「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811


第2サポートセンターつぼみでの1週間

こんにちは🌞

みなさんいかがお過ごしですか?

最近は寒暖差も激しく、体調を崩される方が多いとお聞きします💧

体調管理には気を付けていきたいですね🌼

 

さて、見出しにあるように、

第2サポートセンターつぼみにて1週間職場内研修をさせて頂きました🌟

 

第2つぼみの子たちとは「交流会」「文化祭」で会った以来だったので会えることをとても楽しみにしていました😊

初日、「あ、見たことある先生や!!」「誰やったっけ?」「会いたかった!!」と声をかけてくれる子も居てとても嬉しかったです☺💓

 

第2サポートセンターつぼみでは小学生~高校生までが同じ建物内であるため

縦割りの繋がりが強いなぁと感じました🤝

小学生は中高生の姿を目で追って真似て👀

中高生は小学生との関わりの中で加減しながら一緒に遊ぶ姿や

時には厳しく頼りになる姿を見せてくれました✨

このような繋がりをとても大事にされていると感じました。

 

1週間、とても短い期間でしたが子どもたちの活動の様子を見させて頂き、いろいろな表情、頑張っている姿を見ることができてよかったです😊!!

また、親子旅行や文化祭などで会うことができることを楽しみにしています💓

第2サポートセンターつぼみでの気づきや学びを第2光陽でも活かしていけるよう、職員間で情報共有努めていきたいと思います😊

 

 コメントはありません 2018年10月30日 posted by 槇田 文乃


秋晴れ

こんにちは😊

朝、晩と冷え込んできましたね。

私の周りでは、風邪をひいてしまったり花粉症でつらい思いをしている人も増えてきました。

皆様もお体にお気を付けくださいね。

さて今日は10/13(土)に出かけた畜産センターの様子をお伝えしていきたいと思います。

朝は肌寒く心配しましたが、とってもいいお天気になりました。🌞

 

一番最初に、バラ園を散策しました。

「バラの花、きれいだね。」「お花の匂いがするね。」

「坂、きつ~い。」など言葉を交わし、坂を上っていきました。

 

下りでは、記念撮影😊📷

ひと汗かいて、いい運動になりました。

 

 

「お腹すいた~」

待ちに待ったお昼ご飯。

お母さんが頑張って作ってくれたお弁当を、みんな嬉しさ満面の笑みで口にほおばっていました。😊

  

 

食事の後は、動物コーナーを散策。

ウサギにニワトリ、アヒル、アイガモ、ガチョウ、クジャクなどたくさん鳥たちがいて、鳴き声を真似して話しかけると、「コケコッコー」🐓や、「ガアガア」🦆と泣き返してくれる事もあり、みんなで楽しく見てまわることが出来ました。

ミニチュアホースに、ポニーもいましたね。🐴

    

最後に、大芝生広場でゴロゴロしたり、側転してみたり、みんなでボールで遊んだり楽しく過ごすことが出来ました☺

 

 

 

 

普段見ることの出来ないたくさんの鳥が見れたり、色々な鳴き声を聞くことができ、とても貴重な体験になったと思います。

グループ行動を通して、集団行動でのルール、外出時のマナーを学ぶことが出来ました。

また皆で行きたいです😊

 コメントはありません 2018年10月27日 posted by 河合弥生


第2光陽 ハロウィン会!

 

本日、ちょっと早いですが第2光陽ではハロウィン会を開催しました🎃

 

仮装大歓迎!!だったので着てきてくれました😆

 

最初は午後に食べるお菓子作り

炊飯器でできるカボチャケーキ🍰とカボチャプリン🍮を作りました

 

そのあとはレクリエーションの時間

カボチャのオブジェにお菓子の写真がくっついており、3回カラーコーンを開けてカボチャがあったらお菓子をゲット!!

次は「ミイラゲーム」

トイレットペーパーを巻き付けて、ミイラを作る競争です

力が強いとブチっと切れてしまうので意外と難しかったですね🤔

一番ミイラっぽくなれたと評判のYくんです🤗

 

10月は高2、3年にとっては校内、校外実習で頑張らないといけない月間だったと思います。実習も終わって今日は楽しかったね!

 

 

 

 

 

 コメントはありません 2018年10月27日 posted by 松本 馨


岐大祭に行ってきました♬

こんにちは!

今年も大学祭の季節がやってきました(^^)/✨

去年は岐大祭にはしまきの屋台を出店させて頂きました。あいにくの雨でしたが、良い経験ができたと思います。

今回は出店はしていませんが、岐大祭に行ってたのしむ機会としました😊

何日か前から岐大祭当日の天気が気になり、天気予報を何度も確認‼しかし、いつ見ても天気は雨☔

雷⚡のマークになっていることもあり、心配していました💦

当日の朝も空には黒い雲が…。雨も降ってきて悲しい気持ちに😂

ギリギリまで晴れることを願っていました‼

すると・・・空から太陽が☀私たちの願いが届きました✨

 

