「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら

ようこそ光陽へ!

人目です!





一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝30-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811


元気いっぱい3B体操!

こんにちは!秋晴れの気持ちのよい日が続いていますね☺スーパーに並ぶお菓子等を見ると、「栗」「サツマイモ🍠」等の秋の旬の食材を取り入れた季節限定のものが増えてきていました。そういったものを見ると、秋に入ったんだなあと感じます。

今回は、土曜日の運動療法(3B体操)での子どもたちの姿をお伝えしていきます✨運動療法では、手遊びや体操を行い、身体を動かしていきます。また、お友だちや職員と一緒に手を繋いだり、肩を組んだりすることで他者を意識して動くことも目的の一つです🙌


 

歌に合わせて元気よく「まーえー!」と言って足を交互に出して運動しているNちゃん😊

 

 

 

 

 

 

 

体を動かす事が大好きな子どもたちはとっても素敵な笑顔で元気いっぱいでとても楽しそうです😊中でも子どもたちの大好きな「でんしゃにのってゴー!ゴー!ゴー!」では、いつも以上に元気いっぱいな子どもたち!キャー!と言いながら室内を全力で走り回ります。歌に合わせて、「各駅停車」はゆっくり歩く、「信号!赤!」は止まる、「特急電車」は走る、「新幹線」は全力で走ります💨💨

職員はもう子どもたちに付いて行くのがやっとで、ヘトヘトになってしまいます。しかし、子どもたちはまだまだ元気!子どもたちの元気に負けないよう、今後も一緒に楽しんでいきたいです🌾

 

 

 

 コメントはありません 2019年9月28日 posted by 森 美樹


はじめまして

はじめまして!

 

今年の7月より光陽福祉会の就労支援センターで働いています、堀 紗都子です!

平成生まれですが、よくシワシワネームだと言われます😂

光陽福祉会で働き始めて約3カ月が経ちます。皆が少しずつですが、名前を覚え、「堀ジョブ」と呼んでくれることがとても嬉しいです!!!

私も毎日皆の顔を見て「おはようございます」と挨拶ができることが、とても幸せです🌟

 

さて、就労に来て感じた事があります。

彼らの”企業に就職したい!!!”という強い気持ちです!!!

 

そんな想いを実現するべく、一生懸命に製品の組み立てや、バリ取りに取り組む彼らの姿があります。

また、作業以外にも日常での言葉遣い、身だしなみ、社会でのルールを身に付ける為日々努力をしている姿から、私も日々学ぶことばかりです。

そんな夢を叶えようと努力している皆を応援し、今後も皆と夢を追いかけ一緒に成長していきたいと思います!!!

これからも宜しくお願いします。

 コメントはありません 2019年9月27日 posted by 堀 紗都子


地域活動支援センター光陽

こんにちは。

朝晩も涼しなり、すっかり秋らしくなりましたね。気温の差が激しく体調をくずしやすい時期ですが、地活のご利用者様はいつも元気に素敵な笑顔で頑張って取り組んでくれています。それでは今回は久しぶりに作業の様子をお伝えしていきますね。

袋出し作業には、はさみ・袋出し・水切りの担当があります。個人のスキルとその日の生産量を考えて、みんながスキルアップできるように担当を決めています。

こちらはHさんのはさみの様子です。はじめは指先の部分に手袋が余ってしまい、袋と一緒に手袋まで切れていましたが、今では指先に手袋が余らないよう装着し、手袋を切ることも少なくなりました。また、作業中も自分で手袋の破れや穴の確認など、異物混入対策もしっかり行ってくれています。

     

お次はTさんの袋出しの様子です。Tさんは開所当時からご利用してくれています。経験も豊富なため、食材によってコンテナの種類が変わりますがそこはバッチリ!正確に準備をしてくれます。

お次はIさんの水切りの様子です。1かご10kgの漬物が入っていますが、Iさん、腰を曲げるのではなく、しっかりと腰を下ろして力が入る体勢になりトントントンとかごを揺らして水切りを行っています。

毎日の作業は袋出し作業以外にもかごに揚げ物シートを2枚入れる作業があります。この作業が得意なのがHさん。とにかく早くて正確に作業を進めることが出来るので朝一番に揚げ物担当者さんから急いでお願いされた時はHさんにお任せしています。

