「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959


FC岐阜との交流会!!小学部☆

本日、天候が心配されましたが無事FC岐阜との交流会に参加させて頂きました!!

普段は見られないプロ選手のプレーを真近で見る事ができ、楽しい時間を過ごしました😁

選手の皆さん、スタッフの皆さんありがとうございました


 

 

 

まだまだ写真はたくさんありますが、詳しくはまた後日アップさせて頂きます!

お楽しみにしててください😉

 

 コメントはありません 2017年9月28日 posted by 松本 馨


おにぎりづくり🍙

 こんにちは、最近道を歩いているとキンモクセイの良い香りがして、癒されますね😊

今回は、おにぎり作りの様子をお伝えしていきたいと思います🍙

まず、ご飯を炊きます。

 今回、ご飯は3合炊きました。自分がどのくらいお米をいれたのか数えながらまずは、ボウルに入れていきます。すりきり一杯とはどんな状態なのか?各々が理解しているのかも確認していきます。そして、お米を洗う時は猫の手で水が透明になるまで洗う事を伝えていきました。

次にご飯が炊けるまでの時間を使っておにぎりを包むラップを切り取る練習をしました。 

 

ラップを切るときは、抑えている手の力加減が難しく上手く切れない様子がありました。繰り返し日常の中で練習を行っていくことが大事ですね!

 

次はふりかけのゆかりとご飯を混ぜていきます。

ゆかりが全体にいきわたるようにしゃもじで切るようにして混ぜていきます。手に力を入れて何度も混ぜるOさんとUくん、真剣な眼差しでした👏

 

   

大きいおにぎり(約120g)小さいおにぎり(約55g)をそれぞれ計った後、握っていきます。大小の区別できたかな?意識して作ることに意味があります!きっと!これも経験だと思います。

  

    

目安の重さに近づくまで何度もお皿に盛ったり、減らしたり彼らは苦戦中!!

       

 

最後は自分の作ったおにぎりをみんなと食べます🙏🏻

   

一生懸命に握ったおにぎりをぺろりと平らげた子どもたち。とても気持ちいい食べっぷりでした😊

自立も一日にして成らず!(^^)!ごはんを炊くこと1つにもいろいろできないといけませんね。少しずつ一歩ずつ一緒に頑張って行こうね!!

 

 コメントはありません 2017年9月28日 posted by 小柳 隆志


新しい仕事決定!!~by就労部門

光陽福祉会広報部長の中村です。

9月27日水曜日、9時半~

今後お付き合いをさせていただけるか?の決戦の時。

打ち合わせを重ねてきた企業担当者が、品質管理の人を就労支援センター光陽に連れて来て下さる日。

トライで行った2万個は、1週間ほどでできたが、

その工程と品質管理の状況を認めて貰えないと次はない。

 

 

前日から、大西ジョブは落ち着かない様子。

準備は万全。

工程つくりには自信がある。

光陽伝統

3、3、3の工程つくりは就労部門に生きている。

 

豊田合成、TGウェルフェアに特例子会社を設置してきた経験とトヨタ生産方式

「ムリ、ムダ、ムラ」を排除した工程つくり。

就労部門開設からずっとこれを継承してきた私自身の評価でもある!

絶対大丈夫!!

 

後は、大西ジョブのプレゼンにかかっている(笑)

私は裏方、ヘルプ要員にいつでもどこでもなれる様にをモットーとしている。

だが、現場の職員が頑張っている事も1番知っているからこそ、

 

ここは出ない。

大西ジョブが就労部門の頑張りを代表して企業様にプレゼンをして勝ち取るべきだ!ってことで。

そして、現場の中でみんなが緊張を共にする中でという事で、あえて、立ったまま、仕事場の中。

「頑張れ!大西」

緊張の大西とへらへらしている私。

 

初めての経験に若干声がうわずっているいるような感じ。

「頑張れ、大西」

ちょっと怖い感じで初めはいた品質管理の方。

大西の説明を最後まで聞いて

「・・・」

「うちが扱っている製品の事を話してもいいですか?」

「は、は、はい」

「全体を見せてもらってもいいですか?」

「はい」→ここで私に担当が変わる

 

いろいろな仕事のやり方、冶具、工程の説明。

すべて終わり、ちょっとした雑談をしていると

 

「ここまで、きちんと工程を考え、どの子にもできる体制作り、冶具作り。すごいと思いました。まだ違う仕事もあるのですが、今回はこれをやってください。とかでも大丈夫ですか?」

「はい。大丈夫です!」→大西、私共に

 

「工程の中で、チェックできる体制をダブルで入れ、こちらが希望する事でした。」

との評価を頂けました。

ちょっと怖そうかな・・・って思った品質管理の方、とっても優しい。

きっと緊張していたのかもしれないですね!

