「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら


 
 お知らせmore>
 


一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959


竹取物語

今は昔…Mさん・Sさん・Nさん・Yさんという者ありけり。

野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使いけり。

 

何故・・・・・・・いきなりこんなことを書いたかというと

先日、竹伐りに行ってきたからです(その理由は・・・乞うご期待!!!)

服装も汚れて良いように『ジャージ』を着てやる気満々

かぐや姫が出てくることを楽しみにして(笑)

栄養チャージをしてから出発

 

竹やぶに入った時、竹の大きさに驚きました

そして、5人のテンションが上がって活動開始

いざ、伐るとなった時出だしは好調だったのですが

しばらくすると刃が動かず苦戦・・・(笑)

何回も交代を繰り返し何とか伐ることが出来ました。

3m以上ある竹をどちらに倒すと良いのか

どの間で竹を伐ると良いのか考えながら二手に分かれて行い

こんな季節ですが、汗をかきながら行いました

 

何本も繰り返していくうちに知恵がつくんですよね

次は○○のようにしようと頭の中でも考えながら…

周囲の状況に合わせて自然に体が動き、掛け声を出しながら作業分担

皆の知恵が集まると作業もスムーズに進み、

2時間程で、20本の竹を伐ることが出来ました 

毎度のことですが・・・何事も経験ですね

彼らにも伝えていることですが、身に染みて感じました。

 

竹の行方については、少しずつ更新していきたいと思うので

楽しみにしていて下さいね

 

 

 

 コメントはありません 2012年11月13日 posted by 竜川 千賀子


幸せなひととき


久しぶりにお風呂にお湯をためて湯船に浸かった昨日の夜。

お風呂にふたを置き、その上にはタオル・漫画・お茶(ワインだとおしゃれさアップでしたが…笑)

優雅に漫画を読みながら、気持ちをリラックスさせ、お風呂の時間を楽しみました

でも、お湯の量は浴槽の半分。手足がふにゃふにゃになり、寒い…と感じるまではイヤでも浸かる・・・。(決して半身浴ではありません)

これは節約上手なのでしょうか笑  それとも貧乏症なのでしょうか

お風呂からでた後は体の芯からぽかぽかではなく、体の芯からなんだか虚しさが溢れてくる毎回のお風呂タイムです

今度お風呂に浸かるときは芯からぽかぽかのタイミングで上がろう!!

そんな思いですが、もう少しだけ、もう少しだけ…というオチで終わる最近のお風呂タイムでした

 

話が変わりますが…

みなさん風邪はひいていませんか?

(私みたいに寒くなるまでお風呂に入っていると風邪をひくので気をつけてくださいね

 

先日、風邪をひいていた私。

「先生大丈夫?」と声をかけ、背中をさすってくれた子ども達。

なんにも言わなくても近くで座っていてくれる子ども達。

咳きこむ私にそっと「これでも…」と喉飴をくれたある先生。

 

そんなひとつひとつのことがすごく暖かく感じられ、

光陽福祉会って暖かい場所だなあ と嬉しく感じた出来事がありました

 

つぼみで過ごす子ども達の間の中でも

「大丈夫?」と仲間の少しの元気のなさを感じて寄り添う姿を何度もみかけます。

じっと見守るように元気のない子を見ている様子もありました。

 

つぼみはそんな優しさが溢れる場所なんですよね(時には厳しさもありますが…笑)

そんな場所で働ける私は幸せものだなーー

よし!!今日もがんばろっと!!

そんなことを思い、今パソコンの前でカチカチとしているところです

 

 

 

 

 

 

 コメントはありません 2012年11月9日 posted by 佐藤 えりな


体が・・・


体が・・・気温の変化についていきません

 

先週から急に寒さを感じるようになり

私の苦手な冬が近づいてきている気配を急激に感じるようになりました

冬は寒くて動けなくなるので苦手です

トイレも行けなくなるし 布団からも出れなくなる

アパートに帰った時のあまりにもの寒さには耐えがたいものを感じます

まだそこまで寒いわけではないけれど 半月前までは半そででよかったのに

急に 上着が手放せなくなりました

 