そして開所当時から続いているのが人参を数える作業。100マスのシートに人参を並べていきます。立ちっぱなしで動きの少ない作業ですがFさん集中して取り組んでくれます。自分の体調もしっかり管理でき職員が確認中にストレッチを行うなど痛みと上手に付き合いながら取り組んでくれています。

他にもコンテナのシートかけやクッキングシート、ドレッシングなど作業の数は食材の数と同じです。その食材の状態によって手技も変わっていきます。どうやったらやりやすいかな?みんなで考えて、自分の意見を言う。私はとても良い経験だと思っています。これからも皆で助け合い、意見を出し合いながらみんなが成長していけるように取り組んでいきます。

     

     

 

 

 

 コメントはありません 2019年9月27日 posted by 佐古 みちる


下半期も頑張ります(^_-)-☆辞令交付

光陽福祉会広報部長の中村です。

 

本日下半期に向けての人事辞令交付を行いました。

光陽福祉会の結束を強固にするために、新しい風を吹き込める職員人事です。

 

昇格

就労部門 中村 恵里奈

大西センター長は主任付で就労部門は企業専任として動きます。

就労部門は、全体的な事を中村主任、企業との調整は大西センター長とツートップ体制で稼働していきます。ちょっと実は天然?の大西センター長とテキパキの中村主任。ジョブ管理は大したもので、勤務時間の中でどれだけ多くの事務仕事をこなせるか?に命かけてもらっています(笑)大西センター長とこの2人、実は気が合うのか?何だかんだと揉めながらやり取りしています。かなりの頻度で尻に敷かれちゃってる?来年度9期生はたくさんの加入があり、様々な事と向き合い準備を開始します。

 

就労部門 正規職員

堀 紗都子

フレッシュな人材!!といっても、前職は就労継続支援A型事業所に5年間勤務されたベテランさんです。独り言が多くて、話しかけられていると勘違いするジョブが多発。自分のモチベーション維持は、自分で自分を褒めまくる事の様です(笑)そういうところは菊池会長と気が合うかも…面白くて頼りなるジョブです。

 

児童部門 常勤パートから正規職員雇用

後藤 成実  サポートセンターつぼみから第2光陽へ異動

後藤先生は、短時間パートさんで採用となってからサポートセンターーつぼみで小学部から未就学と幅広く活躍してくれました。そしてこの度介護福祉士の資格を取り、御年〇歳で正規職員となるシンデレラガールです。豪快な笑い声と亀の甲より年の功で、第2光陽のドンとなること間違いなしです。

 

児童部門

井戸 夕稀  第2光陽からサポートセンターつぼみへ異動

大学卒業後からずっと光陽で働いてくれている井戸先生。同期は2人ともに就労部門へ配置されています。この井戸先生もある意味天然??髪の毛を自前で染めたら、なぜかピンクになっている?イメージしたものとは違ったらしい(笑)実は頑張り屋さんです。話すことが苦手だけど、周りをよく見ていて黙ってサポートしてくれる子。黙って出来る子です。

 

人事異動といっても、知った顔ぶれです。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 コメントはありません 2019年9月26日 posted by 中村 尚美


本物を触る

夏休み中の事となりますが、第2光陽の就労(実践)の活動にて就労部門が請け負っている「ラベンダーカット」の仕事を体験させてもらうことができました。

 

乾燥したラベンダーを2㎜~4mmほどの大きさにカットしていきます。

午前中に「本物の製品を触る」ことに向けてテストを行いました。細長い紙や針金をカットして職員4人から全員合格となるまで、午後に設けた「本番」へは進めなかった子も実はいます。しかし本物の製品を触る以上は厳しさを感じることが貴重な経験にもなります。

 

第3光陽での実習を経験している子には「いろいろな仕事がある」ことに触れる、高1や中学生にとっては「実際の仕事と、製品を見る」ことができるようにカット後に袋詰めされた製品の現物を見てもらいました。

今後も就労(実践)の際には実際の作業を模していくことで動作形成や、今回のように製品を触ることができる機会を通して「就労、実習に向けてのスキルを高める」ていけるようにしていきたいと思います。

 コメントはありません 2019年9月21日 posted by 松本 馨