「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811


お昼ご飯を買いにいったよ♪

こんにちは、今回は先週おこなった支払い訓練の様子をお伝えしますね。

まずは、ピアゴに行くときの注意事項や、どんなものを買ってくるのか、今回は買ってはいけないものの説明を聞きます。昼食を買うといった目的なので、ジュースやお菓子はやめておきましょうという話になりました。

手をつないでピアゴまで出発です。この日はとっても良い天気でお散歩日和でした。

グループごとに分かれて、昼食を買いに行きます。

何がいいかな?ピアゴですれ違うお友達に「何にした?」と声をかける姿も見られました。

支払いも何度か経験している子が多いのでスムーズにできました。

つぼみに着いたら早速自分たちで食事の準備をしていきました。てきぱきと準備ができる姿とってもかっこよかったです!

カップ麺の子ども達はお湯を入れる時には手にお湯がかからないように気をつけていきました。

ピアゴまで歩いていった為かお腹も空き、自分の好きなものを買ったこともあり残すことはほとんどありませんでした。

ご飯を食べた後には、少し時間があったので近くの公園まで出かけました。

桜も咲いていてとってもきれいでした。もうすっかり春ですね🌸

 

 

 

 

 

 コメントはありません 2018年3月29日 posted by 横山 万里子


職員研修~第1弾

光陽福祉会広報部長の中村です。

 

さて、平成30年度を先がけて・・・

 

職員研修第1弾を行いました。

 

今回の対象職員以外にも自ら勉強したいと参加した職員もいました!!

なんという真面目なんでしょうか(笑)

私も見習わないといけないです・・・

 

職員研修第1弾は

①個別支援計画の作成に仕方

②面談、懇談のスキルをつけよう

 

の内容で行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

真面目にどの職員も私の下手くそな話を一生懸命聞いてくれました。

 

①個別支援計画は、出来ない事、課題をピックアップするものではありません。

長所を見つけ、伸ばし、課題の軽減を図るためにどのような支援を行うか?

具体的に記載して提示をする。

 

どの職員も知っている

菊池会長の個別支援計画を考えてみました(笑)

 

良いところは・・・

愛嬌がある

物知り

威厳がある

等々いいところを出しました。

 

そして個別の支援内容は

 

プライドを傷つけることがない様、「なるほど」「すごい」など褒める言葉かけを多く使う。

伝えたいことについては具体的かつ簡潔に話すようにする。

 

さらに個別支援にかかる留意事項は

 

否定されたと感じると、怒りやすくなるので「はい、はい」等のうなづきや相槌はしっかりとわかるように行う。

 

にしました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが・・・光陽福祉会の職員は、菊池会長を熟知しています!

 

素晴らしい個別支援計画が出来ました。

 

②面談等の進め方については、座る位置等意味つけをして伝えました。

実際にシュミレーションをしてみてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

支援計画をどの職員でも作成できるノウハウを持つことは必須です。

 

 

 

 

 

 

 

職員がスキルアップをしていくことは大事な事なので

職員研修はきちんと行っていきます。

 

次回、第2弾は実践現場でのOJTを予定しています。

 

 

 コメントはありません 2018年3月29日 posted by 中村 尚美


地域活動支援センター 光陽

こんにちは。暖かな日差しに春の訪れを感じるようになりましたね。現場の寒さもだいぶやわらぎ、みんな休まず頑張ってくれているのでその様子をお伝えしていこうと思います。

いつもは冷凍野菜でしたが、今回初めての生野菜!人参の選別です。

選別するものは、変色、異物、そして大きさです。初めての野菜で戸惑いもありましたがわからない時は自分から確認し正確に選別することが出来ました。

          

そして、オムレツ並べ。この作業は実習の時も行ったので数の確認をした後は集中して取り組むことが出来ました。

袋に入ったオムレツをかごに並べます。1列25個×6列 並べ方も自分のやりやすい方法で行っていきました。適当にとって頭で数えながら並べる子、5個確認してから並べる子それぞれです。並べ方は自由にしましたが、1列並べ終わったら25個あるかの確認と、全部並べ終わったら6列の確認をすることを決まりとしました。

数え方も指で追っていくとどこまで数えたかわからなくなってしまうこともあるため、オムレツの向きを変えていくようにしました。

はじめは間違えて何度もやり直す子もいましたが繰り返すことで正確にできるようになりました。

               

一つの作業が終わると机の洗浄を行い次の作業に入ります。オムレツのように油が出るものは洗剤を使ってきれいに洗います。水で流す際も他の機械に水がかからないように気を付けながら行う必要があります。流した後は水切り、自分にかからないように体の位置や水切りを行う向きなど職員と確認しながら行いました。そしてホースの片付け、このホース本当に重くて巻くのが大変な作業ですが、最後までしっかり行ってくれました。

      

     

現場に入らないとその日の作業が分からないため、なかなかパターン化できず準備までは戸惑いから不安な顔を見せることが多いです。少しずつこの環境に慣れてもらいキーワードから作業の流れにつながるよう私たちも頑張りたいと思っているので見守りの方よろしくお願いいたします。

 コメントはありません 2018年3月26日 posted by 佐古 みちる


おにぎらず作ったよ♪

こんにちは、暖かくなって過ごしやすくなりましたが、朝晩の気温差があるために体調も崩しやすい時期だと思います。体調管理には気をつけていきたいですね。

さて今回は先週土曜日におこなった調理実習の様子をお伝えしていこうと思います。

まずは、職員から今日の流れの説明を受けます。おにぎらずは以前作ったことがあるので、作り方を覚えている子もいれば、初めて作る子もいましたが、みんなしっかりと説明を聞くことができました。

手をきれいに洗ってから早速調理実習の開始です!

おにぎらずの他に、今回はお味噌汁、いももちを作りました。

おにぎらずの作り方は、

①ラップの上にのりをのせる。

②のりの上にご飯をのせる。

③おにぎらずの具をのせていく。

④のりでご飯をつつむ。

ひとつひとつの作業を丁寧に取り組んでいくことができました。

ご飯の中にツナ缶を入れたりもしました。

いももちは、ジャガイモをしっかりとあらい皮をむいたら潰していきました。

潰したジャガイモの中にチーズを入れ、焼いたら出来上がりです。

自分たちで作ったご飯はやっぱり美味しいですよね。

今回はデザートもありテンションがあがりました😊

 

 

 コメントはありません 2018年3月24日 posted by 横山 万里子


今日は何を食べようかな~?

こんにちは(^^)/

今日は天気が良くて買い物日和でした。😊

今回は、小学部のお昼の買い物の様子をお伝えしていきます。

今回はコンビニにお買い物に行きました。

まずは、どこのコンビニに買い物に行くか、希望を確認しました。

 

今回は「ミニストップ」「セブンイレブン」「サークルK]の3か所から選びました。

行きたいコンビニに分かれて2チームに分かれて買い物に行きました。

 

 

 

外はあたたかくて気持ちが良い天気。🌞みんな気分も上がっていました。♪

つぼみに戻ると、早くお弁当を食べたくてソワソワ。

 

 

 

自分で選んだご飯を食べ、満足そうです。😄

コンビニに行ったことがない子、自分でお弁当を選んだことがない子もいました。自分で行きたい場所を選ぶ。食べたい物を選ぶ。つぼみの活動を通して、自分で選ぶ楽しみを知り、経験を増やしながら社会のルールを覚えていけるようにこれからも支援していきたいと思います。

また、様子をお伝えしていきますね。😊

 コメントはありません 2018年3月24日 posted by 平井 文絵