「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811


はぐくみちゃんの一年

こんにちは、皆さん花粉症は大丈夫ですか?事務所でも、あちらこちらで、くしゃみが飛び交っています(笑)早く治まってくると良いですね。花粉症の皆さん、お大事にしてください。

さて、早いもので新年度がはじめるまでにあと半月になりましたね。

今回ははぐくみちゃんの一年間を振り返ってみたいと思います。

春、本部のはぐくみと笠松のふたばが統合し、賑やかな 新はぐくみちゃん がスタートしました。

職員や周りのお友達が変わり、戸惑っている子ども達もいたかとは思います。しかし今後も春というのは環境の変化がありそれは避けては通れないことだと思っています。同じ環境、お友達、先生がずっと一緒であるならば安心ですが環境の変化に対応していく力を身に付けていくことはとても大切なことですよね。環境の変化というのは、 不安 ではありますが、違う視点から見ると新しい出会いがあったり、今まで知らなかったことを見たり、聞いたりする事により子ども達が成長できるきっかけになるのではないでしょうか。

夏には、毎日のようにプール遊びを楽しみました。夏ならではの戸外でのプール遊びです。ボディペイントも楽しみましたよ。身体に直接筆で色を塗る事により、筆の感触を楽しんだり色を混ぜ合わせ色の変化を楽しみました。

そして真夏の文化祭もありましたね。はぐくみちゃん達はうちわ作りを頑張りました。

たくさんの方に来ていただきありがとうございました。

秋には、劇団四季のミュージカル「王様の耳はロバの耳」を親子で見に行きました。

「もしかしたら最後まで見れないかもしれない…」と思っていた保護者さんも見えたかもしれません。しかし「お利口で座っていられてよかった」と言う言葉を耳にすることが出来ました。

「できない」と始めからあきらめてしまって取り組む事、体験する事なくきてしまっていることがあるかもしれんませんね。

今年の光陽は「やってみよう」を目標にしています。守りに入るのは簡単なのかもしれません。こう言っている私も守りに入っている自分がいます。

局長に「失敗しても大丈夫だよ。でも大失敗はあかんよ(笑)」とのお言葉をいただき私も「やってみよう」の気持ちを持ち、子ども達と接し、子ども達の「やりたい」気持ちを大切にしていきたいと思います。

冬には、インフルエンザが大流行しましたね。

しかしはぐくみちゃんでインフルエンザになったのは、数人。みんな元気に来所してきてくれました。雪が降りそうな寒い日には、多目的に移動をし身体をたくさん動かしました。

そして現在個別支援計画の懇談が始まり保護者の方とたくさんお話しさせていただいています。その中で「はぐくみに通いだして○○が出来るようになった」「うちでもはぐくみで歌っている歌や手遊びをしているんですよ」などなど嬉しいお話をたくさんお聞きします。

また、お迎えの際には、「こうやって先生達とお話ししてると落ち着くんです。」と言っていただき、保護者さんの声によって、頑張らせてもらえる私たちがいます!

数ある児童発達支援事業所の中から「はぐくみ」を選んでいただき通ってもらえる事に感謝をしています。

1年間、微力ではあり、ご迷惑をおかけしてしまったとは思います。しかしいつもお迎えの際には、お家での様子やほっこりニュースなどを教えていただきありがとうございました✨

またはぐくみちゃんの様子を今後のブログやお迎えの際にお伝えしていきますね。

 コメントはありません 2019年3月14日 posted by 横山 万里子


やりました!!本部事務所模様替え(^_-)-☆

光陽福祉会広報部長の中村です。

さてさて今年度最大級のイベントのいちご狩りの前に・・・

くそ忙しい時に、本部の事務所と、通称ソーシャルの部屋、通称B型の部屋を模様替えをしました。

 

ワンステップの曽我部さん

パソコンの設置や配線1人で頑張ってくれました。

文献社の伊藤さんもコピーの配線等を直して使えるようにしてくれました。

 

光陽福祉会は、多くの関係機関の方々に支えられています。

 

そして、今日は、このバタバタの中、伴電機商会の社員たちが設備点検に本部と第2光陽に来てくれました。

利用者様の安心安全を守ってくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から気合の入った事務担当と平井所長と川島児発管…

