「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら

ようこそ光陽へ!

人目です!



 
 お知らせmore>
 


一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝30-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811


就労体験(実習)

8月19日から始まったつぼみでの実習。

岐阜特別支援学校のま裏にある、坂口捺染様(さかぐちなっせん)で実習をさせていただいています。

坂口捺染様の主な作業はTシャツのプリントで、有名アニメのキャラクターものから地方の団体のプリントまで、たくさんの種類のプリントをしてみえます。

 

そんなプリント作業の下準備・清掃を今回の実習でさせていただいています。(下準備のことを会社では「生地出し」といっています。)

生地出しは段ボールに入ったTシャツを一枚ずつ袋から出し、向きを揃え・サイズを確認・10枚の束にする・箱に戻すといった内容が基本的な生地出しです。

しかし、内容もさまざまで①Tシャツ ②ドライTシャツ ③ポロシャツ ④ドライポロシャツ ⑤かばん  ⑥ズボン  ⑥ベビー服  ⑦子供服  ⑧ジャンバー ⑨エプロン・バンダナ 等々・・・・・の沢山の種類。

 

それぞれに①~⑨までの作業手順があり、生地によって作業手順が異なります。

また毎日、頼まれる作業量・種類は異なり、その日になってみないとわかりません。

 

 

そんな作業を当日にお願いされた内容をみて、手順の変更を彼らは必死に対応しているところです

 

しかし、正直作業をしている場は決して楽な環境ではありません。

作業場は屋根があり、風が通るものの炎天下の日は40度以上・・・・

さらに奥の作業場に行くと43度や44度が普通に温度計がさしていることもあります。

そんな中、汗をだらだらと滝のように流し、着ているTシャツがべたべたで絞れるほどになるまで・・・・。

必死になって働く彼らの姿は本当に感動ものです!!!!!!!!

 

あれもできた!! これもできた!! こんな事もできた!!

日々、実習を・作業を重ねるごとに彼ら自身でできることが増えて増えて・・・

「よし!!よし!!よし!!よし!!」喜びが日々大きくなっていることを

感じている子ども達と職員です(職員の方が喜んでいたりもする・・・・笑)

頑張った分、疲労感にも達成感!!にも満たされ、帰りの車では

「ゼーハーゼーハー」という時もあります笑 (頑張っている証拠ですけどね!!)

 

水分補給は十分に!!

お腹がすいていなくても少しは食べる!!

頑張りたい気持ちが強すぎてバテないように!!!!!

残り3日間、全員元気に終えられるように頑張ります

 

昼食の様子・・・・

 

作業内容、伝え中・・・・

 とっても真剣・・・・

一人で確認しながら頑張ってます。見えにくいですが、Tシャツはべっとりです

 

坂口専務も子ども達に熱心に教えてくださいますありがとうございます!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1コメント 2013年8月26日 posted by 佐藤 えりな


ジョブサポート光成 ~夏の陣~

はじめまして、お久しぶり、今夏より就労継続支援B型事業所「ジョブサポート光成」に異動となりました。西尾です。

光陽の事務室から飛び出し、現場の一員となった僕が過ごした、彼らとの夏をお知らせします。

B型としては先輩の彼ら、新たな制服に身を包み、熱い夏の始まりです・・・。

彼らとの仕事は何もかもが初めてで、見るもの、聞くもの、触るもの全てが勉強です。

真剣な眼差しに裏付けされた技術、その姿はプロそのもの!

今回はボーイスカウトの帽子の刺繍。最終的に100個を完成させました。

熱い中でも時にはクールダウン。差し入れのアイスをみんなでいただきました.

名物の光陽クール。彼らの手によって袋詰めされています。

残暑厳しい中、皆様の首元に一枚いかがですか?

 直射日光を浴びながら、汗をダラダラ流しながら送迎で使う車を洗車しました。ボディ、ホイール、車内を掃除して撥水加工もしました。

この土日で降った雨でその効果がわかるはず!!

