「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811


夏休みももうすぐ・・・


「暑いっ!!! もう暑いっ!!」

私の家の部屋の温度計はそんな悲鳴を毎日のように言っています。

それも・・・・・夜に帰宅すると時計についている温度計がぴくぴくぴくぴくと左右に震えながら、

37度・38度を示してます

残念ながら佐藤家には寝室にしかエアコンがなく、今もサウナ状態

まさか、外での熱中症ではなく、部屋の中で熱中症になってしまうのではないかと思い、

毎日せっせと水分摂取を意識しているところです。

(いつも私の話から始まってしまいますね・・・・・)

 

でも、最近本当に体調が悪くなってしまう方がたくさんみえ、心配の毎日です。

熱中症対策としてつぼみでは、

おやつ時のお茶をいつもは2杯のところを、おやつ意外でも飲めるように4杯・5杯準備

首元を冷やせるように保冷剤・氷の準備多めに

また、表情・顔色・汗の量・体の暑さ・目の様子 等・・・・・・

つぼみに来てくれた時の様子を良くみていくことも忘れずにしていきたいと思います

 

もうすぐ夏休みにもなるということで・・・・夏の目標

「つぼみで誰ひとりとして倒れさせない!!怪我させない!!」

子ども達はもちろん・職員も・・・・

私自身は、暑さに負けず、体調万全で!! 暑さに負けず、毎日笑顔で!!

私自身は初の夏休み日課になるので、元気だけが取り柄で頑張っていきたいと思います

行事盛りだくさんの夏休み、子ども達よりも楽しむぞーーーーーーー

 

 

近々、もう一回ブログあげます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コメントはありません 2013年7月16日 posted by 佐藤 えりな


安全に


企業部門ジョブコーチの笠原です。

「0災で作業する」は彼らが入社当時から意識してきたことの一つです。

 会社内、作業中、での左右確認は目で見て、指差呼称し行ってきました。

手すりを持って階段をあがる、降りるもそうです。

 会社内を走らない、慌てないも安全の一つです。
安全であるから、仕事ができる。

安全・・・怪我がないように するとのが大切なんですよね。

 毎日、元気でみんなが揃って仕事ができること。
安全への意識は、会社内だけでいいのか? ですよね。

 通勤時の安全 まずは、慌てないように!

 自転車のスピードは出しすぎていないか?

大丈夫だろうと確認を怠っていないか?
スピードが出ていなかったら「コツン」とあたる程度のことも、

スピードが出ていたら、その程度ではすみませんよね。

 安全に走れるスピードで・・・

また、 時間に余裕を持って行動することも0災対策になると思います。

そして、 焦らずにの子持ちもですよね


私生活でも安全で毎日の生活が、

「いつも通りに過ごせるように

余裕を持ち怪我などのないよう過ごしていきましょうね。
どこか痛かったりしたら 笑顔でいられませんものね。

笑顔で楽しくでいられるように・・・。
安全でいこうね


また、暑くなってきました

熱中症にならないよう、「暑さ対策」

水分補給を心掛け元気にこの夏を乗りこえようね。

 コメントはありません 2013年7月14日 posted by 笠原 恵美


牛乳パック


暑い日が続きますね~夏が来ると熱中症や川での事故のニュースがよく聞かれます 私が今ハマっている漬物での塩分取りすぎは、あまりおススメ出来ませんが、程良い塩分と水分補給をしていきましょう。川での事故(交通事故もですが)気を付けていきましょう。

 

いつも、牛乳パックを寄付して頂きありがとうございます。今まで頂いた牛乳パックで足台を2つ作りました。療育中、椅子に座り足がブラブラとなり姿勢が不安定となり、足がしっかりつかないと…とのことから作らせていただきました。

子どもたちが、療育・友達との遊びの中で出来ることを増やしていってもらえるよう環境も、しっかり整えていけたらと思っています。牛乳パックまだまだ募集中です

 コメントはありません 2013年7月10日 posted by 石野 恵


夏に向けて


7月に入っても雨が続きましたね

雨の影響で少し涼しく過ごせましたが、ここにきて急に暑くなりましたね

これからはスイカや素麺など夏の食べ物が食べたくなりますよね

自分は最近、実家でスイカを食べてきました。これを食べると本格的に夏到来って気がします

夏も盛りに入ってくると、お中元の季節がやってきますね

日頃の感謝を込めてお世話になっている人達に贈る感謝の気持ちを乗せて

普段何気無く接していて気付かない事も多いですが、自分がいかに周りの人に支えられて生きているか・・・

皆さんも大切な人との関わりを是非大切にして下さいね

つぼみでは7月のイベントで七夕の短冊を飾りました

それぞれ願い事は違うとは思いますが、

それぞれの願いが叶うといいですよね

自分は『元気で明るく』自分の目標として書きました

皆が楽しく、仲良く過ごせるようにこれからも頑張っていきたいと思います

 コメントはありません 2013年7月10日 posted by 坪内 啓


伝えるとは・・


家族・友達・先生と様々な人と関わりを持って、日常を過ごしている私たち。

皆さんは、自分の気持ちをその場で上手く伝えることは出来ますか?

 

ワークサポート光の2期生と“伝える”という事について、話をしました。

「あの時・・言っておけばよかったなぁ。」

「そういえば・・あの時あんな事言ってしまったなぁ。」

と、自分の心の中で考えてしまうことはありませんか?

私もこのような経験があり、よく後悔をしてしまいます

その場で言わずにいると、時間が経てば経つほど気まずくなってしまう。

きっと相手も、モヤモヤしたまま日々を過ごしていく。

相互に、悪循環になってしまいますよね。

 

彼らによく話すことは「話さなければ、相手に伝わらない」ということ。

「心の中で思っていても、口に出して言葉に出さなければ伝わらない」ということ。

 

Y君は、色んな思いや言葉がぐるぐるするけれど・・

上手く言葉することが出来ない。上手く文章にすることがで出来ない。

と話してくれた時がありました。勿論、彼の気持ちもよく分かります

 

私は、彼に上手く文章にしなくて良い。

頭の中でぐるぐるしているその言葉を吐き出せば良いよと伝えました

 

“伝える”というのは確かに難しいかもしれません。

私も、上手に伝えるということは出来ていないと思います

様々“伝える”という方法がある中で、まず自分に出来る発信をしてほしいと感じました

 

黙っていたら、相手に伝わらない。

「声」「言葉」「表情」様々な姿から、私たちは読み取り伝え合う。

保護者の方も、子どもの何気ない発信を読み取っていますよね。

 彼らと過ごす中で、私たちも何気ない発信を感じています

 

就職を目指す彼らだからこそ、まずは「声に出す」「言葉に出す」ことと・・

言葉に詰まっても良い最後まで諦めずに自分の力で伝えることを目指しています

少しでも出来るようになったら、次の目標を立てていきたいと思っています

 

 

 コメントはありません 2013年7月9日 posted by 竜川 千賀子