「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811


徐々に慣れてきました

こんにちは。

初めてのブログを書かせていただきます、就労支援部門の宮嶋です。

10月9日の初出勤から1ヶ月近くになります。

人生初の福祉の大変さにびっくりしました。

障害を持つ人がこんなにいたのか、軽度から重度までいたのか。

就労支援とはこんなに忙しいものなのか。

いつ何がおこるか分からないから常に目を離せないものなのか。

毎日何が起こるか分からない。

と、感じました。

最初は誰?この人?

から始まり、毎日の時間を一緒に過ごすうちに徐々に利用者さん達との人間関係もでき始めてきてるように感じます。

徐々にこの子はこういう日常パターンがあるという事も分かるようになってきました。

大西センター長はじめ、職員の皆さんに日々やることを教わりながら行動しますが、始まったばかり。

日々勉強です。

宜しくお願いします。

 

 

 

 コメントはありません 2018年11月5日 posted by 宮嶋 明徳


秋季実習第2弾・3弾!

こんにちは☀

北海道では雪が降ったそうで、冷え込む日が多くなってきました💨

就労でも鼻水や咳が出ている人が増えているので、体調に気を付けていきたいですね😀

 

さて、10月20日の週と27日の週は実習生の受け入れがありました!

実習生の皆さん、1週間お疲れさまでした😆

 

学校とは違う、就労の現場で先輩と一緒に仕事をしていくことで、緊張感を持って精一杯頑張ってくれました‼

 

仕事をする上では、守らなければならない決まりがたくさんあります🙄

 

作業場の通路では製品と人の流れをスムーズになるよう進む方向が決まっていたり・・・

製品の場所、道具の場所が決まっていたり・・・

作業を勝手に進めず、終わったら報告をしなくてはいけなかったり・・・

分からない時は自己判断ではなく聞かなければならなかったり・・・

 

社会人って学生とは違うんだ!がいっぱいです!

実習生の皆さんも、できた!!嬉しい!!と感じることもあれば、難しい・・・できない・・・と感じることもたくさんあったように思います。

でも、先輩たちも難しい、できないなー、をたくさん経験してきての今があります✨

 

実習という短い期間ではありましたが、皆自分のできた!頑張った!を沢山経験し、できない、難しい・・・に向き合いながら1週間やりきってくれました!

就労の先輩も、職員も、実習生の皆さんが私達と同じ社会人として一緒に働ける日を楽しみにしています😊

 

実習生の皆さん、お疲れさまでした❗

そして毎日送り出して頂いた保護者の皆さま、ありがとうございました😃

 コメントはありません 2018年11月2日 posted by 洲崎 明日香


第2光陽のみんなありがとう!!

こんにちは、今日から11月ですね。あと2か月で今年も終わり・・・。1年が歳を重ねるごとに早くなってきた気がします。

さて、今回は先週1週間おこなった人事交流研修での様子、感じたことをお伝えしていこうと思います。

1日目、少し緊張していた私に子ども達は笑顔で話しかけてくれました。

「先生、見たことある」「文化祭の時、魚のところにいたよね」「どっからきたの?」など、未就学にいる私にとっては子ども達と会話をするのはとても新鮮でした。

名札を見て、「万里子」の「里」って「たけのこの里のさと?」と人生はじめて言われました(笑)これから勇気があれば、自分の名前の漢字を伝える時には、「たけのこの里のさとです!」と伝えてみようかな(笑)

自由時間の時には、ボール投げをしたり、UNOをしたり、人生ゲームをしたりとても楽しく過ごせました。

 

しかし、療育の時間が始まると、表情が凛々しくなりしっかりと切り替えができていてとてもかっこよかったです。

1年でも早く感じる私なので、1週間は本当にあっという間なのは言うまでもなく、しかしとても充実した日々を過ごさせてもらいました。送迎の際や行事の時に会えるのを楽しみにしています。ありがとうございました!

今週からは再び未就学に戻ってきましたがやっぱりはぐくみちゃんは可愛い😊

昨日はハロウィンだったので仮装をして来所してきてくれましたよ。

第2光陽で学んだことをはぐくみでも活かせれるように明るく!元気に!楽しく!頑張っていきます。

 

 

 

 

 コメントはありません 2018年11月1日 posted by 横山 万里子


地域活動支援センター光陽

こんにちは。地域活動支援センター光陽の板橋です。

 

今回は新しく始まった揚げ物シート入れの様子についてお伝えします。

 

 

 

いつも地活のみんなが漬物やおかずの袋出し、人参を数える作業などを行っている

 

作業場の隣では、工場で働く方々が揚げ物の作業を行っています。

 

今回はその揚げ物を入れる為のかごに、シートを入れる作業を任されました。

 

まずは以前紹介した、3つ穴のかごを用意します。

 

自分の身長以上に積み重ねられたかごを、気を付けて運びます。

 

 

高い所に手が届かない時は職員も手助けをしながら作業します。

 

 

 

かごと揚げ物用シートを用意し、

 

 

1つのかごの中にシートを2枚入れていきます。

 

 

 

初めて行う作業なので最初は準備に手間取る様子もありましたが、

 

1週間もたたずコツを掴んだようで、テキパキ作業出来るようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

シートを入れたかごを16段積み、揚げ物の作業場まで運びます。最後まで慎重に!