笠松からも応援の石原さんが来てくれ

第3光陽からは、パソコンや机が届きました。職員全員が一致団結え毛様替えを実行します。

新年度みんな気持ちよく迎えるために・・・

 

横山先生と後藤先生もはぐくみが始まるまで・・・と片付けをしてくれました。

本部事務所は書庫等もソーシャルの部屋に入れて、出来るだけ広く見えるように・・・

 

 

通称

B型の部屋は、会議等ができるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

通称

ソーシャルの部屋は

書庫としてファイリングしたものをたくさん置いてあります。

追い込まれた職員がこっそりと一人の空間で事務仕事が出来るように

パソコン2台を設置して小さい部屋だけど、1番いろいろ積み込まれた部屋になりました。

ここによく出口統括がこもります(笑)

仕事がたまるとひっそりとこの中にいます。

事務所にいない時はこの部屋をノックしてくれるといいかもです(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務所はどうでしょう・・・・(^。^)y-.。o○

以前よりは広く感じるのではないでしょうか・・・

みなさんどうですか・・・

 

随時出勤してくる職員やドライバーさん、懇談で来てくださる保護者の方々

「いいじゃ~~~~~ん」って言ってく入れます。

 

私の場所は、会長室を斜めから見れる場所なので・・・

めっちゃ快適な場所となりました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに私の場所は端っこの隅です(笑)

ひっそりと会長チェックや事務所全体を見渡せる場所になりました( ^)o(^ )

 

 

 コメントはありません 2019年3月12日 posted by 中村 尚美


やってみよう

こんにちは☀
 
朝晩はまだ寒いですが昼間は暖かくなってきましたね。
スーパーに買い物にいくと、「新じゃが」、「菜の花」等が目に留まり、食で春を感じている笠松の板橋です(^_^;)
旬な物が出ているとつい欲しくなってしまいます。
さて、私事ではございますが、笠松事業所の所長に就任して、この3月で無事に1年が経ちました。
光陽福祉会に入社してからは5年と8か月が経ちます。
 
自分が新人だった時に小学1年生だった子は4月からは中学生に。
1年生の時は、背伸びをしてもフロアの窓から外を眺めることが難しかった子も、もうすぐ制服姿になるなんて。
 
中学1年生だった子たちは4月からは社会人。自分と同じ大人への仲間入りです。

   

 

なんだか月日が経つのが早いな~、とひしひしと感じています。
 
今年度は本部・第2光陽との合同文化祭。交流会。
パン教室、フラダンス、音楽療法、陶芸教室等々。

 

初めての取り組みにも挑戦させてもらいました。
 
 
振り返ってみると、上司、同僚、部下、保護者の皆様、利用をしてくれる子どもたち、
色んな人に支えてもらってここまで来たな、と思います。

 

  
今年の光陽福祉会の目標は「やってみよう」、チャレンジをすることです。
所長としては2年目の年。攻めか守りかと言われると無難に守りでいきたいな~、とは思いますがそうもいきません。
 
子どもたちの事を考え、色んなことに挑戦し、「大変だったけどやってよかったな」と思える年にしたいと思います。
 
まだまだ未熟な部分もあるのでご迷惑をおかけすることもあると思いますが、2年目は色んな人に「支えられた」立場から、少しでも周りを「支える」側に変わりたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。
 コメントはありません 2019年3月9日 posted by 板橋 偉史


新たな作業、続々と!

日中は日差しが温かく感じられる日も増え、近所の梅も綺麗に咲いています🌸岐阜市の梅林公園や安八町の百梅園では見ごろを迎えているのではないでしょうか。私個人としましては河津桜(静岡県伊豆地方)を見たいと思っているのですが、今年は既に葉桜へと移行しているようです。流石本州一早咲きの桜ですね🌸🌸

こんにちは。花見マスターではありません(笑)就労部門の大西です‼

 

 

