「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811


お母さん、いつもありがとう。

こんにちは☀
GWはいかがお過ごしでしたでしょうか?

休み中はゴロゴロとすることが多いため運動しようと思い、毎日Switchのボクササイズのゲームで身体を動かしていた笠松の板橋です。

ゲームとはいえジャブ、ストレート、フック、アッパー等のパンチ、ダッキング、ウィービング等の回避の動作で全身を使い、休み中は筋肉痛になりながら1日45分のプログラムでボクササイズをしていました(^^;;

 

さて、今回は本日行った母の日の制作活動についてお知らせ致します。
今回は「バスボム」作りに挑戦しました。

 

重曹、クエン酸、片栗粉を量りを使い計量し、食紅で色を付け、アロマオイルで香りを付けました。

 

計量する際に少し材料をこぼしてしまうこともありましたが、

「じゃあどうしたらこぼれにくいかな?」

という事をその都度考えました。

材料・量りの距離を近づける、材料が入っている袋の口をしっかり開ける等をし、その後はこぼれることが減りました。

赤、青、黄色、緑の食紅を使い、オリジナルのバスボムを作っていきます。

  
         
     
カップに詰めて乾燥させます。
乾燥を待っている間に昼食を食べ、午後からはメッセージカードにお母さんへ感謝の気持ちを書き、ラッピングを行いました。
        
10連休という長いGWの中、毎日頑張って家事を行ってくれたお母さんたちが喜んでくれたらいいなと思います😁
 コメントはありません 2019年5月11日 posted by 板橋 偉史


みんな大好きパン作り!!

こんにちは☀

皆さん、GWはどこかお出かけしましたか?

私は伊勢に犬山に日間賀島に…いろいろな所に出かけ、思いっきり遊びました😊

気持ちを切り替えて仕事頑張りたいと思います💪🏼

今回は久しぶりにパン作りについてお伝えいたします!!

今月のパンは、シナモンパンです🥖

シナモンを全体にまぶすのではなく、上1cm程残して乗せれるか、クルクル巻く際に巻き始めを少し折るようにしてから折っていくということを重点におき行いました。

生地を伸ばす事はみんなとても上手に行ってくれました🌟

力を入れすぎてしまうと、破れてしまう、弱すぎると伸びていかない…力加減がとても大切な工程になります。

マーガリンを塗って、シナモンをまぶして行きます🙂

全体にかけてしまうと、巻いたときに中のシナモンが零れてしまうので、零れないように少し開けるということが大切です。

  

最後にクルクル巻いて完成です😆慎重にゆっくりと巻いていきます。

焼きあがったパンが到着し、「シナモンのいい匂~い」「おいしそ~」と子ども達は大喜びでした☺今回のパンはいかがでしたか?

次回のパン作りもお楽しみに~😆

 コメントはありません 2019年5月11日 posted by 井戸 夕稀


令和元年仕事始め

こんにちは、就労の曽我です。

過去最長の大型連休が終わりましたが、皆さん楽しめたでしょうか?

 

ちょっと足を伸ばして海外へ✈、海を飛び出して他県へ、ゆっくり温泉へ、と連休を満喫できた方も多くいるかもしれませんね😊

 

10日も間が空いていると今日は何日で何曜日だったかなと首をかしげる🤔、なんてことがある人もきっといたと思います。

 

長いお休みで作業を忘れてしまうことがあるかも、なんて私は思っていたのですが…

挨拶や報告の声、作業に向かう姿勢が休み明けとは思えないほど元気でピシッと集中できている人が多く、目標を達成できる人も増えた気がします

 

1人ひとりが決められた目標に向かって取り組んでいる姿を見て、仕事への意識の高さを感じました。

休んだ分だけしっかり仕事に取り組む、それが分かっている人が多いからこそ仕事が出来る空間が出来たのかもしれません。

 

   この一週間、長いお休みがあったからこそ、普段以上に目標達成に向けて頑張っている就労の仲間たち。

「今日こそは目標達成させたい!」「昨日よりも一箱完成する時間を早くしたい!」

 

 

 

そんな心意気を作業している姿からひしひしと感じていますが、それを今だけのものにするのはもったいない‼

 

いつもよりもほんの少し「頑張ろう」という気持ちを増やした結果が今のみんなの姿勢に表れていると感じるので、休み明けの一週間が終わっても、この姿勢を変えずに取り組んでほしいなと思います。

 コメントはありません 2019年5月10日 posted by 曽我知世


地域活動支援センター光陽

こんにちは。地域活動支援センター光陽の板橋です。

 

今回は場面に合った言葉についてお伝えします。

 

 

 

10連休が終わりながもりでの活動が再び始まりました。

 

漬物や総菜の袋出し、コンテナのシートかけ、人参の数を数える作業、

 

清掃活動など、久しぶりでしたが戸惑うことなく作業出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業外の様子については、10連休中に旅行に行った方からおみやげを

 

貰う機会が何度かありました。

 

普段言い慣れている「おはようございます。」や「お疲れ様です。」

 

といった挨拶はすぐ言えるようになりましたが、

 

おみやげを貰うという突然のことに「ありがとうございます。」が

 

すぐに出てこない人もいました。

 

コミュニケーションは地活での活動中や日常生活を送る上で欠かせないものです。

 

「おはようございます。」や「ありがとうございます。」の他にも、

 

人に何かを頼む時に「お願いします。」、失敗をしてしまった時に

 

「ごめんなさい。」といった、場面に合った言葉を日常生活や

 

地活での活動で使っていけるとよいですね。

 コメントはありません 2019年5月10日 posted by 板橋暁良


利用者さんと一緒に笑いあって~いいものを作り上げていくこと

光陽福祉会広報部長の中村です。

GWの10連休はいかがでしたか??

我が家の真穂様は、毎日毎日が休みで、土曜日、日曜日の感覚がすべてずれておかしくなってしまい・・・(´;ω;`)

泣き怒りしていました。

土曜日は、ドルフィンのスイミング

日曜日はサザエさん(テレビでやる日は休みという理解)

月曜日の祝日(1日ぐらい)は、時々そんなこともあったような…

と少し大人になり、キャパとして受け入れてくれたが、どこまでも休みじゃないか!!と切れました( ゚Д゚)

 

早朝4時には、「起きていい??」から始まり・・・

「行く」ドン(/ω\)「行く」ドン(/ω\)

壁や床を蹴る蹴る蹴る・・・

ついでに弟の頭をピタンと叩く(/ω\)

 

だから・・・弟に蹴られる

だから・・・キャーと大ごとに

だから・・・2人ともママに叱られる

だから・・・毎日毎日疲れました・・・( ゚Д゚)

 

いかに、毎日学校や、事業所があることが有難いのか・・・当たり前の生活を送れることが有難いのか思いました!!

そんな長かったGWもおわり、やっとこ通常に戻った(#^.^#)

 

就労の

 

生活介護のメンバーは、新しい動きを導入して開始しました。

バイタルチェック

看護師さんが1人ひとりの様子をしっかりと観察してくれます。

そのあとは、全体での朝礼の為移動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今日1日の活動を確認します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は

第3光陽付近の清掃です。

第3光陽が出来た頃、送迎車が何台も行き来することで、近隣の方々にご迷惑をおかけしているという思いから、始まったご近所さんの清掃活動を生活介護のメンバーが引き継ぎました。

10時~1時間かけて近隣を歩き、ゴミ拾い。

歩くことは、脳への刺激が盛んになり、集中力をアップさせる効果もあります。

初日は、東方面へ歩き、たばこの吸い殻や、缶、紙くずなど拾いました。

思ったよりたくさんのごみが集まりました。

T君は、ゴミ拾いの名人??と思うほど、ゴミを見つけてくれました。

近所を歩くことで、「おはようございます。」「こんにちは」等の挨拶も必要です。

地域の方々に知っていただく事も必要ですから、丁寧にご挨拶をします。

気さくに声をかけてくださる方もいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K君は、Nさんの車イスをすごく上手に押してくれます。

車がくると、歩みを弱めて調整しているのがよくわかります。

K君、Kさんは、ニコニコでさっさと歩くことができました。

そして・・・

第3光陽、第5光陽付近は、神社が多いことがわかりました。

もみじやいちょうの木、柿やいちじく、色々な果物の木も見つけました。

そして、売地や空き家も・・・(今後の為にリサーチリサーチ)

 

 

 

 

 

 

 

みんなで第3、第5光陽付近を綺麗にしよう!(^^)!

