「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら


 
 


一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959


小学部 12月のカレンダー制作

 

こんにちは☀

 

 

 

先週実家に帰ったら、近所の気温表示計が『-1℃』と表示されていました❄

 

 

寒くなってきましたね~😅

 

 

さて、今回は小学部で行った『カレンダー制作』についてお知らせ致します✂

 

  

 

今回は来月の12月のカレンダー作りです。

 

 

12月といえばクリスマス、クリスマスといえばサンタクロースですね🎄

 

 

   

 

  

 

●線に沿ってきれいに紙を切ること

 

 

●手本を見て同じ位置に切った紙、綿を貼ること

 

 

この2点が今回の主なポイントです。

 

 

子どもたちの様子を見ながら、はさみ、スティック糊の使い方、手本と自分の作品を見比べ、確認することを伝えました。

 

   

 

『上手に出来たね!』

 

 

と話すと、少し照れくさそうにしている子どもたちでしたが、

 

 

「先生見て見て!」

 

 

と嬉しそうにに出来上がった作品を見せてくれました😁

 コメントはありません 2017年11月28日 posted by 板橋 偉史


よさこい演舞隊・光~絶好調!!

光陽副福祉会広報部長の中村です。

ドルフィン株式会社様との協業で始まった

 

よさこい演舞隊・光

土曜日の16時半~アリーナ岐阜のスタジオで練習を行っています。

講師はエイベックスでも振り付けをされた輝かしい経緯をお持ちの方々。

 

光陽福祉会からもサポーターとして毎回各部所の職員が交代で入ります。

 

先日は就労部門の中村ジョブがサポーターとして入りました。

戻ってきて開口1番!

 

「めちゃめちゃ楽しい。そりゃぁ、子供達頑張るわ。」

「就労の〇〇君も楽しい、面白いって毎回言っていたけど、ようやくわかったわ~」ってサポーターの任務は果たしたの???

っと心配になるぐらい嬉しそうに戻ってきました(笑)

 

年間行事の中で、発表の場もあり、気合十分。

 

 

4月には、第5光陽の祝賀会でも披露してもらう予定・・・

 

大舞台でも映えるように・・・

さらにメンバー追加募集を行います。

 

初回からすっとドウメンテックス特例子会社の中嶋さんが追ってくれ

 

素晴らしい映像化をしてくれました。

技術さることながら・・・講師の方のすばらしさ。

 

2か月あまりで、ここまで仕上げられた。子供たちが毎回楽しんでできるよう

 

声掛けは「アゲアゲ」

気分も「アゲアゲ」

ダンス力も「アゲアゲ」

もう一流ダンサーになったみたい(笑)

 

よさこい演舞隊・光

新曲にも挑戦し始めました。

今の曲も忘れてしまわないように、工夫を凝らし、2組に分かれて演舞の見せあい、保護者の方に発表したり・・・

 

全てにおいて素晴らしいしかないです。

 

我が子も、この演舞隊で舞わせたい~

我が子は出来ないかも・・・でもやらせてみたい・・・

そんな心配には、お試し体験があります。

光陽福祉会をよく知ってくれているドウメンテックスさんだからできる

お試しダンス・・・1回試してみてください。

 

鏡張りのダンスルーム

音楽ガンガン

英語と日本語が入り混じった躍動感のある一体感。

グ・ジョ~ブ♫

グ・ジョ~ブ〇〇~♫

絶対に経験することがない空間、感覚

 

我が子の可能性を研ぎ澄ませてみませんか?

 

よさこい演舞隊・光

部隊募集します!

 


 コメントはありません 2017年11月27日 posted by 中村 尚美


保護者の評価と第3者の評価の違い~保護者の意識の変革時!

光陽陽福祉会広報部長の中村です。

11月25日土曜日10時半~

第2光陽で中学部対象に「進路の考え方について」という内容で勉強会を行いました。

 

就労や第3光陽高等部対象で説明会や勉強会を行ってきましたが、第2光陽中学部対象は「初」でした。

中学部といえば・・・年齢的にも、「我」が強くなり難しい年ごろとなるのが通常です。

保護者の方々は、日々葛藤しながら子供たちを導いているのではないでしょうか?

 

さて、今回の勉強会を中学部対象で行った経緯は

「高等部に入ってからでは遅い」「今から意識の変革ををしてもらいたい」

からです。

たくさんの保護者の方々が熱心に話を聞いてくださいました。

 

 

皆さんが微妙なお顔をされたのが・・・

保護者の主張というところらへんでしょうか?(笑)

 

 

「〇〇君が苦手なので、バスを一緒にさせないでください。」

「〇〇さんが嫌な事ばかり言うと本人が言っています。部屋を分けてください」

 

確かに困りますよね。

 

一緒にいるのも気分が悪い。

私たち誰しも、「この世に生まれた」からには、「人間関係」はついて回ることで、避けて通れない。

早い段階から、その関係をうまく自分の中で処理する力をつける必要がありますよね。

それが、なぜか・・・避けることを熱望される保護者が多いのです。

これでは、

「自助力」が養われません・・・

 

我が子を守る守り方の変革を急務で行っていかないと、

社会的評価から遠ざかってしまうような気がしています。

 

 

あと・・・

 

保護者の方が一気に集中した内容は

 

「我が子の評価、成績を知る為に」

 

というところでした。

 

ここでお話しさせてもらったのは・・・7つの知る為のこと

 

例えば

 

「社会性」とは・・・どんな事をイメージしますか?

