「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811


ハッピーパンさくらがつぼみに来たよ!

本日より毎週月曜日の16:00~17:00の間、宅配のパン屋さん「ハッピーパンさくら」さんがつぼみと第2光陽に来て下さることになりました

日ごろ、活動の中で支払い訓練を行ってきた子どもたちにとって新しい実践の場になり、協力して下さることに感謝感謝

私も、焼きそばパンとミルクパンを購入し、お昼に頂きましたおいしかったですよ

さっそく今日は、つぼみでの様子をお知らせしま~す

ピンクのラパンがとても似合う販売員の安田さんです

ふんわりとした雰囲気の方で、かわいいらしいです

車いっぱいのパンおいしいそうですね

人気ランキングを紹介しま~す

第一位  北海道ミルクパン

第二位  シュガーデニッシュ

第三位  チョコデニッシュ

一列に並んでますね

「これ下さい」

「はい。どーぞ」

お釣りもちゃんともらってね

順番をちゃんと待って

ぼくは何にしようかな~

ピンクのTシャツ似合ってるね

「僕の番次だから」

「今日は、あの子とあの子がいたね」とあとで写真を指さして教えてくれました

「買ったぞ!」

誇らしげな表情がGООDだね!

「僕たちも買ったよ~」

とても良い笑顔だったのに、カメラを向けると…

タイミングが難しい

このツーショットには、エピソードがあるんです。

並んでいる時、Yくんが「僕メロンパンが食べたいな」と言っているのを周りの友達が聞いて「あと一つ残ってたよ」「今なら間に合うよ」と教えてあげていました。

それを聞いたYくんは安心して、さっそく並びに行きました。そして、無事にメロンパンをゲット

皆の輪の中に戻ると、何も言わずにYくんの方からSくんの方に手を差し出して、二人で熱い握手を交わしていました。男の友情!ですね!!すばらしい!!

この二人のやり取り、とっっっってもかわいいなと思いました

 

 

おいしいパンをありがとうございました

これからも、よろしくお願いします

 コメントはありません 2014年6月17日 posted by 出口 妙子


調理実習 野菜炒め

こんにちは 最近コンビニのアイスコーヒーにはまっている笠松の板橋です。

 

さて、先日の調理実習では『野菜炒め』を作りました。

 

今年度の調理実習では昼食を作れるようになることを目標とし、6月では炒め物の基本で、食卓にもよくあがるであろう、野菜炒めに挑戦しました。

 

  

        作り方を確認            人参の皮むき

 

  

    塩コショウ、醤油で味付け        小学生チームで炒め中

 

  

   焦がさないように全体を混ぜます    こぼさないように気をつけて

 

出来上がった野菜炒めはタッパーに入れて持って帰りました。

後日、連絡ノートにて、

 

『晩ご飯で家族で食べました。まだ温かくておいしかったです。嫌いなピーマンも残さずに食べれていました

 

と、うれしい報告を保護者の方から頂きました。

 

『ほんとにピーマンも食べたの?』

 

と、その子に聞いてみると、

 

「うん!だってめっちゃ美味しかったもん

 

と、元気よく答えてくれました。やっぱり自分で作ったものは美味しいですもんね。

 

料理は作ってもらったものを美味しいと言われると、やりがいを感じると思います。

僕は小学生位の時から、土曜日のお昼ご飯担当をしていました。その時に両親や弟達に美味しいと言われて、嬉しかったことを思い出しました。

 

この調子で子供たちも料理をすることを楽しみながら、家でのお手伝いや、将来一人暮らしの時の食事のレパートリーを増やせていけたらいいなと思います

 

7月は野菜炒めから発展し、『焼きそば』、『中華飯』に挑戦する予定です。お楽しみに

 コメントはありません 2014年6月16日 posted by 板橋 偉史


「変化」

 6月になり 第二光陽とつぼみに分かれるようになって2週間が経ちました

この2週間で感じた子ども達の変化・様子です

 