 

 

 

16段のかごを12個作れば作業完了です。

 

 

 

朝昼晩で寒暖差が激しい日が多くなり、

 

地活のメンバーの中でもよく鼻をかむ人が出てきました。

 

これからは寒い日が多くなってきます。

 

体調管理に気を付けて、毎日元気良く作業に臨みたいですね。

 コメントはありません 2018年11月1日 posted by 板橋暁良


急にきた受容???時代の流れはここにも($・・)/~~~

光陽福祉会 広報部長の中村です。

 

岐阜の地で光陽と言えば「菊池利哉」は有名かも・・・

いやっというほど・・・

定番化している・・・はず( ´艸`)

光陽は岐阜で事業を始め10年となるが

同じ業界の中で、

決して受け入れて頂いている…とは思わない( ;∀;)

菊池会長のキャラが濃く、一見しただけでは誤解を招く。

 

 

職員が研修等に出かける。

名刺交換し、「光陽」の文字をみた途端に・・・

 

誰もが

「会長さんって怖いですか?」

「○○会議でマジ怒りしたってうわさですよ」

いろいろいろいろ・・・・

いろいろな感想やご質問を頂く(笑)

なので、この場ですべての事にお答えしましょう!!

 

 

「はい。怖いです。」

「はい。おっしゃる通りです。」

 

で?なにか?・・・

 

光陽福祉会は、民家で始めたころから何となくどことなく、なんでかわからないけど・・・

よく怒るし、大きな事を言ったかと思うと、小さな事に悩んだり凹んだり・・・

でも、ぶれないものはある。

子どものために!

これだ。

菊池会長のぶっ飛んだ性格?魅力が法人の形になっている。

 

うちの職員は会長がいてもいなくても、事務所での様子が変わったりすることはあまりない。

本当に怖いのであれば萎縮してしまうだろうに・・・

幸いというべきか(笑)全く関せずというべきか(笑)

普段通りなんです(‘◇’)ゞ

 

ただ光陽福祉会は、まだまだ未熟で小さな法人です。

出来ることは少なく、日々努力をしなければ、利用者の皆様に安心を提供できる状況ではないです。

でも、日々の小さな積み重ねと日々の小さな喜びを職員全員で共有できる法人だと自負しています。

また、職員からは、自分が入った時から耳にしてきた事、普段当たり前に聞いたり話したりしていることが、研修に行くと講師の人が話をする。周りの人は新鮮な様子で聞き入っている…

うちでは当たり前に知っている事や言われている事なんだと…

改めて

「会長すごいなって思う。」

「光陽で当たり前の事だけど、みんな知らないんだって思う」

と研修報告をしてくれる。

早い段階からそういう話が聞けて、それが当たり前となっている中で業務をしている事を幸せだと思ってほしい。

 

「会長はどんな人とか、怖いとか言われなかった?」と聞く。

そして職員は、

名刺を渡したとき、光陽福祉会の人間だとわかった時に、あっとされる笑

「そっかそっか~やっぱりそうか笑」

私は必ず・・・

「会長はある意味有名人だからね。会長は毒を吐いても何をしてもあそこはやっていることはしっかりとしている。って言ってもらえるようにしなければいけない。」

「会長が会長であり続けるために、基盤である現場も事務もしっかりとしなくてはいけない。」

「会長のスタイルを継続していけるのは、私たち職員にかかっているんだから」

っと言っている(^_-)-☆

 

その菊池会長が、なんと岐阜のこの地で少しづつ、

受け入れ始めている??

 

先日、私自身が高熱をだしそうなことがあった。

菊池会長が同業社会で求められている??

そんな馬鹿な・・・

そんなことがあるわけがない・・・

絶対おかしい・・・

 

いやいやきっとそれは会長が・・・

割り込んだ?

受容がでてきた?

??????・・・”(-“”-)”

 

年末近くになり、びっくりな状況に時の流れを感じる。

 

いつもいつも変わらない理由に怒っていた。

言い訳や理屈や縦割りの感覚で動かない事に

前例がない、やったことがない、特別な対応になる、

都合のよい言葉に悔しかったり、悲しかったり、怒れたりの日々を思い出した。

 

一般社団法人光陽福祉会

会長 菊池 利哉

岐阜の地で

受け入れられ始める・・・事件が起こる・・・

これが時代の流れというものか($・・)/~~~

 

 

流れを変えるのか?加速させるのか?はたまた・・・

止めるのか?

この人のみぞ知る(^。^)y-.。o○

今日から11月

早いもんです。

今年を笑って終えることが出来るように頑張るぞ~

 コメントはありません 2018年11月1日 posted by 中村 尚美