お花いっぱい運動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来れば、自分たちで作ったものを食べる( ゚Д゚)

 

さあ~

戻ってから昼食までの1時間

みっちりと仕事に向き合います。時間が短くなった分、集中しないと生産が少なくなりお給料が減ってしまうので大変です(; ・`д・´)

でも、歩くことで集中力を高めているので、何とか頑張れそうです。

生活介護であっても、やはりお金を稼ぐことは大切であり、自分の働きでお金を得る事を積み重ねていきたいと思います。

「集中」を合言葉に頑張りました。

12時~昼食

お腹いっぱいで眠くなる時間でもありますが・・・

ドルフィン様考案の就労ストレッチで気分爽快!!

2時間これまたみっちりとお仕事です。

 

なんでか?みんなわかっているの??

えっ??知っている??ってぐらい頑張ります(^_-)-☆

 

3時~カフェテラス「KO-YO」がオープンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は風が強くて、パラソルは立てられなかったけど・・・

センター長チョイスの、カフェ風衝立??が健在です・・・

 

 

 

 

 

 

 

でもやっぱり風で飛ばされて何回もT君が起こしに行ってくれました(笑)

抹茶、レモンテー、カフェオーレ、ココアいろいろなメニューの中から好きなものを選びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとにこれでいいの?って心配したけど、みんなちゃんとわかっています。

抹茶を選んだ子は、ちゃんと好きみたい(*^^*)

カフェオーレ、レモンテイーが人気でした。

ちょこっとのおやつは、甘いものと辛い物のチョイス(林ジョブ)

カントリーマーム1つと、黒ゴマせんべい(小さい)1つ

カントリーマームに軍配(^。^)y-.。o○

予想通りの・・・「おかわり」(笑)

残念ながらカフェテラス「KO-YO」

おかわりは・・・なし(笑)

お湯でもいい子だけ、フーフーしながら飲んでました。

看護師さん曰く、「白湯」は1番体によいとのことです( ´∀` )

ってことで、今後もおかわりは「お湯」(笑)のカフェテラス「KO-YO」

目いっぱい集中した後の1杯は格別でしたね(#^.^#)

 

自分たちの作業場の掃除。

意外にほうきとちりとりの使い方が上手でびっくり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K君は、太鼓の達人の達人

 

だから、手と目の協応がうまく2つの動きをバラバラでやる動作は上手なはずと思い、

1番にほうきとちりとりで掃除をすることをお願いした。

すごく器用に動かして綺麗にお掃除してくれた。

「すごい、すごい上手!!ありがとう」

自然とそんな言葉が出てきます。

1人ひとりの上手を見つけ、一緒に笑う。

 

そしてさらに・・・

ドルフィン様の協力のもとに行う体操など、これからいろいろ開拓していきます。

何よりも子供たちのためになる事。よくしていきたい。

その思いだけ!(^^)!

形が変わった、流れが違うから・・・いろいろ心配や不安もあるかと思うけれど・・・

 

何度でも言います。

子どもたちのためになる事をやりたいだけ。よくしていきたいという思いだけ。

保護者の方々には、子供たちと一緒に、子供たちの状況を見ながら新しいものを作っていきたいので少しの間、見守って下さい。

何卒ご理解とご協力をお願い致します。

何がよいのか?わるいのか?でなく、子供たちと職員が笑っている顔をイメージして楽しい、面白い、そして、もちろん仕事もする「生活介護」を構築していきたいと思います。

 

 

 

 コメントはありません 2019年5月9日 posted by 中村 尚美