「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら

ようこそ光陽へ!

人目です!





一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝30-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811


トイレに行く時には・・・

第2光陽、初めてのチャレンジが始まりました☺

それはトイレのスリッパ!!!!

現在、就労部門ではトイレにスリッパが用意されていて、履く事・揃える事に慣れてない方が多かった事、第2でスリッパを取り入れてみたらどう?と中村副会長よりアドバイスを頂き、さっそく購入☺!!

まずは、ん?なんだこれ?と気づく方が少なかった・・・

そうなんです。だから、履く事や揃える事の前段階!

まずはあれ?何かある!と気づく事、スリッパがあるという事を意識する事から始めて行く事が必要ですよね🙂

将来的にスリッパを使い、揃える事が出来るようになるために、今から第2で行っていくと言うことなんです!!

スリッパを履いた状態で歩くってなかなか難しい😅

揃える事を、一つずつ一緒に行っています😄

何か新しい事を習慣にしていく事は、時間をかけながら確実に毎日行う事が必要です。

今は夏休み日課!ありがたい事にトイレに行く機会も多い🤗

チャンスです!!

5年後、10年後の将来に「さすが!スリッパを揃えれられるね!」とどこに行っても言ってもらえるように、今から頑張っていきたいと思います😆

 コメントはありません 2020年8月7日 posted by 川島由貴


おいしいパンを作ろう!

雨ばかり降っていた7月が終わり、暑い夏がやってきましたね!😎

就労支援センター光陽では、7月から生活介護のプログラムを作業・地域清掃・運動プログラム・リフレッシュタイムの4つから内容や数を増やして日替わりで取り組んでいます

いくつかあるプログラムの中から、今回はパン作りをした時の様子をお伝えしますね

来所して開口一番に「今日はパン作り?何作りますか??」と聞いてみたり、連絡ノートには保護者の方から「昨日エプロンを買ってきました。とっても楽しみにしています!」と嬉しい言葉

準備するまでソワソワそわそわ、職員と目が合えば、「パン!」と訴えてみたり…

大丈夫!パンは逃げません!笑

しっかり念入りに手洗いとアルコール消毒をして、エプロン・三角巾そしてマスクを着けて、いざパン作り!

作る前から楽しみすぎて、目がキラキラしていますね
とってもいい顔です!💯

パン生地を破らないように広げてチョコソースを入れ、優しく包みます

あとは焼き上がるのを待つだけ!

ただ待つだけではありません、就労にいるので時間までしっかりお仕事!
みんな「パンを食べるために!」と強い気持ちで頑張りましたよ👏👏

頑張ったあとのリフレッシュタイムで待ちに待ったパンたちとご対面〜!

思いのほかチョコソースが柔らかくて生地から出てしまっていますがとってもいい匂いでおいしそう

「いただきます!!」

パンに手が伸びてからはあっという間
食べたくてうずうずしていたようです(笑)

 

おいしすぎて「うまい〜!」と声が出て他の人のパンにも手が伸びてしまったり(未遂です笑)、ぺろりと食べてしまったりとそれぞれが楽しめたのではないかなと思います😌

新型コロナウイルスによる第二波が来ていますが、手洗い・うがい・アルコール消毒・こまめな換気・検温を確実に行いチーム就労一丸となって毎日元気に過ごしていきたいですね

 コメントはありません 2020年8月7日 posted by 曽我知世


やってみたい!は成長の原動力

梅雨が明け、夏本番ですね😆

暑いけど、ぴっかーんと晴れる中、「暑いね~😊」と話すのは、結構好きだったりもします🤩

すっきりとした青い空で晴れが続くと嬉しくなりますよね☀

7月末からのアセスメント懇談で、保護者の皆様にはご多忙の中お時間作って頂きありがとうございました(*^^*)

子どもたちにとってデイは一日のほんの数時間を過ごす場所。

だからこそご家庭での姿や学校での姿を知る事が私達には必要なのです。

自分の当たり前は人にとっては当たり前ではないからこそ、一人一人の保護者様とお話することで、子ども達の1年後、5年後を一緒に考えていく事ができると思います🙌

さて、今回はパン作り(*^^*)

パンを作る事を通して、五感刺激を行う事、また前後にはもちろんエプロンの着用や片付けなど一連の動作があります。

その一つ一つに時間を取り、子ども達に丁寧に行いたい・・・と第2の先生方の思いがあり、先月、今月は土曜日に行っています😀

そして何よりも、五感刺激★

五感とは、視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚の人が外的な物を認知する為の感覚機能の事を言います。

これがすべて詰まっているのが、パン作り🤩

焼き上がりには、パンを成型した時との違いを存分に感じてもらいます☺

焼きたてのパンのいい香り、色の変化、生地の柔らかさの変化や焼き立てのあたたかさ😊

ついつい「わぁ~✨」と声があがります!

「やりたい」は何よりも、子ども達の成長のチャンスを引き出してくれます🤩

 コメントはありません 2020年8月6日 posted by 川島由貴


冷やし中華を作ってみよう(*^^*)

梅雨がようやく明けようとしているのか、暑い日が続いていますね。我が家は夜も暑く、毎晩のように「今日はリッチにクーラーをつけようか、いや…やっぱり扇風機にしようか」と悩んでいます。

さて、今日ははぐくみさんの調理実習の様子をお伝えしていきます。コロナの影響でマスクを頑張って付ける事ができる時間が少しずつ伸びている子どもたち。

エプロン、マスク、三角巾を付けて、準備万端!石鹸での手洗い、消毒もみんなばっちりです。

今回のメニューは冷やし中華!夏の定番メニューですね。

冷やし中華の具材は、きゅうり、ハム、たまごに加えて、子どもたちの大好きなシーチキンも仲間入りしています。今回、子どもたちはたまごを①割る②混ぜる③焼くという3つの事にチャレンジしています。

子どもたちにとって、本物の生のたまごを割る機会はあまりないと思います。しかし、おままごとのたまごで割る動作を今まで練習してきた子どもたちは自信に満ち溢れています!「できる!僕出来る。先生は手伝わなくていい」という子も(笑)

みんな慎重にたまごを片手で持って”トントントン”と力を加減していました。そして中身が見えてきたところで両手親指に力を入れます。割れた瞬間みんな放心状態で不安そうに職員を見ます。職員の「出来たね~」の一言と、観客の子どもたちからの「わー!!」という歓声で我に返る子どもたち。その歓声を聞いて「へへへ」ととても笑顔に。そして手についたたまごが気になり、その後小走りで洗面台へ向かっていました。

 

その次は②混ぜる。10回混ぜたら交代という約束をしっかり守っている姿とても素敵でした。「きいろ~!」と色に興味を持つ子や、「ドロドロだね~」と表現をする子、混ぜる手と一緒に顔も同じように動く子もいました。こぼれないようにボールを持つことも頑張っていました。

 

 

最後はたまごを焼きます。”ドロドロ”の状態から固まり、見慣れたたまごの状態になると「たまごやきー!」という声や「あれ?なんか匂いするよ」という声が聞こえてきました。「おいしくなあれ、おいしくなあれ」とみんなで願いを込めた焼きたまごが完成!

 

調理実習では、食べ物の形や見た目、匂い、色、音等の変化を感じるだけでなく、みんなで作ったものをみんなで食べるという楽しみや喜びを感じる事が出来ると思います。そこからお友だちを意識する事や、自分への自信に繋がっていけるといいなと思います。

 

 コメントはありません 2020年8月1日 posted by 森 美樹


地域活動支援センター

こんにちは、来週には梅雨明けでしょうか、

最近お笑いコンビタイムマシーン3号の太らせるネタにはまっている地域活動支援センターの山下です!

半そでパンパン→あんこでパンパン 嵐→みたらし(笑)

日頃から笑って免疫力をUPしていきたいですね!!

 

 

さて!