今回最も頑張ったのが連続テレビ小説「あ○ちゃん」のTシャツ300枚のたたみです。

デイの子供たち、B型のメンバー、時には某福祉会の局長の力をお借りし、みんなの力を総動員して完成させました。

 激動の毎日でしたが、30度を超える猛暑が続く日々をみんなと乗り越えました。

来週にはB型での余暇支援があります。その様子も皆さんにご紹介したいと思います。

 コメントはありません 2013年8月26日 posted by 西尾 保洋


つぼみ祭り☆

先日、つぼみで毎年恒例の夏祭りが開催されました

今回の出店は「フランクフルト」「かき氷」「ヨーヨー釣り」「くじ」「駄菓子屋」の5店舗

午前中に全員で準備して、午後からオープン!!をしています

 

夏祭りということで、浴衣を着てくるT君や「はっぴを着たい!!」と何度も訴えるM君。

私はいつものつぼみTシャツで出勤をしてしまいましたが、

夏祭りといえば確かに浴衣やハッピは当たり前だなーと思うと

来年こそは浴衣やハッピも必要だなと感じました

ハッピを着たいといったM君には急遽カラーの袋でお手製ハッピを作りました背中には「祭」と書いて・・・・笑

 

さて、午前中には多目的の飾りづけ、ヨーヨーの水貼り、カップ作りをしています。

ただの紙コップに見本で書かれたフランクフルトの絵を見て

マッチングをして書きました 上記の写真は子ども達が書いたものです

まるでコピーをしたかのように、すべてのカップに上手に同じ絵を書いてくれてます。

その後、絵を書いた紙をカップの「真ん中にまっすぐ貼る」と取り組んでいます。

なかなか、真ん中に貼る・まっすぐに貼る・・・ということが難しいのかどうしても斜めになってしまうものもありましたが、それも良しですね

職員も「まっすぐ」を伝えるって難しいなあ~と感じることができた取り組みでした

 

 

看板ももちろん手作り!!

細かくちぎるピリピリグループと

一人でちぎって貼るもくもくグループと

ひたすら貼るぺたぺたグループに分かれて出店すべての看板を手作りしています。

ちなみにかき氷屋さんの看板が一番のお気に入りの私なので、写真はもちろんかき氷の看板です色鮮やかでいいですねー

 

会場の飾り付け

私のイメージでは「千と千尋の神隠し」の商店街!?をイメージしています

さて、これが何になるかわかりますか?

紙にひもが繋がれていて・・・

長く長く続いています。

ひもの先には景品がついていました

これは自分達でひもを選び、

ひもを目で追い・・・ひっぱり・・・目で追い・・・ひっぱり・・・と

追視をしていきながら、その先にはなにがあるのだろう

というワクワク感を大切にした出店になっています。

昔、こんなようなのがそういえばあったな~と思い出しますね

 

 

ヨーヨー釣りについてはこのタイプのひっかけが多いですが、

つぼみではもうひとパターン準備しておきました

上記のようなものは非常に難しく、私でも取れませんでした

なので・・・

S字フックでのヨーヨー釣りにチャレンジしました

S字フックはちぎれないので安心

あとはヨーヨーについている輪っかにひっかけるだけ

ほしい色があるけれど・・・・水の中だからどこに輪っかがあるのかわからず、

取ってはみたけど違う色だったといって戻してしまう子も中にはいました

 

浅野局長が子ども達のためにと選んで買ってきてくださった消しゴムくじ

くじを引いて、出た数字と同じ場所にある消しゴムが景品となります

 

食べ物から動物、乗り物とどれも取っても可愛く、

職員が「私はこれーーー」と選んでしまうほど・・・・。笑

 

 一番大人気はやはり・・・

食べ物のフランクフルトとかき氷でした

来年はもっと祭りらしい祭りを開催したいと思ってます

(職員も浴衣を着ようかな・・・・・・・・笑)

 

 コメントはありません 2013年8月24日 posted by 佐藤 えりな


忙しさの中でも

企業部門ジョブコーチの笠原です。

今、仕事量が多く日々の生産が毎日とても忙しい状況です。

今週は、2日間の残業

 暑さ 忙しさ、 疲れ …そんな中でも仕事は「確実に」の思いで頑張っています。
日々の生活、今までの経験、頑張ってきた思いと努力を常に忘れててない彼ら

本当にすごいです
夏期休暇後・・・その楽しみをバネに仕事には常に前向きで「やりきろう」と今週も必死でした。

残業に対する意欲もバッチリで仕事をやり抜いてくれました

 

