「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら

ようこそ光陽へ!

人目です!





一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝30-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811


初心に戻ろう!!

まだ雪がチラつく日もあり、そろそろ暖かくなってほしいなぁ~と

呟きながらこたつにもぐり込んでいる、私です。。(笑)

さて・・本題へ

 

最近の私の口癖が・・タイトルにもなっている「初心に戻ろう!!」なんです

それは、GTトレーディングの島部社長が仕事前の朝礼で

もうすぐ一年を迎えるに当たって、この一年間で出来たことを振り返りながら

『一度、原点に戻ってみて落としていることはないか考えてみること。』

『出来ていることについては、自信を持って次へのつステップアップをすること!!』

とお話して下さったことがきっかけでした

 

私が、光陽福祉会にて研修を始めたのが去年の今頃です。

TGWで研修をさせて頂いた時、『驚き』の毎日で…

ある時には、お弁当が喉を通らなく「しっかり食べないと出来ないよ!!!」と

浅野局長や中島主任、笠原ジョブにも励まされたこともありました(笑)

最近、その時のメモを見る機会があり・・読み返すと

彼らとの関わり方や環境面であったりと、とても大切なことが書いてありました。

今の自分を振り返る中で・・メモに対して「確かにそうだ!!!」と納得することばかり。

あの時は、本当に自分がこんなことが出来るのか・・・という不安な気持ちでいっぱいでしたが

1年を迎えようとする中で、少しずつ出来ることが増えてきたのかな?と..

 

先日は、浅野局長に「当たり前になってはいけない」とお話を頂いたこともありました。

彼らと共に過ごす中で、流れが当たり前になってはいけないということ。

彼らは、成長もするし動きにも変化があります。そんな変化に、対応をして

ジョブ自身が目線を変えていかなけれはならないということ。

 

初心に戻るというのは、本当に大切なことだと実感する日々です。

まだ、職員としてまだまだ未熟で「初心に戻る」と話して良いのか分かりませんが・・・

彼らと共に過ごしていくからこそ、忘れてはいけないと思いました。

 

思ったら、すぐ行動開始一日一日の積み重ねが重要ですよね

私自身が感じたことを彼らにも感じてもらえるよう、言葉や動きでも伝えていきたいと思います

 

 コメントはありません 2013年2月18日 posted by 棚橋 千賀子


道は繋がっているから大丈夫

「道は繋がってるから大丈夫」とは

毎回必ずある場所で迷子になる自分に言い聞かせている言葉です

ある場所とは・・・

光陽から西にある黒野地区の事です

今朝も道に迷うかも・・・と思いながらも 懲りもせずに堂々と通ってみたみたのですが

案の上 迷子になってしまいました

方向的には通勤ルートにしても良いところなんですが

どうしても 何回通っても

今どこにいて どっちを向いているか分からなくなるんです(方向音痴ではないですよ)

 

わからん わからん・・・と思っても同時に行けるいけると思って

とにかく前進してしまうから 収拾つかなくなってしまうんでしょうね

それでも やっぱり道は繋がっているので

ふと抜け出して 知っている道にたどりつくことができるんですよね

 

そんな感じで今朝も出勤ギリギリの時間になってしまって反省です

そろそろ自分も学習しなくては・・・と思っています

 

道は繋がっているからたどりつける・・・(いい言葉です)

けれど そうやって自分は安易に構えて足を踏み入れてしまっているから

いつも同じような所で迷ってわからなくなってしまっているのではと

いまさらですが今日思いました

 

いつもいつも道に迷うのもなんか悔しい気がしてきたので

今度こそ覚える気で 周りを確かめながら通ってみようと思います

 

今度は時間に余裕のある時に

エリア克服を目指して 通ってみようと思います

 

ちょっとは頭を働かせなくては・・・ですね

あと 不審車と間違えられないように気をつけなくては・・・ですね

 

 

 

 

 コメントはありません 2013年2月16日 posted by 大島 由美子


光陽のバレンタイン

先日はバレンタインデーだったということで・・・

懇談で光陽にみえたお母さん方にチョコをいただきました

ありがとうございます!!

職員みんなで分けて食べさせて頂きました

本当においしかったーぺロりでした

 

そんなお母さん方に光陽に頂いたチョコ

一度手放さなくてはならない状況になってしまったんです

お母さん方は「みなさんで食べてください」と言って頂き、さあみんなで分けて食べよう!!としていたのですが。

会長は「バレンタインだから、自分にもらったもの」と言い、会長室へともっていかれてしまったんです・・・

 

確かにバレンタインは男の人へ渡すというイメージのある行事ですが、

今どきは友チョコというのだったり、男の人から女の人へ渡すということもあるようですよっ

 

実はこの日は会長は事務の西尾さんと「どっちが多くもらえるか。負けた方がご飯をおごる!!」という勝負をしていたようです

 

そんな2人をみて、「もらえるかな・・・」とわくわくドキドキしている青春時代をみているようで・・

でも、男の人にはいつまでもそんな気持ちはどこかにもっていてほしいなと思いますよね

 