〈小学部〉

小学部は建物の場所は変わらないけれど 3つだったグループが2つになりました

よって クラスのメンバーも雰囲気にも 多少変化が

今までとは少しだけ変わった環境に戸惑いながらも 毎日元気いっぱい過ごしている子ども達です

そんな中 高学年の子ども達の中に少しずつ変化が見られるようになりました

今までは小学生~高校生までいる中での「小学生」というくくりだったのが

今は 自分達「小学生」しかいない環境です

だからかは分からないのですが 率先して片付け等の手伝いをしてくれるようになってきました

自然と‘おにいさん’‘おねいさん’的存在になってきている事を実感します

1ヶ月後には夏休みが待っています

少しずつ出てきている小学部の結束力?で 絆を築いていってほしいなぁと

つい欲張りに 思ってしまっています

 

〈第二光陽(中・高生)〉

正直いうと 新しい建物に対して 緊張や抵抗を感じる子がいるかも・・・と思っていたのですが

全く「心配ご無用」の中高生たち

まだ2週間しか経っていないのかと思うほど すでに馴染んできている状況です

 

建物も クラスのメンバーも変化し 環境が変わった中高生の部ですが

「変化」に対して きちんと対応出来ている事が 彼ら(彼女ら)の変化であり 成長であるなと感じました

生きていく上で 「変化」することは付き物です

はじまったばかりの第二光陽

これからも成長の糧として たくさんの経験・体験を積み重ねていってほしいなと思います

 

*本日 土曜デイの中高生の様子(本日合同日)

本日はつぼみで一緒に合同で取り組むプログラムでした

久しぶりのつぼみの教室

いつもなら 遊びや友達との関わりを好む子が 本日は違った様子

フリー時間「飽きないのかな?」と思うほど窓の外の風景を眺め 堪能していました

たそがれていたのかな?  ノスタルジックな光景でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コメントはありません 2014年6月14日 posted by 大島 由美子


つぼみYOGA

先週より、つぼみヨガが始まりました‐‐‐‐‐

もちろん準備からスタートです

講師は高井理永先生(REE先生、りー先生)です

準備したマットに座り、これから何が始まるんだろう・・・???

の思いの中、みんなり‐先生のあたたかくて優しい言葉、声に引き込まれていっています

まずは挨拶から・・・手と手を合わせてみけんの高さまで手を上げて「ナマステ

さぁさぁ、まずは身体をのばしてみよう!!

先生のまねをしながら、手をぐっと伸ばす。

ヨガのおなじみポーズにも挑戦(私がヨガの唯一知っているポーズです笑。今度名前を聞いてみますね!)

このポーズ。足の甲をぺたっとマットにつかることが難しい子が多かったんです。

次は何をするのか、りー先生の言葉に気持ちが向いている表情ですよね★

友達と一緒に身体をぐーと伸ばします。楽しい!!

ヨガをやってみての感想…以外にしんどかったです(笑)

まだまだこれからですよ~と、りー先生の一言がありました(笑)

やってみると普段は使わない筋肉を使うんですよね。

子どもたちに合わせてヨガにすんなり入っていけるように、ステップを用意してくださっています。

少しずつ少しずつ…りー先生との合言葉は「楽しく!」「やってみましょう!」です

 コメントはありません 2014年6月14日 posted by 中島 由貴


みんな大好き!

先日の集団遊びの時の様子をお知らせしま~す

まずは、段ボールを使っての遊び

中からこんにちわ

寝転がってゴロゴロ天井が低い

箱に入ってからのピョン…ピョン…

写真からは分かりにくいが、箱に入ったまま飛び跳ねて前に進んでいます

移動しながら台ところへ

今日のおやつは何だろう?気になるな~

ゴロゴロ~

おぉやぁ

僕来たよぉ

中に入りたくて…

中に入りたくて…

どぉしても入りたいんだ!!

あれこれ方法を考えて

たどりついた

ご満悦

他にも、玩具を中に入れてふたをして楽しむ子等、みんな自分の好きなように使って遊んでいました

 

この後は、みんなで一緒に手遊び・歌遊びしました

みんなで遊ぶ時間これからも大切にしていきたいですね

 

 コメントはありません 2014年6月14日 posted by 出口 妙子