さて・・・1G岐大祭に出発🚗

到着すると岐阜大学よさこいサークルの騒屋さんたちのステージが始まる所だったので見に行きました‼初めて見る人もいましたが、音楽に合わせて手拍子をしたりソーラン節の時には一          緒になって踊ったりと楽しめました😊

 

屋台を周っている時には食べたい物を周りながら決めて購入していきますが、たこ焼きにポテト、お好み焼き、焼きそば、フランク、ジュース、焼き鳥など色々な物がありすぎて迷います🤔

「私、焼きそば買いたい!」

「僕、焼き鳥がいい」と好きな物を買うことができました😋

 

 

1Gが岐大祭に行っている間に2Gのメンバーは光陽で『主事屋台』が開かれ、予算の中で3品以上買う為の勉強をしていました👍

  

勉強をしたうえで2G岐大祭に出発🚗

ここで主事と勉強をした成果の見せ所です。

何品か買った頃に自分がいくら使ったのか頭の中で計算をしてあといくらの物が合えるのか確かめている姿がありました。職員の力も借りながら全員が計算をして予算内にいくつか購入し、楽しむことができていたと思います👏

 

  

 

先に帰宅した1Gの人たちには岐大祭での思い出・印象に残った事をお題として

絵を描いてもらいました✨

 

  

  

騒屋さんの演技、自分が食べた物など上手く書けています✨

 

自分の持ってきた予算の中で計算をしながら購入していくのは難しいですが、金種学習を今後も取り入れながらお札と小銭の併用ができるようにしていきたいと思います❗

 

 

11月の就労支援にかかる取り組みは「レクリエーション活動」です‼

沢山の参加お待ちしています😀

 

 

 

 コメントはありません 2018年10月27日 posted by 中村 恵里奈


就労部門会議~認められたい気持ちは誰もが一緒

光陽福祉会広報部長の中村です。

 

就労部門では、月1回必ず菊池会長と私、中村を含めて話をする機会を設けています。

利用者1人ひとりの状況から、生産性や時給換算をした1人一人の出来高の把握。

様々な事を全員で統一する時間としています。

新しい仕事の内容を確認したり、制度の勉強を会長から教えてもらったり・・・

生産性を上げるための冶具作成についてだったり・・・

 

毎日の業務の中で、利用者と一緒に過ごす時間が1番多い、就労部門。

 

ゆっくりお昼ご飯を食べる時間もない。

トイレだって声をかけてからでないといけない。

1人発熱をして休むと、その日の仕事の段取りを変更しないといけない。

法人内トップの激務の部所だと思う。

だからこそ、チームワークが大事。

信頼関係がないとできない。

互いを認め評価しているからこそ。

何かトラブルがあっても互いを支え、かばいあえる。

 

いつまでたっても、企業様から不良品が出たという連絡は心臓がバクバクする。

 

そこに向き合って子供たちを守り、毎日向き合っているのが就労部門の職員たちである。

連絡ノートから始まり、日々の利用者様に対する直接的な支援。

業務や事業に伴い、外部との接触やアプローチ。

事務的な書類等の作成。

法人内での仕事・・・

様々な事がたくさんある。

 

 

棚橋主事、大西センター長は、よく揉めている(^_-)-☆(笑)

あまり言葉数が多くないセンター長

よーしゃべる主事

伝えてないのに、伝えたと思って話すセンター長に

きいとらん・・・と怒る主事”(-“”-)”

セ「そんなに怒らんでくださいよ」

主「だってこないだもあったやん」

セ「そんなことはない」

主「そんなことある」

・・・・・

だからセンター長は

笑顔でしゃべらずその場を乗り切る。

 

2人とも頑固だから・・・仕方ないかも(笑)

 

 

なんとま~よく揉めるのは「光陽の伝統」かもしれない(笑)

まだまだ、そのレベルは菊池会長と私の方がはるかに破壊力が強い( ;∀;)

 

そんな感じで、「トムとジェリー」で仲良く喧嘩しながらも

就労部門を引っ張ってくれている。

体調が悪くても、黙って頑張り切ってしまう2人。

2人だけでない就労部門のジョブがみんなが頑張り屋さんです。

 

 

 

私たちは、「光陽」という場で、働く仲間として過ごしているが、職員にも家族がある。その家族に支えられて仕事に向かえる。

それは利用者様、保護者様と全く同じである。

 

会長が良く言う、「我が事に置き換えて考える」

 

これって簡単なようで難しい。

 

昨今、時代が変わりいろいろな事が取りざたされる。

ひと昔前なら、「美談」として取り扱われただろうことも、「今」は違う。

時代の流れとはそういうものだ。

 

しかし、それでも変わらないのは

「人の気持ち」感情である。

この感情は時代の流れと変化があり、見解として時代によって違えど、全くもって何年たっても変わらない。モチベーションは大事である。

 

就労部門の利用者そして、ジョブが毎日元気に働き甲斐をもって通ってこれる。

その場所を構築するのは、本人たちだけでなく、そして保護者の皆様のお力も必要であることは間違いない。

就労部門の利用者様、職員全員が生きがい、やりがいがあり、そして認め合える場所であるように・・・

 

 

 

 

 

 

 コメントはありません 2018年10月25日 posted by 中村 尚美