「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報

ようこそ光陽へ!

人目です!





一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝30-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

ブログ > 世界に一つの作品♪

世界に一つの作品♪

こんにちは(^^)/

つい、この間まで暑い日が続いていましたが、最近では朝の風もすっかり秋の風となってきましたね。

秋といえば…食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋…。なんて言われていますが、皆さんはどれに当てはまりますか?

はぐくみでは、芸術の秋と言う事で陶芸教室の作品作りを行いました。

今日は、その様子をお伝えしていきます。(*´▽`*)

いつも陶芸は子どもたちに人気の活動です。

それは、土の感触が気持ち良いから。

はじめは、手が汚れるのが嫌な子も、手に土がくっつく感覚が苦手な子も、回数を重ねる度に形を作れる程に慣れていき、今ではずっと触っていたい程になりました(笑)( *´艸`)

それほど、水分を含んだ土は気持ちがいいのです。

土は、ひんやりとして、つまむとねっとりしていて、土を触る季節で土の温かさや冷たさが変わったり、実際に触る事で分かる感触があるんです。

 

土を摘まむ指先の力や、つまみながら引っ張る両手の動き、土を丸める力加減。

土を伸ばすにはどうしたら均等に伸ばせるのか。活動を通して学んでいきます。

陶芸は、力の入れ方や手の動かし方で目の前で形が変わっていくので、手元を見る事がまだ難しい子も、自然と土を見る事が出来ます。

 

手の平を使い、丸く平らに土地を伸ばしていきます。

 

自分の足の膝に土を当て、膝の丸みを使い形を作ります。

自分の膝を使う。面白いですよね!!(*´▽`*)

でも、これが今の子どもたちの世界に1つだけのオリジナル作品となります♪

 

 

活動の初めに作っておいた丸いお団子をお皿の足として付けます。

何か物を摘まむ時、親指と人差し指で持てるかな?

 

最後に、スタンプでマークを付けたら完成!!(*´▽`*)

ステキな作品が、お手元に届くのを楽しみにしていてくださいね。( *´艸`)

 



2020年9月19日 posted by 平井 文絵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください