「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811


成人を祝う会~KFK光陽福祉会後援会主催

2月3日(日)11時半~

グランベール岐山にて

KFK光陽福祉会後援会主催で

成人を祝う会&新年会に出席させていただきました(*^^)v

ご成人を迎えられたみんな、保護者の皆様おめでとうございます(^_-)-☆

 

普段見る姿は制服

月1回の余暇支援で私服

今日はどの子もスーツにドレス、振袖姿

 

うわ~~~~~~~~~

カッコいい

綺麗、可愛い・・・・(職員は親ばか以上かも…失礼(笑))

 

どの子もニコニコで嬉しそう。

素敵な時間を共に過ごさせていただきました。

美味しいお食事にも舌鼓

後援会の皆様、素敵なお時間ありがとうございました。

 コメントはありません 2019年2月4日 posted by 光陽福祉会事務局


のび~るのび~る

こんにちは。もう2月ですね。2月は梅の時期。梅の開花から始まり、春が近づくと、綺麗なお花がたくさん!!気持ちも清々しくなりますね😆💫

 

さて本日は、1月26日土曜日、第一・第二光陽・笠松事業所合同のお餅つきの様子をお伝えさせて頂きます✨✨

 

この交流会の目的は、本部と笠松事業所の交流を深めることです🙌また他にも昔ながらの季節行事として季節感を味わうこと・餅をつくことで腕の力の入れ方の向上や身体の使い方を学ぶ事も目的の中に含まれています😆💫

 

 

活動前に自己紹介✨

友達の自己紹介を聞きながら「僕もそのゲーム好き!」「僕の行きたい学校通っているんだ!」等と笑顔で友達に伝える姿がありました💫

また、自己紹介の際、言葉に詰まってしまった友達には、高校生のお兄さんお姉さんがすぐに「名前は?〇〇〇〇だよ。学年は?〇〇だよ」等と優しく声かけをしてあげる姿がありました。😌😌またその様子を見て、別の友達も、同じように周りを気遣うことがありました🙂✨

 

 

お餅つき・・

皆で「よいしょっ!よいしょっ!」とかけ声をかけながらお餅つき開始です。

年々、杵と臼を使ってお餅をつく機会も少なくなっていると思います😔

子供たちにとっても、あまり経験をしたことがない事だからこそ、ちょっぴりドキドキしたり、ワクワクした時間だったと思います✨

 

お餅をつく際は、杵にお餅がどこまでもついてくることに苦笑いをする子😆や、周りの声援を受け膝をしっかり曲げて餅をつくことが出来た子🙌

初めて杵を持った子は職員と一緒にお餅つきに挑戦!

しっかりお餅の方を見てトントンとお餅をつくことが出来ました🙂✨

 

 

 

つきたてのお餅😀🍽

 

お餅が苦手だった子も、自分でついたお餅を完食することが出来ました!

お米感を残し、初お餅に挑戦した子も!! 皆最後はにこ~っと笑顔。

その笑顔に私たちも嬉しくなっちゃいます(#^.^#)

 

 

自由時間

UNOはどこに行っても大人気でした。

やり方がわからない子に、「黄色出せばいいよ」と声かけをしてあげる子も😁✨

 

年下の友達に動物の絵を描いてあげるお兄さんたち+*。

 

最後は笑顔でお別れです🙌✨

一人一人友達のところまで行き、お礼を言いに行く子もいました(*’▽’)✨💫

そしてその子の真似をして、他の子もお礼をする姿が😌😌

 

 

次回の交流会は、3月30日のいちご狩りです。

また子供たちの様子をお伝えさせて頂きますね。

 

 

 

 

 コメントはありません 2019年2月2日 posted by 山下唯


餅つき!!第2光陽編

先週土曜日に行われた餅つきの様子をお伝えします😀

 

開催当日の天気予報は曇り時々雪…。❄

最高気温は7℃👀だったので無事行えるかな?と心配になりましたが本降りにならず、屋外で行えました

 

最初、もち米だったのがだんだんと…

お餅になっていきます!