笑顔でいつもニコニコととしている

周りの人に細かな配慮が出来る

等々・・・だいたいそんな感じのイメージが「社会性」ですかね。

 

「社会性」とは、そもそもの力でいうと

「危機管理能力」

だと私は思うのです。

だって、

「社会性」をもった人に、攻撃する人はそんなにいないですよね?

苦手な人がいるから露骨に避ける・・・とかだと

相手の気持ちを余計逆なでして「自分に返ってくる」

だから・・・

 

社会性は「危機管理能力」だと思うのです。

 

まだまだ、進路は先の話だと思ってみえた保護者の方も

今からなら間に合う

 

そんな思いに変化してもらえたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 コメントはありません 2017年11月27日 posted by 中村 尚美


運動不足解消に紅葉狩りへ!

こんばんは!
本日は、就労部門の運動不足を解消するべく!!金華山登山に行ってきましたのでその様子をお伝えさせて頂きます(^-^)

朝8時頃・・・パラパラと降る雨に大丈夫かな?天気予報は雨じゃないのに!とソワソワしている職員(笑)
皆が送迎車で光陽に到着する頃には晴れ間も見え、ホッとしていました!

今回は、おかずだけ持ってきてもらい、おにぎりは皆で握りました🍙
ふりかけを全体に混ぜる為にはどうしたら良いのかな?と職員の見本を良く見ていざ、実践!
炊きたてホヤホヤのご飯の良い香りが漂ってきます😊

左手で動かないよう押さえて右手で混ぜる!しっかりと両手を使って取り組めていました(^^♪

おにぎりを握る際は、米粒が潰れないような力加減で握っていきます。掌で均一に力を入れ握りますが、
本日は朝倉カメラマンも来て下さっており、「かっこいい所を撮って貰おう」とすると、さらに力が入ります(笑)

美味しいおにぎりができたら登山に向かいました🚗
車中では、頂上まで行けるかな?という不安と綺麗な景色を見たい!という楽しみな気持ちが入り混じっているように感じました(^^)

今回は「七曲登山道」から登りました!


いきなり急斜面からのスタートで不安そうな表情の彼ら(と職員)
登っていくうちに増えていく階段や急な上り坂・・・
そんな中、すれ違う登山客の人に自分たちから「こんにちは😀」と挨拶ができる姿が見られました。これも日々、挨拶を意識しているからこその姿だと思いました☆また、仲間の一人から「〇〇君、大丈夫?」「あと〇〇mって書いてあるで、あと少しだよ」等と次から次へと励ましの言葉がでてきます!

今回、全員が頂上まで上がることができたのは仲間同士で励まし合い助け合う声が大きな力になったのではないかと私は思います(^-^)

頂上に到着したら待ちに待った昼食です🍙
レジャーシートを敷いて、「いただきまーーす!」
紅葉や景色も綺麗でしたが「花より団子」状態でした(^◇^)笑
おやつに買ったお菓子もペロリと食べて・・・!

下山は、足元をしっかりと見て無事に戻ってくることができました!
(下山の写真が無くてすみません😢)

本日は、より一層仲間や職員との絆が深まった一日でした。
この一日だけでなく、日々の仕事の場面でも「お願いします」「ありがとうございます」と声を掛け合い、より良い製品を生産していけるよう活かしていきましょう☆

 コメントはありません 2017年11月25日 posted by 古田 桃花


人との関わり

こんにちは、最近は朝晩だけではなく日中も寒くなってきましたね。

今回はふたばでのお友達同士の関わりや職員との関わりの様子を伝えていこうと思います。

人との関わりというのはこれから生きていく中では避けられない事だと感じています。ひとりで遊ぶのが好きな子供たちもいますが、人と関わることで一人一人が成長し、我慢を覚えたり、楽しさを共用できたりいいなと思っています。

療育のなかには調理実習があります。一人ではなくお友達と一緒に料理を作っていく活動です。お友達の中に入っていけれない時もありますが、少しずつ入っていき一緒に何かを作っていく楽しさ、順番を待つことを覚えていってもらいたいです。

そしてふたばでは、むっくりくまさんというおにごっこ遊びや、椅子取りゲーム、だるまさんがころんだ、シャボン玉あそびなどの小集団遊びも取り入れています。

療育の中だけではなく、自由あそびのときにもお友達と関わる姿が見られます。

時には自分の思いどおりにいかず泣いてしまったりする時もありますが、色んな経験することが今のふたばの子ども達には必要なことだと思います。私たち職員も子ども達から学ぶことも多く、日々勉強をさせてもらっています。子ども達のできることを増やし、楽しい日々を過ごしていけるように支援していきたいと思っています。

 コメントはありません 2017年11月25日 posted by 横山 万里子