「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811


早いですね

はじめに 卒業された(される)みなさんに・・・

ご卒業おめでとうございます

一年前卒業生だった子ども達の新たな旅立ちを

ついこの前 嬉しく思っていたように感じますが

あっという間に あれから一年が経ち

あの時はまだ先・・・と思っていた子ども達が今卒業を迎えています

一年ってあっという間ですね

月日が経つのが早くて

子ども達は このスピードに乗って

あっという間に大人になっていくんだろうなぁって実感しています

 

最近子ども達の過去の写真を見せてもらったのですが

一年前、数年前の子ども達の写真なのですが

たった一年前でもぜんぜん違うんですよね 幼さが

私がつぼみに来るより前から つぼみを利用している子達に至っては

「えー!!これ誰」と思うくらい自分が知っている本人よりも

まだまだ幼くてかわいらしい姿・・

(けっして今がそうでないって訳ではないですよ

いつものように顔を合わせていると気付きにくいけれど

こうやって見ると子どもの変化を大きく感じる事ができますね

そう思うと写真ってその当時の状況まで思い起こせるものだからすごいですよね

 

最近子ども達が持ち帰ってくる作品とかもそうですよね

嬉しそうに「見てみて」とかばんから写真や作品を取り出して見せてくれます

この一年で体験したこと 頑張った事を残してもらっていたことで

子ども達の中に記憶となって残り

自信と誇りのようなのもを抱かせてくれているように感じました

(すごく嬉しそうに得意そうに見せてくれるので)

 

 

写真(アルバム)や作品などを見ながら

子どもと一緒に思い出にふけってみるのも素敵ですね

とついつい勝手に素敵な家族像を思い浮かべてしまいました

 

今年度ももうすぐ終わります

子ども達の変化や成長を振り返りながら

心新たに 新年度に向かっていきたいなと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コメントはありません 2013年3月23日 posted by 大島 由美子


愛情に・・・

春・・・

昼間のポカポカ陽気が嬉しいと感じる季節

一方で花粉の季節

TGWの彼らの中にも花粉症で悩まされている人が多くいます。

作業の途中に「くしゃみ」や「鼻水」

集中も途切れると思いますが、ガスケットの加工のプロとして、

丁寧な作業を心がけ頑張ってくれています。

 

彼らの作業する姿を見ていて感じること・・・

任された仕事に喜びを持ち、常に前向きに取り組めている

そして、責任を持って終わらせようとする思い

彼らの「仕事」・「会社」への思いには『すごいもの』があります

彼らの頑張りを認め、支えていきたいと思っています

3年間・2年間・・・高校生だったころの実習を見てきて、

ずっと一緒にいた彼らへの思いは愛情へとなってきています

彼ら自身の成長を側で感じることができ、本当に幸せに思っています。。。

いつも、ありがとう

 コメントはありません 2013年3月17日 posted by 笠原 恵美


今日の気づき

 いつも出勤途中に目に入ってくる案山子

それはマネキンの案山子なのですが

先日風が強くてなのか? たまたまボロボロになってしまっていたのか?

衣替えだったのか   ・・・分からないのですが

ほとんど服は着ていない状態だった案山子(マネキン)

道を通った時に 「事件か」と振り返ってしまった程に

棒にもたれかかって気だるそうにリアルに立っている状態だったので

「早く服をちゃんと着させてあげて!!」

と心配していました

 

通勤中は余裕がないので 気になりつつもスルーして通っていましたが

今日は余裕があったのでどうなったかなって確認

 

今日見たら・・・ちゃんと服を着ていました

良かった よかった

今日の気付きはそんなところです

 

昨日の気付きは桜が咲いているのを見つけたことです

花は良く分からないけれどあれはきっと桜の木

おそらく早く咲く桜なんだと思って見ていました

やっぱり桜っていいですよね(桜じゃなかったら申し訳です

 

ささやかな事なのですが ちいさな変化でも 見つけると

なんだか得した気分になりますね

 

 

 

 コメントはありません 2013年3月16日 posted by 大島 由美子


送迎の時間

もお~いや!!!!

誰もがそう思う時期ではないですか?

