「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811


新記録


 こんにちは

12月に入り寒さが一層厳しくなってきましたね。

さて、今回は最近の光成の彼らの働きについてご紹介します

 

 

 

☝の写真ではそれぞれの工程を各担当が責任を持って行っています。自分の工程が終われば次の人へ「お願いします」受け取った人は「ありがとうございます

協力と連携が必要な一日となりました。そして、11月の最終日に光成は史上初めて一日40枚加工という大記録を達成しました。

おめでとう、そしてありがとう。感動して大興奮かと思いきや・・・「もうちょっといけたね。」なんて余裕を見せる彼らがいました。次は50枚を目指して頑張りましょう 😛

そして、クリスマスと一周年に向けて「くらふと屋」も準備中です。

みんなで清掃と模様替え☟

 

 

窓ガラスにはスノースプレーでサンタさんやツリーを描きます。彼らも初めての経験で四苦八苦

つぼみの受付のように綺麗にできたのでしょうか?

いよいよ冬本番がやってきますが、皆さん風邪など引かれないように気をつけましょう

 

 

 コメントはありません 2013年12月4日 posted by 西尾 保洋


最近といえば・・・


ご無沙汰しております
なかなかブログが更新できておらず・・・
すいませんでした

 

最近といえば・・・
岐阜特別支援学校や本巣特別支援学校の学園祭に
参加してきました
この時期になると多いですよね


率直の感想は・・・
新鮮でした
日頃つぼみの姿と学校での姿はやっぱり違っていたような(笑)
服装も違ったからかな


子どもたちがどこにいるかなぁ〜って
探しながらウロウロ・・・
そして、方向音痴な私は、迷子になりながらウロウロ・・・
時には、先生や出会うお母さん達にお伺いしながら、
やっとの思いで行きたい場所に到着することも
ある意味変質者?だったかも

 

学園祭では、発表を聞いたり、販売する様子を見たりしました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し照れながら、販売していた子や緊張Maxで発表していた子
目が合うと、手を振ってくれる子・・・
様々でした

新たな発見が出来たようで、胸がキュンキュン
やっぱり、知らない一面を知るっていうことは良いことですよね
何だか知らないことを知ると得した気分(笑)
また、こういう機会に是非参加していきたいと思います(*^_^*)

 

最近ニュースといえば・・・
就労移行支援に通っていたN君が
就職が決まり、12/2から働き始めました
また一人、卒業していく姿を見ながら、
嬉しさと寂しさと不安と入り混じり、
複雑な心境になっている私

 

「送りだす責任」が私たちにはあります。
責任って、よく聞くけれど
責任重大であり、心が折れそうになる時も実はあります。
比較ではないですが、
自分ではなかったら・・・
と思ったり、悩んだり・・・
ネガティブオーラ全開だったり

正直、辛いこと・悩むことばかり。
自分が何をやらなくてはならないのかが分からなくなる時もあります。
意味もなく涙が出る時も(笑)

 

でも、先日岐阜特別支援学校の説明会に参加させてもらった時に、
卒業生のM君のお母さんから
「先生たちがいたから」
というお言葉を頂きました。

その言葉を聞いた時に、
「よかったんだな」と感じることが出来ました。


今後も様々な事があると思うけれども
彼らとともに
彼らの笑顔で元気ももらいながら
頑張っていきたいと思います






 コメントはありません 2013年12月3日 posted by 水向 美央


おにぎり屋を目指して…


今、子ども達と職員で目指していること…

それは、「つぼみおにぎり屋さん 開店!!」 です

 

オープンは今のところ来年の春を予定していますが・・・・

開店準備の状況によっては前後する場合がありますので、ご了承ください・・・・笑笑

 

そんなことよりも・・・

おにぎり屋を開くとなると、どんな力・技術が必要なのだろう・・・

と考えるところから始まった今回の企画。

「第一におにぎりが作れないとお店オープンもなにもできないよね」と思った職員。

 

おにぎりひとつ握るにしても、

*おにぎりの形にできるかどうか(△でも俵でも○でも構いません)

*力加減は調節できるか(ぎゅっとやりすぎるとカチカチのおにぎりになってしまいますよね・・・)

*ラップを引き出し、破ることができるのか。

*そのラップでご飯をうまく包めるかどうか。

*または、包んであるラップをはがすことができるのかどうか・・・

そして、ご飯の炊き方、洗い方についても学ばなくてはいけません。

 

ひとつのことでも改めて考えるとすごくたくさんの力が必要なんですよね

私達がなにげなくやっていた動作が実は子ども達には難しかったり、

なんとなく・・・感覚でやっていたことをいざ伝えなくては・・・と思うとどんなことが感覚なのだろうと考えると・・・ん~~~~となり・・・

おにぎり作り!!お店やるぞ!!と簡単に考えていましたが、意外に難しい

試行錯誤ですね

 

