「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811


進捗状況 素人集団パート2(笑)

お知らせに書いてあった泣きそうだった水向です(笑)

決まれば決まるほど、不安が増していましたが
浅野局長に励ましていただきながら、
着々?と店舗作りが進んでいます

たくさん写真が添付されていましたが、
私も店舗の進捗状況を紹介したいと思います

前回、竹と苦戦している写真が載っていたと思いますが、
あの竹がなんと

これ


想像通りだった方もいるかと思いますが・・・

あの山に生えていた竹が・・・
と思うと感動の一瞬

作り上げるとは、この事を言うんですね(笑)
しみじみ感じています。

しかし
実は、しみじみ感じていたのは束の間
すぐに現実・・・

竹の組み立てが完了したら、
次は取り付け

浅野局長と西尾さんと竹を壁に取り付けたいけど、その方法は・・・・

段ボール?
打ち込む?
木の板?
コの字のねじ?

頭の中でぐるぐる・・・
イメージを膨らませて・・・

その結果、
コの字のねじで止めることにチャレンジ
代表して、私がホームセンターへ買い出しへ

分かっていたはず・・・
・・・はずなんです

しかし、
私がイメージしたものは見つからない。
っというか・・・
イメージしたもの自体違うもの
(見つかるはずがないですよね)
知識のなさに落ち込んでいる私なんです・・・

実際にやろうと試みようとしましたが、
建築士さんにアドバイスをいただき、
難しいことに気づき断念
イメージだけでは、打破できず・・・
さすが素人集団(笑)

壁にさすとビスが開く物を教えて頂き、

さっそくトライ
菊池会長に力を貸していただきながら、
見事取り付け完成

 

その頑張り風景をぜひご覧ください(笑)

        スーツ姿で試行錯誤を繰り返しながら取り付け下さりました

また店舗の進捗状況をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 コメントはありません 2012年11月20日 posted by 水向 美央


竹の子は竹から出来ているんです!!

先週の土曜日。

朝6時半に目ざましがなり、7時には家を出発!!

私の休みの日にしてはすごくすごく速い起床

おもーーーーーいだるーーーーい体を精いっぱい動かしながら

顔を洗って歯磨きをして、服を着替えて、日焼け止めを塗って・・・・

純白のドレスならぬ田舎のドレス(草色のジャージ・・・笑)に身を包み、集合場所へ

この日は就労の先生方と事務の先生と一緒に高富へ竹を切りに行ってきました

(きっと一緒に行った他のメンバーもブログに書くだろうなーと思いながら、今ブログを打っています

 

ガストに7時半に集合し、「8時には出発だからね!! 残り10分で出発だよ!!」と水向主事に言われながら、みんなあせあせ朝食を食べ、朝食後のコーヒーをククッ!!あちあちっ!!と飲み、竹林に向かいました笑 (朝からなんだこのジャージ軍団は……と思われたのではないのでしょうか。笑)

 

竹林についてすぐに「よし!!やるか!!」と一声あり、竹切りが開始。

竹取りというとかぐや姫が出てくるような斜めにきれいに切れた竹をすぐに思い浮かべてしまう私なので、もちろん最初の切り方はノコギリを斜めに差す切り方で………

 

でもやっぱり、無理に斜めに切ろうとしてノコギリを抜けなくさせてしまうのがオチで、

結局まっすぐ切る方法に切り替え、かぐや姫には出会うことができませんでした

 

「太い・立派・節目のきれいな竹」の3つのポイントを大切に竹を切ること 1時間半。

2~3メートルほどの竹が約30本程完成しました

 

全員が着てきた田舎のドレスは真っ白にペイントされ(竹の切り粉)、宝石(くっつき草)が装飾され……笑(そうであってほしいくらいの肉体労働でした

 

竹切りなんてなかなか田舎育ちでもない体験

誘ってくれた水向主事に感謝してます!!

そんな感謝をしている主事がその日に言った一言を最後の紹介して

今回のブログとお別れします

 

私:竹林だからもしかしたら出遅れの竹の子がいるかもしれないねー

主事:えっ?? うそ?? もしかして竹の子が大きくなると竹になるの!?

 

ということでした

主事…竹の子は竹になるんですよー!!