早くそんな感じになってくれたら・・・怖くなかったのに(笑)

 

光陽福祉会に興味関心を持ってくださり、いろいろな質問もしてくれました。

最後には世間話までして、緊張から解き放されました(笑)

おおよそ、1時間半・・・

 

工程つくりには、目的がある。

光陽では、時に生産性を重視した工程も作る。

しかし、今回の工程は、

「担当できる利用者を増やす。限定しない」が1番の目的だった。

 

だからこそ、作業者を2つにわけた。

並べるだけ。合体させるだけ。

簡単すぎる。

しかし2つに分ける事で、不備やミスは簡単に目視でわかる。

チェックは容器を角度を変え、目視で問題ない。

 

 

もっと簡単にして効率を上げてほしい、と言われるかもしれないと覚悟もしていた。

だが、作業者を分ける事で、起きうるミスが防げる。

実際に行って、実際利用者で試してみた。

起こった問題を1つづつ省いた。

生産性を上げるために、あえて無駄だと思われる工程で、品質を確保する。

どれだけ生産が出来ても、不備やミスが多ければ全くの本末転倒の話となるから・・・

1つの賭け。

1つの期待。

1つの評価。

 

あえて簡単なことも工程を分ける事で不備、ミスを徹底的に省き、結果、生産性を伸ばす事。

これが今回のプレゼン内容!

 

 

OKが出たことで、担当する利用者が増える。

お給料に直接かかわる仕事の担当にできる。

 

目指した思いが伝わる時ばかりではないけれど、思いを伝える努力はしたい。

昨日は、朝一でぐったりと疲れた感じでした。

 

今までも、現在もなお・・・たくさんの関係企業様に支えられてきました。

ある学校の先生から、

「光陽福祉会は就職率すごいですよね。そして長く勤めています。手法を教えてほしいですわ。」と言われたことがあります。

 

光陽福祉会は、関係企業様に恵まれた事!

ただそれだけです・・・。

 


 

 

 

 

 コメントはありません 2017年9月28日 posted by 中村 尚美


中高部 支払い訓練

こんにちは☀

 

 

外を歩いている時に金木犀の香りがしてくるようになりました。

 

いい匂いだな~、と思っていると銀杏の匂いもしてきて、もう秋なんだな~と感じている笠松の板橋です🌾

 

 

 

さて、今回は中高部で行った支払い訓練についてお知らせ致します。

 

  

 

歩いて近所にあるドラッグストアに向かいます。

8月と比べると、5時くらいになると、『夕方』って感じの景色になってきましたね🌄

 

  

 

 

日用品、お菓子のカードをそれぞれ1枚ずつ配られ、自分の指定されたものを売り場から探し、買う、ということが目的です。

 

  

 

 

ボールペンは『太さ』も指定していたため、

 

 

「同じ形だけど数字が違うな・・・?」

 

 

と苦戦する姿も見られました。

 

 

しかし、以前と比べると天井から吊るされている、

 

「文房具」、「清掃用品」、「ラップ、アルミホイル」

 

等の売り場の案内を見て、それから探す、ということが出来る子が増えてきており、買い物にかかる時間も短くなってきました😄

 

 

 

自分で探して買うことが出来た!、という達成感を感じ、買い物後は嬉しそうな表情をしている子供たちでした😁

 コメントはありません 2017年9月27日 posted by 板橋 偉史


書道

こんにちは(^^)/

今日は、なんだかお天気がパッとしませんね。☁

それでも、子どもたちは毎日元気です。

運動会の練習で日焼けした子も多く、疲れて迎えのバスの中でウトウト…なんて子もいますが、つぼみに来てお友達と会うとテンションが上がっています。😊

今回は、26日(火)に行った書道の様子についてお伝えします。

今回のお題は、「あき」「秋」「もみじ」「紅葉」「はな」でした。

 

 

 

 

好きな文字や絵を書く子もいます。それでもいいんです。

書いた字を見せ、「こうすると、もっと良くなるよ!」と、言われると、「よし!もう一回だ!」と、どの子も意欲満々。😀

 

 

 

何枚も、何枚も練習していました。

書道は、筆の持ち方、墨の量、書く時の姿勢、文字のバランス。

いろいろ気のしなくてはいけませんが、自分を表現できる手段の1つです。

楽しんで参加し、楽しみながら覚えていく。それが大事だと思います。

これからも、子どもたちの個性を大事にした支援ができるように、取り組んでいきたいと思います。

また、様子をお伝えしていきますね。

 コメントはありません 2017年9月27日 posted by 平井 文絵