 

勝利の結果がどうであれ・・・・・・笑

最終的には、お母さん方に頂いたチョコは職員の手元に戻ってきましたという

光陽のバレンタインデーでした

 

 

バレンタインに続き・・・昨日、つぼみに来てくれたS君。

つぼみにきて自分の準備をする中で一番始めに出てきたのは

学校の子からもらったチョコレートでした

うらやましい・・・と思うのか、他の子ども達がそのS君の周りを囲み

「チョコ!!」「チョコ!!」と嬉しそうにしている姿をみることが出来ました。

「誰からもらったのー?」と周りの子。

「○○さん・・・」とボソッというS君。

普段あまり周りの子と会話することがないS君ですが、

バレンタインがきっかけでそうやって少しの会話が出来ていました

ほんの少しでも大切な関わりですね

 

そんなバレンタインのつぼみのその日のおやつは、もちろんチョコレート

職員の日ごろの子ども達への思いを込めてハートのチョコレートにしてみました

いつも元気を、笑顔をありがとう ですね

 

 

 

 

 

 

 1コメント 2013年2月15日 posted by 佐藤 えりな


大きな変化☆

みなさん、こんにちは☆

久しぶりの更新になってしまい、申し訳ありませんでした

 

さて、いきなり私事の話になりますが…

ちょうど1ヵ月程前に名字が『高橋』になりました

 

たくさんの方々が「おめでとう」の言葉を下さり、嬉しさと恥ずかしさでいっぱいでした

 

まだまだ実感はなく自分のことを『山下ジョブ』と呼ぶ度に

移行の彼らからは「高橋ジョブですよー(笑)」と訂正されてしまう程

(私個人としては、この何気ないやりとりが好きだったりします)

 

ジョブとしても、社会人としても、奥さん(主婦)としても未熟者の私。 

まだまだ学ぶことがたくさんあります。

 

学ぶ気持ちを忘れず、周りの方々の助言に耳を傾けて、

前回のブログでも書かせて頂きましたが様々な力をつけていきたいです

 

今後とも宜しくお願いいたします(^^)

 

 1コメント 2013年2月15日 posted by 髙橋 久瑠実


大きくなったなー

もう2月か~と言いたくなるほど、年が明けてから月日が流れるのを

非常に早く感じてます(もうすぐバレンタイですね!!笑)

しかし、まだまだ寒い季節は続きそうで、先日は雪がパラパラと降り、

「まだ降るかっ!!」とそろそろ雪に飽きてきたころです

 

もう2月か~ということは・・・

小学6年生・中学3年生・高校3年生は卒業の時期まで後残りわずかですね

私の卒業式というと・・・小6も中3も高3も短大2年もすべてで大きく崩れるほど泣いたのを

思い出します。この時初めて「私って泣き虫なんだなー」と感じたところです

(気づくの遅いか・・・)

 

寂しい思いは非常にありましたが、

それと同時に次はどんな学校生活が待っているのだろう・・・

何をするのだろう・・・

「友達100人作るぞ!!」と毎回のように目標をたてたり・・・・

(童謡でもそんな内容ありましたよね

楽しみにしている気持ちも自然と生まれていました

 

今つぼみに通う小学校6年生のY君・M君・M君・Ⅰちゃん・K君・Nちゃん

中学校3年生のTちゃん・Mちゃん・T君

高校3年生のN君

初めての制服・新しい制服

初めて見る学校・初めて通る道・・・

そんな「初めて」・「新しい」を見て、感じて

「卒業」と感じるまでいかなくても

いつもと違う思いを抱いているのだろうなあーと思っています

中学生になるM君は「お兄さんになる!!」「中学生~♪」と

中学を楽しみにしているのが見ていてとても伝わってきます

わくわくしているのか、すこし緊張しているのか・・・どっちの表情なのだろう??

と思おう様子の時もありますが、どうあれ、中学生になる自覚が少しずつ持てているんですね

 

私服でいつもつぼみに来てくれた子ども達も

今後は(4月からは)いつもと違う制服姿で来てくれること

また、同じ制服だけど・・・・という子も学部が変わったり、学年が変わるだけできっと

「大きくなったな~もう高校生かー」「もう、4年生かー」「もう、2年生かー」と

感じられると思うと楽しみでしかたありません!!

みんなどんどん大きくなっていきますねっ

 

 

社会人になり、大きくなったなーとどんどん感じなくなっているのは気のせいでしょうか・・・・

3.4年前までは学生だったので「もう大学卒業かー私も大きくなった」と思っていた私ですが、

社会人になってからは学年というものがないためか、子ども達の成長ばかり見ているからなのか・・・

大きくなったなーと感じなくなってきていますね

大きくなる=大人になる  と少し考えてしまう私なので、

大きくなったが感じられない=大人になれていない    になってしまっているようです

 

まあ、でも子ども達の成長が見られるのが何よりの私の楽しみ

気にしないでいきたいと思います

 

 

 

 

 コメントはありません 2013年2月9日 posted by 佐藤 えりな