そんな寒さのせいなのか

寝るつもりはなかったのに

ちょっと温まろう ちょっと休憩しようと

ほんの少しベットに横になっただけのつもりが

悲しくも朝をむかえてしまった この二日間

電気もつけっぱなしで

目の疲れも取れないし 電気代もかかるしで ショックです

今日こそはちゃんと寝る気で布団に入って 電気を消して

寝ようと思っています

 

何度も言ってしまいますが

体力勝負のこの仕事 自己管理をしっかりしていかなくては・・・ですね

 

あっ そういえばなのですが月曜日は天気が思わしくなかったので

小中学部の子ども達と楽しみにしていた公園へのお出かけができなくて

残念でした

来週も出かける時があるので 今度こそ天気に恵まれて楽しんできたいと思います

少しでもあったかい内に思い切り遊んでおかなくてはと思います

(子ども達は寒くても思い切り遊べるかもですが 私は・・・無理かも

 13日の火曜日が暖かい日となりますよーに

 

 コメントはありません 2012年11月8日 posted by 大島 由美子


苦手な事にも挑戦!!


一気に寒くなり、
店はもうクリスマスシーズン
「ジングルベルジングルベル・・・」「真っ赤のお鼻のトナカイさんが・・・」と
クリスマスの音が・・・
何だかわくわくしませんか?

しかし私にとっては、まだクリスマスシーズンではなく
まずは紅葉の秋を楽しんでからでないと始まらないんです

今週あたりにでも、紅葉を楽しみたいと思います

 

今感じていること。
それは、「苦手のことに挑戦する気持ち」

彼らには、よく伝えている言葉であり、
常に持ち続けてほしい気持ちでもあります。

「苦手な事」
自分で壁を作ってしまいますよね
苦手な事・・・と思うだけで、
気持ちが落ちてしまう

彼らに伝えているにも関わらず、

私自身はどうなのだろう・・・
とフッと思い返すと、
苦手な事に対して、
引き気味になってしまう。

彼らと一緒。
壁を作ってしまうんです

いけないことだと思っていても・・・(笑)

 

フッと振り返ることができたため、
彼らに伝えている分、
私自身も一緒に乗り越えられるよう頑張っていきたいと思います
(時間はかかるとは思いますが・・・・(笑))

 

みんなで

「苦手な事にも挑戦する気持ち


を少しでもプラスに変えられるようにしていきましょうね

 

 

 

 

 コメントはありません 2012年11月6日 posted by 水向 美央


継続は力なり


水向主事のブログにも書いてありましたが

就労部門の口癖…(笑)『あっという間に』11月になりましたね

実習生も無事実習が終わり、色んな経験から学び成長をしたような気がします。

ご家族からのコメントにも「変わった」「成長をした」というコメントを頂き、

ジョブも嬉しく思っています。学校でも、続けてほしいですね。

Kくん・Nくん・Aくん、学校の勉強も頑張ってね

 

さて、ワークサポート光では金曜日に、仕事が終わってから勉強会が開かれ

朝から、緊張した様子で何をするのかとソワソワした様子でした(笑)

 

彼らは、2年という期間という中で就職する為の訓練を行っています。

入所してから、7ヶ月が経過し『就職』ということも少しずつ

考えなくてはならない時期にもなってきたのです

その『就職』の為の勉強会・・第1回目は「自身を知る・考える」という内容でした。

今の自分を振り返り、自分自身を知る。将来の自分を描きながら、自分自身を考える。

簡単なようで難しい・・・頭を考えながらも一生懸命考えて自分と向き合っていました。

二年後、三年後にどんな自分になりたいですか?という質問に

『しっかりとした自分』『周りから愛されるような自分』等と回答する人も。

こうなりたい!!!という思いがしっかり持てていることは大切なことですよね。

今回の勉強会で新たな一面が見ることが出来、

3月の頃の彼らの姿を思い出すと…心の成長も感じることが出来ました。

 

彼らの勉強会は、これからも続きます

就職する為の勉強。仕事をしながらの勉強は大変だけれど

積み重ねが大切!!!

胸を張って、就職出来るように今から頑張りましょうね

何事も…継続は力なり!!!(^O^)/

 

 

 コメントはありません 2012年11月5日 posted by 竜川 千賀子