「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811


初心

梅雨の時期が近づいてきましたね
また、洗濯物で悩むんだろうな……と
今からいや~~~な気持ちでいっぱいです

最近は、生乾きでも臭わない柔軟剤があるようで…
柔軟剤好きとしては思う存分に頼ってみたいと思っています
ささっとするだけでいいにおい最高ですね

みなさんは梅雨の時期をどう対応されるのですか?
また教えてください

話は変わって、今私は実習生を担当させていただいています。
2人の高校生若さを感じています(笑)

そんな実習を担当させていただけているということは、ジョブにとって
とてもありがたい機会なんです
ジョブの指導の方法で「初心」に戻ることができるんですよね!!

今、3年目を迎えたTGWで働く彼らは、初めてのことに対してもなんとなくで対応し
ジョブが伝えなくても理解して取り組めてしまうんですよね
彼らの3年間で得た力なんですよね

しかし、実習生は本当に本当にすべてが初めて
ジョブも1から10まで丁寧に伝えていく必要があります!!

そんなところから、「初心」を思い出すことが出来る
本当にいい機会をいただいたと思っています
ありがとうございます!!!!!!!!!

実習生とともに頑張ってきて、明日で1週間
彼らも本当に疲れていると思います。
なんとか明日を乗り越えて、よい休日を迎えてほしいと思います
明日も頑張ろうねっ!!

 コメントはありません 2012年6月14日 posted by 佐藤 えりな


苦しさの成長

先週、Fくんのお母さんと一緒にFくんの成長を喜び合いました?
とっても嬉しかった彼の成長?
お母さんも「嬉しい。すんごいこと!」と方言をいっぱいに伝えてくれた
彼らの成長を一緒に喜べる・・・
お母さんと、会社の方と、ジョブと・・・誰かと分かち合って一緒に「すごいね!」と言い合えるこの瞬間って本当にうれしくなりますよね

Fくん
彼は、優しさと責任感とに満ち溢れている
そのんためにいろいろなことを「できない自分が悪い」「どうして自分はこんな風なんだろう」・・・と自分自身で抱えてしまいがち
そうFくん自身がはっきりと言葉にしたわけではありませんが。
彼の言葉・行動から彼の自分への戒めの気持ちが見ていて伝わる。
彼は誰よりも早く、敏感に周りに気付くことができることが長所
仕事においても仲間関係においても、彼の本当に思っている気持ちとはすこしズレて伝わってしまうこともあります
そんな自分自身への葛藤の解消が難しいFくん
きっと男らしくて『弱みなんてみせない』九州男児のような私の勝手なイメージ(笑)

『辛さから逃げるのも大切。』
いつだったか、誰が言ってくれたか、覚えてませんが(笑)
私に教えてくれた人がいました
私もそう思う。
働く中で辛いことはいっぱいある。
私も彼ら一緒。きっとたくさん・・・ありますよね
いつもいつも全身で向き合ってあたら、疲れてしまう
たまには、自分を守るために一歩道を離れてみてもいい。
その辛さに向き合える力をたくさん持って戻ってこられれば大丈夫。
それの力がFくんが持てたら、楽になれるのに・・・そう感じていた私。

先週の火曜日
またまたFくん プレッシャーと、焦りと、もっとやりたい前向きさと責任と・・・
いろいろな気持ちが重なり、行き過ぎた行動・・・やってしまいました
ジョブの心の中には「あ~あ・・・
しかしその後のFくん
「少し話したいです」・・・と言い、ジョブに自分の苦しさを打ち明けてくれました
その後、すこしだけ、楽そうな表情をしていました

Fくん自身が人に話すという、一つの気持ちの逃がし方を知ったのかも
Fくんにとっては苦しい一日だったかもしれませんが、
苦しさの中で彼の成長が感じられた
すごいことですよね
きっとこれも自分を守る“自助力” Fくん頑張ったね
これからは彼らが頑張る中での“自助力”をつけていく
それも大事だと改めて感じました。

