様子をご覧ください

寒さなんてへっちゃら?!楽しくて楽しくて、寒さを忘れるほどでした!(笑)

餅ってどうなってるんだろう??気になっちゃうよね

 

「こう?できてる?」・・・しっかりできてるよ

 

みんなやりたくてやりたくて・・・

腰が入ってていいね~(●^o^●)

Mちゃんは杵が気になるみたい!!

 

2人ペアでも息を合わせてぺったん!

さあ!みんなで作ったお餅が完成して、美味しく食べました♡

(食べている写真はなくてごめんなさいあまりの美味しさにみんな夢中で食べていました!)

今回の餅つきを行うにあたって、多くの方々にご協力頂きました

ありがとうございました!

きっとまた来年も行う予定です・・・ので、一年後お楽しみにしててくださいね

 コメントはありません 2016年1月23日 posted by 中島 由貴


餅つき大会 ~前編~

「よいしょー!!」

寒い今日は1月行事!(昨年に引き続いて2回目でした☆)の餅つき大会でした!

寒い一日でしたが、なんとか天気も頑張ってくれて無事に行うことができました

まずは力持ちの男の子のたちが大きな杵でこねていきます

 

 みんな素敵な表情でしょ(*^^)v

写真を見て頂けたら楽しかったことが十分に伝わると思いますので、今回は写真をいっぱいでご紹介します

 

短いですが、今日の餅つき動画はこちらです

→①TRIM_20160123_164642  早つきです(*^_^*)

 

 ②MUTE_20160123_165128  とんとんペッタン!息を合わせてばっちりです

僕たちもがんばるんだ!

 

持ち上げて・・・ぺったん!!

こんなに餅も伸びるようになりました!

でもまだまだ頑張ってつくよー~後編~に続きます(*^^)

 

 

 コメントはありません 2016年1月23日 posted by 中島 由貴


鬼の顔作ったよ

こんにちは

もうすぐ2月…。節分ですね

という事で、ふたばでは制作活動で鬼の顔を作りました。

 

  

赤鬼の顔に、目、鼻、口、角、牙を糊で貼っていきます

指で糊を取る時には、とりすぎないように気を付けます。

 

次にお花紙を手で破り、クシャクシャと丸めていきます

指先を上手に使って破り、丸めていきました。これを鬼の頭に貼っていきます

 

丸めたお花紙を糊をつけた鬼の頭にたくさん貼っていきました。隙間があると、「あ、ここも。」と言いながらバランスも考えて貼っていました

  

可愛い赤鬼さんが完成しました

 コメントはありません 2016年1月22日 posted by 伊藤 順子


実技実習 『アルミホイル』

こんにちは

 

先日は岐阜市に初雪が降りましたね

実家は山間部なので、雪の事を聞いてみたら、

「まだ積もっているし、道も凍ってる

とのことでした。

 

笠松の辺はすぐに雪が溶けてよかったなと思っている笠松の板橋です。

 

さて、今回は高等部の実技実習の『アルミホイルのカット』についてお知らせいたします。

 

 

クッキングシートと違ってくるところとして、アルミホイルは重ね方が違います。

アルミホイルは揃えて重ねるとその後取ることが難しくなってしまいます。

そのため、①、②(上の画像)の様に少しずらして上に重ねていきます。

 

  

 

  

 切り方もシートと比べると前腕の回内外の動作、手指の力加減が重要となります。

 

子供達と一緒に自分もアルミホイルを1本カットし、その中で発見したスムーズに出来る動作を伝えていきました。

 

  

まずは本体を持っている前腕を回外(外側に捻る)させ、刃にアルミホイルが当たらないようにしてお手本の長さまで伸ばします。

 

  

本体の箱(赤丸)を持っている手を伸ばしている手(青丸)より高い位置にします。

こうする事によって箱にアルミホイルが付き、箱が挟みやすくなります。

 

  

 

回外位にあった前腕を回内位(内側に捻る)にします。

こうする事によりアルミホイルに刃が当たりホイルが切りやすくなります。

 

普段と違い慣れないことをしているため、手順を覚えることにみんな苦戦していました。

しかし動作を繰り返すことにより徐々にやり方を覚え、綺麗に作業ができるようになってきました。

 

今後も色々な作業が出てくると思いますが、子供達がやりやすい形を見つけ、分かりやすく支援していこうと思います

 

 コメントはありません 2016年1月22日 posted by 板橋 偉史