覚えておいてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コメントはありません 2012年11月15日 posted by 佐藤 えりな


初体験

竜川ジョブのブログにも書いてありましたが・・・
先日、竹伐りに行ってきました

 

竹伐りは初体験
(私が「竹狩りに行ってくる」と言ったら、
おじいちゃんから狩りとは言わん!!と言われてしまいました・・・(笑))

竹って・・・
背が高いんですね・・・
竹って・・・
太いんですね・・・

自分が思っていたより
自分がイメージしていたより
背が高くて、太かったんです

実際に自分でやることで感じ、学ぶんですよね。

 

実は・・・
まだ竹との葛藤は続いています
(かぐや姫探しは終了しましたが・・・(笑))

初めてのことばかりなので、

竹伐りから竹割、竹とぎ?の方法、
またナタやのこぎりの使い方が分からない・・・

 

浅野局長の竹さばき&軽トラさばきすごいんです
浅野局長から教えてもらいながら、
今学んでいます
(菊池会長から「不器用やな」と言われ・・・否定できず
私・・・不器用なんです)

そして、
皆の力を借りながら、
竹をさばいています(笑)

こうして、
みんなの力を借りると
多くの人の力の大きさを感じます。

また
やっぱり「協力」って良いですよね

引き続き、

竹との葛藤・・・
頑張りたいと思います

 

 

 コメントはありません 2012年11月14日 posted by 水向 美央


竹取物語

今は昔…Mさん・Sさん・Nさん・Yさんという者ありけり。

野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使いけり。

 

何故・・・・・・・いきなりこんなことを書いたかというと

先日、竹伐りに行ってきたからです(その理由は・・・乞うご期待!!!)

服装も汚れて良いように『ジャージ』を着てやる気満々

かぐや姫が出てくることを楽しみにして(笑)

栄養チャージをしてから出発

 

竹やぶに入った時、竹の大きさに驚きました

そして、5人のテンションが上がって活動開始

いざ、伐るとなった時出だしは好調だったのですが

しばらくすると刃が動かず苦戦・・・(笑)

何回も交代を繰り返し何とか伐ることが出来ました。

3m以上ある竹をどちらに倒すと良いのか

どの間で竹を伐ると良いのか考えながら二手に分かれて行い

こんな季節ですが、汗をかきながら行いました

 

何本も繰り返していくうちに知恵がつくんですよね

次は○○のようにしようと頭の中でも考えながら…

周囲の状況に合わせて自然に体が動き、掛け声を出しながら作業分担

皆の知恵が集まると作業もスムーズに進み、

2時間程で、20本の竹を伐ることが出来ました 

毎度のことですが・・・何事も経験ですね

彼らにも伝えていることですが、身に染みて感じました。

 

竹の行方については、少しずつ更新していきたいと思うので

楽しみにしていて下さいね

 

 

 

 コメントはありません 2012年11月13日 posted by 棚橋 千賀子


幸せなひととき

久しぶりにお風呂にお湯をためて湯船に浸かった昨日の夜。

お風呂にふたを置き、その上にはタオル・漫画・お茶(ワインだとおしゃれさアップでしたが…笑)

優雅に漫画を読みながら、気持ちをリラックスさせ、お風呂の時間を楽しみました

でも、お湯の量は浴槽の半分。手足がふにゃふにゃになり、寒い…と感じるまではイヤでも浸かる・・・。(決して半身浴ではありません)

これは節約上手なのでしょうか笑  それとも貧乏症なのでしょうか

お風呂からでた後は体の芯からぽかぽかではなく、体の芯からなんだか虚しさが溢れてくる毎回のお風呂タイムです

今度お風呂に浸かるときは芯からぽかぽかのタイミングで上がろう!!

そんな思いですが、もう少しだけ、もう少しだけ…というオチで終わる最近のお風呂タイムでした

 

話が変わりますが…

みなさん風邪はひいていませんか?

(私みたいに寒くなるまでお風呂に入っていると風邪をひくので気をつけてくださいね

 

先日、風邪をひいていた私。

「先生大丈夫?」と声をかけ、背中をさすってくれた子ども達。

なんにも言わなくても近くで座っていてくれる子ども達。

咳きこむ私にそっと「これでも…」と喉飴をくれたある先生。

 

そんなひとつひとつのことがすごく暖かく感じられ、

光陽福祉会って暖かい場所だなあ と嬉しく感じた出来事がありました

 

つぼみで過ごす子ども達の間の中でも

「大丈夫?」と仲間の少しの元気のなさを感じて寄り添う姿を何度もみかけます。

じっと見守るように元気のない子を見ている様子もありました。

 

つぼみはそんな優しさが溢れる場所なんですよね(時には厳しさもありますが…笑)

そんな場所で働ける私は幸せものだなーー

よし!!今日もがんばろっと!!

そんなことを思い、今パソコンの前でカチカチとしているところです

 

 

 

 

 

 

 コメントはありません 2012年11月9日 posted by 佐藤 えりな