「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


※旧事業日誌ページはこちら

ようこそ光陽へ!

人目です!



 
 お知らせmore>
 


一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝30-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811


初めてのバイキング!!

 

昨日行いましたはぐくみの「初めてのバイキング!!」の活動の様子をお伝えします😊

 

ここで要らない情報ですが(笑)バイキング(海賊)が食べ放題を意味するのは日本と韓国の一部のみなのだそうです。1957年に帝国ホテルで新しいレストランの名称を公募した際に当時公開されていた「バイキング」という映画の豪快な食事シーンが印象的だったことから命名され、ビュッフェが好評だったことからいつしか店名イコール食べ放題と一般的に認識されるようになったようです🤔

 

普段は個々で盛り付けられた給食ですが、今日はバイキングの醍醐味の「好きなものを好きなだけ」を海賊のように食べられます🍱!

 

おにぎり🍙はみんなで作ってみよう!なので、導入でおむすびコロコロの絵本を見てから

手洗いもバッチリ済ませ👌

いざ、にぎにぎでもコロコロでも無く「フリフリ」していきます

もしかしたらお母さま方も使ったことがありますでしょうか?

テンションアップでフリフリした後は可愛いおむすびが出来上がり!

 

その間に、ウインナー、ミートボールなどみんなが好きなおかずが並んでいきます!

ここで海賊のようにお皿に乗せていきたいところですが、沢山あるとどれから取って良いのか迷ってしまいますよね😋

大人はテーブルの配置や品物の並びで導線をイメージして動きだしますが、はぐくみの子どもたちにとってはあまり経験のない場面だったかもしれません。

 

今回の活動で右から左、端から端へと確認したり動いたりすること、順番を待つことの学びになってくれたらと思います。

全員盛り付け終わったらお待ちかねの「いただきます!」

はぐくみ初のバイキングを楽しみました✨✨

 コメントはありません 2020年2月20日 posted by 松本 馨


チャレンジ(*^^*)

こんにちは!今回は、はぐくみの子どもたちの午前中の様子をお伝えします😊

はぐくみの子どもたちは毎回、出席カードに自分でシールを選んで貼っていきます。今日が何月何日かな?何曜日かな?天気はどうかな?☀毎月末に子どもたちが制作しているカレンダーを見ながら一緒に確認をしていきます。シール貼りはみんな夢中になります💕何種類かあるシールをじっと見つめて吟味した後、「これだ!!」と思った一枚にロックオンします✨自分で考えて自分で選択する事もとても大切な事だと私は思います。

その後、しっかりと手元、指先をみながら、どこから剥がすのか、どのくらい力を入れたらよいのかを考えながら集中して剥がしていきます。これも指先の療育につながっていきます☺

 

シール貼りが終わり、活動に入ります。今回は「生活スキル・食事編」です。まずは子どもたちが大好きな紙芝居の始まりです。紙芝居を通して、スプーンの持ち方や食べるときの姿勢を伝えていくだけでなく、ご飯前の手洗いや「いただきます・ごちそうさま」の挨拶の大切さ、みんなで食べると美味しいねという気持ちの部分も伝えていきます。

紙芝居も終わり、いざ実践です。今回は、玉ねぎ、お肉、コーンが入った、冬にお勧め、「からだぽかぽかコンソメスープ」です🍴コンソメスープは大人気で「うまーい!」という子につられて、「うまーい!」という声が他の子からも聞こえてきました💕給食でも、献立に味噌汁がありますが、味噌汁になると具がスプーンですくいにくいのか手掴みになる子もいます。また、口の両端からこぼれる子もいます。そこを今回はゆっくりとチャレンジをしています。

左手を添えること、スプーンで具を食べる事、机とお腹をくっつけて姿勢を気を付けること、両手でゆっくりと飲むことなど、子どもたち一人ひとりチャレンジする点は様々です✨積み重ねがとても大切になってくると思います。今後も、子どもたちがやりたいな、やってみようかなと思えるよう私たちも考えていきたいです🌾

 

 コメントはありません 2020年2月18日 posted by 森 美樹


ねんどをつまつま

こんにちは☀

 

なんだか春っぽくなってきたな~と思っていましたが、明日は雪だそうですね❄

早くお花見に行きたい笠松の板橋です🌸

 