このあと2人1組でタイミングを合わせて突いていきました。

交互に動かすのは意外と大変ですよね🤔

「相手の動きを見ながら自分の杵を動かすタイミングを計らないといけない、杵も持った経験が少ないのでどう扱ったらいいのか分からない」

餅つき初年度は杵を同じ時に振り下ろしてぶつかって欠けてしまって木くず入り餅が完成…😅というのも良い思い出です。

今年はもう皆ベテランの域😀

 

つきたてのお餅はきな粉、あんこで頂きました。

 

頑張った後の皆、良い表情をしています😆

 

 

2年程前になりますが、会報誌の「ひかり」にて光陽がなぜ季節行事を大切にしていくのか、昨今、餅つきはリスク管理の観点から実施しない事業所もある中で毎年行うのはなぜか?と会長に問われた時に印象に残ったことを掲載させて頂きました。

「職員が子どもたちと話す時に、思い出について話すことがあるか?最初から選択肢に入れていないことがあるんじゃないか?社会との関わりがどうしても薄くなってしまう子どもたちに、皆で何かをする経験、その時ならではのことをすることで思い出をつくってほしい」

 

3月にも光陽が勝手に季節行事にしている(笑)親子旅行があります!

申し込みの期限は1月末となっていますが、追加でのご希望は随時受付中です!

 

 

 

 

 

 コメントはありません 2019年2月2日 posted by 松本 馨


陶芸教室での姿~新たな気付き~

陶芸教室が始まり、何回か土に触れてきた子どもたち😆

「とうげいってなに・・・?」から始まったスタートでした。

少しずつ形を変えて、子どもたちにとってどうしていくといいのか?を先生と相談しながら、進めています🤗

今回は、手だけではなく、身体の部位に土を当てる事に挑戦!
職員が少しお手伝いをしながらしながら、ガーゼやタオルを使って伸ばした土を膝に置いていきます💪
ギュウギュウと丸い形にするまではおっけい!
実はその後・・・皆共通して難しい壁に直面。。。
作った作品を“置いておく”ことが難しいんです😂
陶芸と言っても、土を触るだけではありません。
土を触り、作品を作るという前後には腕まくりをする、指先・手のひらを使う、土をもらう・受け取る、作品を崩さないように持ち上げる、手を洗う、等・・・🙌
その1つが先ほどの“置いておくこと”なのです。
子どもたちの日常生活の中で、物を渡す・受け取る、または物と交換する事の経験があるお子さんは多くいると思います。
しかし、そのまま置いておくことの経験って少ないんですよね😅
その為、今回は作品のお皿の形ができたら、職員が貰うのと同時に次の土を手渡すようにします。
そうすることで冷静に話が聞けるようになりました😊
1つの療育、毎日の中で、「あっ!これってこうなんだな~」と新たな気付きがあるものなんです😁
そこから改めて、毎日の療育や、職員の関わり方を考えていく事が出来ます(*^^*)
物を置いておく・・・子どもたちの姿から学ばせてもらいました😁
これが出来るようになるには、どうしたらいいのか😫1つずつ試行錯誤しながら、あと何回か陶芸を重ねたときに「〇〇くん、作品を置いておけるようになった!」の成長に繋げていけるように新たな挑戦?!です🤗💓
 コメントはありません 2019年2月1日 posted by 中島 由貴


地域活動支援センター光陽

こんにちは。地域活動支援センター光陽の板橋です。

 

今回は新しく地活に仲間入りしたKさんと地活の仲間たちの様子をお伝えします。

 

 

 

Kさんが地活に入ってから早くも1ヶ月が過ぎようとしています。

 

漬物のはさみ入れ、惣菜の袋出し、コンテナのシートかけ・・・。

 

様々な作業があり、一日やっただけで覚えられる物ではありません。

 

毎日毎日、少しずつ経験を積んでいます。

 

 

 

漬物の作業ははさみ入れ、袋出し、水切りとチーム作業になります。

 

袋にはさみを入れた後、袋出しの人が袋を取りやすいよう近くに置いていきます。

 

 

コンテナのシートかけも毎日行う作業です。シートのかけ方を説明した後、

 

先輩利用者さんがどんな動きで作業に取り組んでいるのかを

 

参考にしつつ、コンテナのシートかけに挑戦しています。

 

 

この日のオムレツは10×10の100個ずつ並べました。

 

過不足がないよう、数に気を付けて並べていきます。

 

 

 

うずら豆の袋出しにもチャレンジです。

 

一緒に袋出しをする先輩利用者さんから、「袋を押すと出しやすいですよ。」とアドバイスが。

 

実際に何度も袋出しを経験している利用者さんだから言えるアドバイスに職員も助かります。

 

 

これからもどんどん色んな作業にチャレンジしていきたいですね。

 

 

 

全国的にインフルエンザが流行しております。地活内で流行ってはいませんが、

 

いつ誰が罹るか分かりません。日頃から手洗いうがいを徹底し、

 

元気に毎日を過ごしたいですね。地活も元気に頑張ります!

 コメントはありません 2019年2月1日 posted by 板橋暁良