光陽の事務所でも「もお~いや!!」という声が毎日のように飛び交っています

子ども達も目を真っ赤にして、くしゃみを何度もしてすごく辛そうにつぼみへ来るようすをみると

「わかるよ~わかる。その辛さ分かるよー」

そう思いながら今の時期をこども達と共に耐えている状況です

その原因は花粉ですよね。

更に今年は花粉にプラスして、PM2.5という汚染物質も流れてきているようで・・・・

本当にもう勘弁!!と言いたいですよね。(子ども達も言わないけれどもそう思っているはず・・・。)

もうひと頑張りなのでしょうか・・・

まだまだ続くよ。なのでしょうか・・・・・・

どちらにしても早く花粉の時期が終ってほしいと願うばかりです。

(終っても次の花粉がくるんですけどね)

 

話が変わって・・・・

先日、すごく久しぶりに送迎車に乗させていただきました

以前は何度かのさせて頂いていましたが、

最近はつぼみでお見送りさせていただくだけで・・・

バスで出発する子ども達を「さよーならー!!」と見届けることしかできていませんでした

しかし、先日乗ることができる時があり、確か・・・西コース??に乗せていただきました

その送迎の車の中は私自身がよくしゃべり、よくしゃべり・・・

子ども達に「シッ!!」とされてしまった先日の送迎。(あちゃちゃー

その中でも嬉しい一言を頂きました

送迎を利用されている子の保護者の方に

「先生、久しぶりだね~」「たまには送迎に乗ってきてね」

と言っていただけ、感謝感激な思いでいっぱいに・・・

そんな一言を頂けると思わず送迎に乗っていたので、すごく嬉しい一言でした

本当にありがとうございます!!

 

送迎車の中での話を少し・・・・・

 

帰りの送迎のバスの中は疲れて寝そうになっている子もいれば、

動く景色を楽しむ子がいたり、まだまだ会話が弾む子がいたり・・・

そんな送迎の中ですが、

子ども達ときちんと向き合うことができる大切な空間だなーと先日感じました。

 

つぼみだと、30人近い子ども達と6.7人の職員の空間で

集団での関わりとなりがちですが、送迎車は職員一人と、子ども達5.6人。

また、空間が狭い分、みんなの表情もよく見え、話も聞いてあげることができるんです

だからこそ、先日の送迎はよくしゃべり、よく笑い・・・

寝そうになっている子も巻き込んでみんなで話しを共感したい!!と思い必死な私・・・。

その結果が子どもからの「シッ!!」だったんですけどね

 

でも、本当に楽しい送迎でした(私だけ??笑)

是非また近々乗って、次はお母さん方ともお話をしたい!!と思っているところです

佐藤がたまーに送迎に行かせて頂きますので、その時は宜しくお願い致します

今のところの予定で行くと・・・次は3/26!! 楽しみです

 

 

 

 

 

 

 

 

 コメントはありません 2013年3月16日 posted by 佐藤 えりな


3月14日

今日は、3月14日

3月14日は、私にとってとても大切な日
(社用携帯を持たさせて頂いているのですが、
そのアドレスにも3.14と入れているのです)

3月14日
就労移行の4名が初めて来所した日なんです。

今日、1周年を迎えたのです!

1周年を迎えた彼らは、
どんな表情で来るのかなと見ていたら
何も変化なし(笑)
彼ららしい(笑)

去年の今日
私の心の中は
不安、不安、不安
緊張、緊張、緊張(笑)

たぶん彼らよりも緊張していたのかも

そんな初日を迎えていた彼らと私ですが、
早1周年・・・
懐かしい

色々あった1年。
彼らと一緒に楽しんだことも
喜んだことも
時には彼らと戦ったこともありましたが、
その時もあったから今がある。

 

彼らがきた3月14日
私にとって、新たなスタート。
就労部門のスタート。
彼らにとっても、保護者の方にとっても
新たなスタートだった。

スタートラインに立った彼らが
今中間のカーブに来ている・・・
(リレーを勝手にイメージして話していました。すみません(笑))
残り3分の2?
残り2分の1?

一番に寂しいなと思うけれども、
独り立ちへ
旅立ちのための準備を・・・

一緒に
残りの日を過ごしていきたい

無事に1周年を迎えられたのも、
本人達の努力はもちろんですが、
彼らを常に支えて下さった保護者の方
いつもありがとうございます。
(竜川ジョブのブログにも書いてありましたが、
私も保護者の方のブログのコメントを読み、なぜか涙が・・・
無意識すぎて自分がビックリ(笑)心から感謝しています)

また、会社の方々。
そして関係機関の方々にもお世話になりました。
ありがとうございました。

また新たなスタート!
新しく4名のメンバーも仲間入りしました
先輩となった彼らも更なる逞しい姿へと変化していくと思います。
そんな彼らの姿を密かに楽しみに、
明日から新たな1年を頑張りたいと思います。

 

 

 コメントはありません 2013年3月14日 posted by 水向 美央