とりあえず、おにぎり作りをする活動を本格的に療育の中に取り入れ、

おにぎりが作れるように療育玩具を開発しました

それはこれ!! ↓↓↓

粘土でできたおにぎり。名付けて「おにぎりさん」笑

これは赤・黄色・青の三色の色がついていて、今自分が持っているところは何色で

次は何色の面にかえれば、ひっくり返すことができるのか・・・を目に見えて分かるようにしてあります。

また、粘土なので硬く ぎゅっと握ってもつぶれません!!

まずはこれを使ってひたすら握り・・・握り・・・握り・・・

おにぎりを握る時はこうするんだよ!!と言葉で言っても頭ではなかなか覚えられません。

おにぎりを握る時の手の形を体で、手のひらで、指先で感じながら

体の動き・手の形で覚えていきます

 

 

 

右手はお山・・・

左手は伸ばして、はさむ!!!! そんな職員の一言とおにぎりの模型を使って

まずは感覚を覚えてもらえるように取り組みました。

 

握る練習をすること、数分・・・

その後すぐに本物のご飯を子ども達に渡して握ってもらうと

数分だけでも意外にも覚えているんですよね!!

なんとなく△に見えませんか????

始めはペッたんこのくちゃくちゃおにぎりがなんとなくでも

△の形をしているんです。

ここまで△に出来た子も中にはいました

 

たった数分でも、なんとなくでも

できるようになるもんだな~と目に見えて感じ、嬉しいですね

 

そして、取り組んでいく中で課題も出てきました

色つきおにぎり模型では握られるけど、いざ色がない真っ白なお米となると

どこがなんだか、どうしたらいいのか分からない。という状況があることが分かりました。

ここからが、また職員の頑張りどころ

色つきおにぎりから、色なしおにぎりを握られるようにするためには

何をすればいいのだろう・・・・

硬いおにぎりから、柔らかいものに変わると力の加減をどう覚えてもらえばいいのだろう。

 

これから、継続して取り組む中で毎日が試行錯誤!! 毎日がチャレンジで

春のおにぎり屋さんにむけて子ども達と頑張っていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 コメントはありません 2013年12月3日 posted by 佐藤 えりな


表現訓練Part5!!!!!


こんにちは

すっかり寒くなり、家のこたつを出そうか、まだ頑張ろうか悩んでる、笠松の板橋です。

 

さて、表現訓練で行われている3B体操も今回で5回目になりました。

  

先生の動きを真似する体操

 

ベルを車のハンドルに見立てる体操

 

輪っかを足から何回潜れるでしょう

 

 

ベルを飛び越えよう

 

ベルターを使っての縄跳び

 

運動があまり好きじゃない子も先生を見ながら頑張る姿を見られました

先生の指示を聞き、リズムに合わせて手を叩く、ジャンプや片足飛びなど、中には少し難しい動作も含まれていました。

しかし今回は「出来ないからやらない!」と言う子はおらず、みんなが色んな体操に取り組めていました

 

頑張る子供たちを見て、自分も出来ないことをそのままにしておかずに、何事も挑戦していこう、と感じました。

 

 コメントはありません 2013年11月28日 posted by 板橋 偉史


いつも笑顔で♪


企業部門ジョブコーチの笠原です。

 

TGWに入社した当初のG君・・・

ジョブコーチの心配は?!というと、月曜日にG君が元気に出社してくれるか??でした。

朝、G君の顔を見ると来てくれたと「ほっ」としたのを思い出します。

特に月曜は、何だか気持ちが乗らず一日どんよりとした雰囲気を漂わせるG君を何とか笑顔になってもらおうと悪戦苦闘したことを懐かしく感じます

家は出たとのことだったが、会社にG君が出勤しなかった日

携帯電話も通じなく、駅まで探しに行ったこともありました。

そんなG君も、ジョブコーチが声かけしなくても笑顔をキープして、毎日の仕事を頑張ってくれています。

4年間での成長・・・すごいです

今では、反対にG君の笑顔から元気(パワー)をもらっているくらいです。

 

4年間で、皆がそれぞれに成長をしていることを感じる、今日このごろです。

彼らの頑張りが、言葉だけでは伝えきらないほどの「カタチ」になっています・・・。

彼らが、努力してきた証拠です

彼ら一人一人の頑張りを「ありがとう」の言葉と共にしっかりと認めてあげたいと思っています

いつもありがとう・・・

 

 

 コメントはありません 2013年11月23日 posted by 笠原 恵美