さて、今回は第3・第5光陽での様子を少し紹介させて頂きます。

現在、光陽においてはご存知の通り金属加工の作業を行っています🔧

自動車・自転車関連、水回り・配管関連等の金属製品を取り扱っていますが、その作業内容は様々です。

製品の外観にキズや加工不良がないかを確認する「検査」

鋳造直後の製品に付いた余分な金属(バリ)を取り除く「バリ取り」

次工程に向けて複数の部品を組み合わせる「並べ・組み付け」

完成品出荷の為の「計量・梱包・箱詰め」

等々……

一口に金属加工と言っても作業場内では皆、それぞれの役割に応じて色々な作業に取り組んでいます。

 

 

ありがたいことに、企業様からは日々多くの作業依頼を頂いております。先日も新たな製品・作業依頼を頂き、皆、懸命に取り組んでいます。

今回任せて頂いた作業は袋詰め、箱詰めの作業です。

一つは、複数種類の異なる部品を決められた数ずつ小袋に入れ、シーラー(熱圧着機)で封をします。それをさらに大袋・段ボール箱に入れて完成させます。

もう一つは、数量・向きを揃えて袋詰め、その後段ボールに入れて完成させます。

 

また、どちらの作業にも使用する段ボールや包装用のビニール袋には指定の製品ラベルを貼ることになっており、それも皆で分担して行っています。

 

 

製品の数量や向きを揃える為には、決められた道具を使用したり正しい手順で作業を進めることが大切になります。また、それを何百個、何千個…とこなしていく継続力も身につけたい力の一つです。

さらに、工程内で道具を使用する作業(今回の場合、シーラー等)は力加減や微妙な向き、角度を調整することが製品の仕上がりに影響します。

作業の中では身体の感覚で覚えていくことも大切ですね👍

 

初めての製品を入荷した時には箱の中を覗き込み、どんな製品なのか興味津々の彼ら💕

一方でいざ作業となると「初めてで緊張する…」「できるかな…」等と不安な表情もちらほら😉

作業を進める中で「できました!」と元気の良い報告が聞こえることもあれば、うまくできず手が止まってしまうこともあります。

でも大丈夫です❗練習を重ねれば必ず上達していきます‼

初めてのことも「やってみよう‼」

失敗しても「もう一回頑張ろう‼」

という気持ちが大切ですね😀

 

皆それぞれ作業の習熟度は異なります。早咲きの人がいれば遅咲きの人もいます。個々の性格や適性も様々ですが、いつどんな作業にその能力が開花するかはわかりません。

現在光陽にて取り組んでいる作業を数えたところ、20品種・50品番を超える製品を扱っていることがわかりました。

  

 

今後も一人一人が複数の作業を経験する中で、作業の幅を広げていくと同時に色々な事に対応できる力を育んでいきたいと思っております。

 コメントはありません 2019年3月9日 posted by 大西 邦衛


地域活動支援センター光陽

こんにちは。

今回は、新年度に向けて新たに始まるながもりの取り組みとそれに伴いみんなが見る『壁』壁掃除の様子をお伝えしていきます。

個々のスキルアップを目指すために写真と目標そして個人評価が貼りだされます。全職員分貼りだすので、個々のレベルも分かり情報共有もできて素晴らしい取り組みですね。私たちも達成レベルが明確になり支援に繋げやすくなりました。

 

   

 

こんな感じで廊下いっぱいに貼りだされます。更衣室から現場に行く廊下なのでみんなが見る壁。きれいに掃除してきました。

始めは茶色く変色していた壁もH君一生懸命磨いてくれました。

     

こんなにきれいになりました!!

強力な洗剤なためスプレーは職員が行いました。

スプレーすると汚れが・・・

     

汚れが明確なので壁の模様に沿って拭き取ると本当にきれいになります。

「すごくきれいになった!」「気持ちがいいね!」「あそこの汚れが気になるな~」みんな積極的に取り組んでくれました。

     

     

時間いっぱい取り組みましたがまだまだ掃除をする壁はいっぱい。それでも、嫌になることなく「明るくなったね」「やった感があるから楽しいね」と前向きな意見ばかり。これからも時間を見つけてみんなが見る『壁』きれいにしていこうと思います。

 

 

 コメントはありません 2019年3月8日 posted by 佐古 みちる