楽しい休暇での思い出も彼らの仕事へのモチベーションにもなっているのでしょうね。

 楽しみは、これからの経験でもっと増えていくことと思います。

まだまだ知らない楽しみを知ることができる・・・

少し外に出ることで新しい世界が広がるかもしれませんね

彼らは、仕事量が少ない時も経験して、

今、仕事があることを幸せと感じれているようなっています。
Yさんの言葉「仕事があるって嬉しいですよね
今の幸せ・その幸せを嬉しさとして思えるって大切なことだと思います。
会社内で、 いろいろな人との出会い そこで学んだこと 尊敬できる人・信頼できる人

彼らにとって、そう思える存在が自分にいることだけで幸せなのだと感じてくれたら

と思っています。
そう思える相手の存在や、同じ思いで頑張れる仲間がいることへの感謝の気持ちを忘れず

一緒に日々の生活や仕事が忙しい時も乗りこえて、いろいろな経験・思いを重ねていきたい

と思います

 コメントはありません 2013年8月24日 posted by 笠原 恵美


宿泊研修

前回のブログに書かせて頂いた
宿泊研修の様子を報告したいと思います

8月10日
13時に集合しました!!
宿泊研修開始久しぶりに一期生と二期生が全員集合しました。
懐かしいーーー
と歓声が上がるほどでした(笑)
みんな楽しみにしていたのかな見ていてわくわくが伝わってくる程で、
ジョブもみんな顔がにやけてしまう程でした

宿泊研修って・・・
もちろん楽しみ事も大切
でも、
今回の目的はそれだけではありません
「研修」とあるように、
学びの一つにしてもらいたい。
その学びは、生きるために必要な力。

そこで、まず宿泊研修の目的を全員で確認しました。
「一人暮らしをするときに何をしないといけないか?」
その問いに対し、
「洗濯」
「掃除・整理整頓」
「料理」
「お金の管理」
等が次から次へと出てきました

しかし、
「できている人?」
と聞くと、
「・・・・・・
「出来ていません」
と言い、誰一人できていますという人がいませんでした。

そこで、
宿泊研修を行う中で、今から何をしないといけないのかを確認しながら
自分の力でやってみようということに決まり、パワー全開・やる気十分で始まりました(笑)
まずは、さっそく夜に向けて
夜ご飯の献立作成
一期生・二期生がペアとなり、
それぞれ担当ごとに分かれ、献立作成をしました。

何を作ろう・・・
どうやって作るの・・・
材料は何がいるの?
いくらかかるの?

たくさん考えることがあるため、
シーンと沈黙もあり
どうしよう・・・と迷いもあり、
これかなと意見もあり、
その繰り返しを行いながら、
献立が決定

次は買い出しへ
メモをとったのは良いけど・・・
どこにあるの?
そこからスタートです。

「いちごが欲しい」
しかし、果物コーナーを通り過ぎ、
野菜コーナーを通り過ぎ・・・
店内一周
あれあれ(笑)

しかし、ペアと相談もしながら、
決める姿がありました。

普段、私たちはだいたいどこにないが置いてあるか
を把握した上で買い物をしています。
それは、経験してきたからこそ自然に覚えた力。
彼らも一緒。
これからですよね。
自分で考えるからこそ身についていく。
経験するから力になり、次につながっていく。
日頃の生活は、積み重ねていくと大きな力になっていくと思っています。
最初はできなくて当たり前。
少しずつ少しずつ自分で生きる力を身につけていけたなと思っています。

その後は、
調理をし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんなでお腹いっぱい食べ

片づけも自分たちでしています。

 

 

 

 

 

 

会話を楽しみ、
余ったご飯で、
おにぎりを作り・・・
にぎにぎタイム

 

 

 

 

 

 順番にお風呂。
お風呂の後は、ちょっとしたデザート?すいかを食べ、

寝る準備。
そして就寝

そんな一日目でした。
また二日目については更新しますね(笑)

 

 

 コメントはありません 2013年8月22日 posted by 水向 美央