さて、今回は本日行った『陶芸教室』についてお知らせ致します。

 

3月には作品作りを行いますので最後の練習となりますね。

 

第3弾となる今回の作品は『小鉢・湯呑』です。

 

※↑先生のお手本です。

 

今回は、白か茶色かの2種類の色を選べるそうです。

 

白もキレイですが、自分は茶色が渋くてかっこいいなと思っています。

これにおつまみを入れたら、ちょっと高級そうに見えますね(笑)

 

 

ろくろを使いながら、親指、人差し指の2本を使い粘土を摘まんで形を整えていきます。

摘まんだらほんの少し横にずらし、また摘まむといった動作で、

粘土を均一な厚さにするためにはこの『少し横にずらす』といった動

作が重要なポイントとなります。

 

練習を重ねてきたので、キレイな形の『小鉢・湯呑』を作れる子も何人かいました。

 

『すごい、職人さんだね!』

 

と伝えると、ドヤ顔で喜んでくれました(笑)

 

 

次回の陶芸教室は3月17日を予定しています。

 

次回はいよいよ作品作り!

 

練習の成果を発揮できるように頑張りましょう!!

 コメントはありません 2020年2月17日 posted by 板橋 偉史


楽しいフリータイム!

こんにちは、昨日、家で飼っているグッピーちゃんに赤ちゃんが産まれ幸せ気分の本部の横山です(^^♪

さて、いつもは活動の様子をお伝えしていますが、今回は先週の土曜日のフリータイムの様子をお伝えします!

第3土曜日はヘアーカットの活動が行われる為、第一、第二が合同で一日過ごしました。今回は、過ごす部屋も小学部、はぐくみちゃん、第二のお兄さんが一緒であった為、いつもよりも関わりがたくさんもてました。

抱っこをしてもらったり、バランスボールに一緒に乗ったり、ボール投げをしたりとっても楽しそう!

第二の先生達にも遊んでもらい、汗びっしょりになり顔を洗いに行く子もいました(笑)

歳の近い子ども達と関わることももちろん大切ですが、自分と離れた年齢のお兄さん、お姉さんとの関わりから学ぶこともあると思っています。

異年齢の子ども達と今回のように関わる機会がもてるのも光陽の良い所でもありますね。

今後も様々な活動やフリータイムの様子をお伝えしていきますね。

乞うご期待!!

 

 

 コメントはありません 2020年2月17日 posted by 横山 万里子


サンドイッチ・ア・ラ・カルト

こんにちは😀

冷え込んだり、妙に暖かかったりと気温の安定しない日々ですね。

体調管理には充分気を付けていきたいと思っている笠松の山中です。

 

本日の「サンドイッチ作り」の取り組みの様子をお伝えしたいと思います。

一口にサンドイッチといっても、具材は様々、作り方も色々ありますよね。

今回のサンドイッチ作りは、グループごとにどんな具材にするか話し合って

買い出しに行こう!というところから始まります。

実はこの取り組みは二回目で、前回のことをよく覚えている子もいました。

      

指差しでも、単語でも良いので、自分の意思を伝えられることは大切ですね。

グループでの決定なので、自分の好きな物だけが作れるわけではないことも、大切な経験です。

話し合いのあと、近所のお店に買い物に出かけました。

  

お店にはたくさんお客さんが来ています。マナーに気を付けながら買い物をしました。

つぼみに戻ったら調理開始です。

        

      

   

均等にパンにジャムやクリームなどを塗ること。

ゆでたまごの皮を剥くこと。

具材を細かく切ること。

レタスをよく見て、きれいなところを選んで剥がすこと…などなど

指先を使ったり、よく注意して作業したりと

サンドイッチを作る過程でたくさんの作業体験ができたと思います。

 

   

  

  

定番の卵サンドはどのグループでも人気でした。

他にも面白いトッピングのサンドイッチから、インスタ映えしそうなものまで

グループごとに個性がよく出ていました。

余った予算でデザートや付け合わせなども添え、なかなか充実したメニューとなりました。

 

いただきます😄

 

   

みんな、よく食べました。やはり作る過程に自分が関わっていると

食べる意欲も違いますね。

今後もこのように、自主性、協調性、個性を大切にしながら

取り組みを行っていきたいと思います。

 

 

 コメントはありません 2020年2月15日 posted by 山中のりよ