本日は、7月29日の午前の作業の様子をお伝えさせて頂きます。

 

 

この日は、コンテナのシートかけ、漬物の袋だし、サラスパの袋だし、揚げ物シートをかごに敷く等の作業を行いました。

 

まずは、円になり1日の作業の流れ、役割分担等を説明しています。

話す際は、利用者さん一人一人と目線を合わせ、理解しているかを確認しています。

また説明を聞く際、一人だけ前に出ていたり、円の外にいる人はいないか等、声かけをして確認してもらっています☆彡

普段でも買い物の際、レジでお会計を終え、財布にお金をしまっている時、次のお客さんがお会計待ち(財布にお金を入れる待ち)になることも時々あると思います。周りを見て、一歩動き、レジ前から移動できると素晴らしいですよね。

地活でも、日頃から周りを意識しどうすればよいか考え行動をしてもらっています(●^o^●)

 

★コンテナのシートかけの作業風景★

 

毎日500から700程のコンテナにシートをかけていきます。

凄い量のコンテナの数ですが、協力してやることで作業内にほぼ終えれています!

また私が地活で働きはじめて、苦手だったことの一つに・・・

シートのかかったコンテナを数える!!があります。

シートがかかっていることで、コンテナがしっかり見えずコンテナを一つ飛ばしに数えてしまったり、またシートの上から数えないといけないコンテナに注意が行き過ぎると、数え間違える・・・(算数、数学、数字大嫌いです・・。)

なので、シートのかかったコンテナを数えることは慣れとコツが必要な工程の一つです!!

Hさんも毎日コンテナのシートかけを頑張っています★

以前より、コンテナの数を数えることに慣れていっています。また積むコンテナが足りない際は、指で折り残り何段積めば良いか等自分で考えることができるようになっています!

 

★漬物の作業風景★

この作業はペアで行います。

一人は袋をハサミで切り、カゴに並べる。

もう一人は、漬物をザルに移し水気を切り、コンテナに移す。

 

二人とも慣れているので、スムーズに取り組めています。慣れから作業が雑にならないよう職員も二人の様子を確認させてもらっています。

Dさん、漬物が袋に残っていないかしっかり見てとれています☆彡

またここ1週間程、漬物の袋を並べる際に使っていたかごが遅れて工場に届くことがありました。そのため、いつものかごより高さがないコンテナに漬物を並べてもらっています。

高さがないため、袋が倒れやすく、不安定・・・。

Aさん、コンテナに袋を並べる際に、トントンと袋をゆすり、袋の底が広くなるように安定して並べることができるようにしてくれています★

 

★サラスパの袋だしの作業風景★

袋だしの際も、コンテナのどこに出すかを考え行っています。

同じ場所ばかりに出していると、コンテナを積んだ際、下のコンテナにはまらず、袋だし後、食品を平らにしないといけないので、時間がかかってしまいます。

またサラスパを袋から出す際、袋の上から絞って出してもらっています。袋に残ったものを直接手袋で触ると、手袋がべたべたになり、次の絞り出し際、すべってしまい作業効率が下がってしまいます。

Tさんは、出来る限り、袋に残ったものを手袋で触らないよう気をつけ、出してくれています!

 

★揚げ物シートの作業風景★

かごにより水滴がついている際は、タオルでふいています。

一定の拭き方で拭いたり、水滴がついているところにしぼって拭く等やり方は一人一人に合う方法でやってもらっています。

また普段は、個人差はありますが、12山を午前中に終えることを目標にしています!

Yさんは、職員が作業の進み具合を確認すると、必ず自分が何山出来たか覚えています。

またかごに水滴が多い、追加があった日は、予定より時間がかかってしまうこともあります。

お昼ご飯に向かう階段で、Yさんから小さい声で「何山出来なかった、」と伝える姿がありました。

でもその悔しい気持ちってとても大切ですよね★!

真剣に働いているからこそ、感じる気持ち!また自分の作業の進み具合を常に把握しているYさんのまじめさに、私自身も見習うことが多いです!!

 

また明日から「悔しい」「嬉しい」色んな気持ちを感じながら、一つ一つ積み重ねていきましょう!!

 

 

 コメントはありません 2020年7月31日 posted by 山下唯