 コメントはありません 2012年6月10日 posted by 中島 由貴


認め合い

?今週一週間は、仲間との
「声かけ」・「挨拶」
を意識しながら仕事を行いました

朝礼時には、2人1組のペアになり、
「おはようごさいます
「今日も一日、宜しくお願いします
と挨拶をして作業室へ
もし、ペアの相手に人の挨拶の声が小さかったら、
相手を思いやり
挨拶が小さかったことを相手に伝え
もう一度、挨拶のやり直しをしました

2人ペアから始まった「挨拶」ですが、
作業室に入ると、ラインを越え20名全員が
声かけ・挨拶を意識してくれ
作業室は、他のラインの人にも声をかけ合う
活気に満ちた雰囲気に

どんなことに対しても、すぐ受け入れる気持ちがあり
「やったほうがいい」ことは、すぐに吸収して
できてしまう
自分達で、作業するための良い雰囲気を作ろうと
一人ひとりが頑張ろうとする気持ちが持てている
そして、自分の頑張りを、
会社の方、ジョブコーチだけではなく、
一緒に働く仲間にも伝えようとする気持ちって
すごく大切なことだと感じています
頑張る仲間に刺激され、
他の人も、更にモチベーションがアップ
2年間以上、大変な時も共にした仲間だから
なせる「業」ですよね

分かり合える仲間と一緒に
お互いに認め合いながら
TGWの社員であるという誇りを持ち
これからも頑張っていこうね

 コメントはありません 2012年6月8日 posted by 光陽福祉会事務局


衣替え

山下先生とは真逆の・・・(笑)
早い時期から半袖になった竜川です。
最近、きっと誰よりも「暑い」と言っているような気がします

ワークサポート光も衣替えを行いました
彼らが、ポロシャツになると雰囲気も爽やかになり
表情も引き締まったような気がします。

左腕には、自分で考えたデザインで名前を
自分たちで刺繍しました

自分たちが仕事をするために着る服に
自分たちで作ってみよう
という、島部社長からの温かい
ご支援により実行しました。

いつも仕事をさせて頂いている刺しゅう。
実際に使用している場面を見ることが出来ないので
自分で感じることが出来て幸せなことだなぁと思います

今日は、刺しゅうをしたポロシャツを着用した初日
嬉しそうな顔して
「僕が刺しゅうしたポロシャツです!」と見せてくれて、
お世話になっている企業さんでも、気づいて下さり
誇らしげに「自分で作りました」と話していていました

彼らの姿や、周りの方の微笑ましい表情を見ていて
沢山の方に支えられているなぁと実感・・・。
いつもありがとうございます。

仕事も活気が沸いてきている今
たくさんの方に感謝の気持ちを忘れず
彼らと頑張っていきたいと思います

これからどんどん暑い日が続きますが
頑張っていきましょうね

 コメントはありません 2012年6月5日 posted by 棚橋 千賀子


知ること。

近頃は、昼間の気温がグッと上がり
つぼみではエアコン(冷房)をつけないと
暑苦しくなってきました

そんな中、薄い長袖インナー+半袖Tシャツを着ている私

たま~に肌寒い日もあるので
寒さに敏感な私は、
その『肌寒さ』に怯え、インナーを脱げずにいます(笑)

さて、つぼみでは先月から新しいお友達が増えてきています
(女の子が少なかったつぼみですが女の子も増えつつあります)

新しいお友達が増えることで、
職員と子ども・職員と保護者・子ども同士の
1からの関係づくりが始まります。

関係を築いていく中で
相手のことを『知る』というのは
とっても大切なことだなぁと改めて感じています

まず、子どものことを知る時にはいくつかの『情報源』があります。

フェイスシートから知る
その子が何が好きで何を苦手とするのか事前に知ることができます

実際に接していく中で知る
遊びや療育を通して、能力や性格を知ることができます

保護者さんとの会話の中で知る
一番の情報源と言っても過言ではないほど重要ですが
保護者の方との関係づくりでも、とっても大切なことですよね

保護者さんが記入して下さるノートから知る
学校や家など日頃知ることの出来ない部分の子どもの様子を
知ることができます。

このようにたくさんの情報源がありますよね

その1つ1つの情報を大切にしながら
子どもや保護者さんとの関係を築いていきたいです

 コメントはありません 2012年6月3日 posted by 髙橋 久瑠実