「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報

ようこそ光陽へ!

人目です!





一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝30-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

ブログ > 心も体もぽかぽか

心も体もぽかぽか

こんにちは。地域活動支援センター光陽の板橋です。

 

今回は暖かいお昼ご飯の様子についてお伝えします。

 

 

 

連日寒い日が続いていますね!先日、毛布を敷く場所によって

 

布団の暖かさが変わってくるという話を聞きました。

 

諸説あるそうですが、掛け布団の上(一番上)に毛布を敷くことで暖かく、

 

敷布団の上(体の下)に毛布を敷くとさらに暖かくなるそうです。

 

布団に入っても寒く感じる方は、毛布の位置を変えることで

 

暖かく眠れるかもしれないので、是非試してみてください。

 

 

 

さて、秋冬の地活の作業の中には鍋の作業があります。

 

ペアとなり、一人がタレの計量をし、もう一人が計量された

 

タレを受け取り、アルミ皿に入れていきます。

 

日によってタレの種類は変わりますが、この日はキムチ鍋のタレを計量し、

 

アルミ皿に入れていきました。

 

 

普段の昼食はお米とおかずのお弁当ですが、翌日の昼食は、

 

前日に作業したキムチ鍋が出てきました!

 

更に就労先のご厚意により、分厚いチキンもいただきました!

 

 

 

辛さが苦手な人がいたらと少し心配しましたが、

 

みんな嬉しそうにキムチ鍋と、ご厚意のおいしいチキンをほおばりました。

 

 

 

 

 

この日は特に寒い日でしたが、キムチ鍋とチキンで

 

心と体がぽかぽかになって、午後の作業も頑張ることが出来た日になりました。

 

 

 

新型コロナウイルスはまだ収まりを見せず、

 

岐阜県でも緊急事態宣言が出されました。

 

不要不急の外出を控え、引き続き手洗いうがいの実施、マスクの着用と

 

自分たちで出来る感染予防を続けていきましょう!



2021年1月14日 posted by 板橋暁良

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください