「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報

ようこそ光陽へ!

人目です!





一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝30-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

ブログ > 夏だ! プールだ! 鮎つかみ大会だ!

夏だ! プールだ! 鮎つかみ大会だ!

こんにちは☀

日曜日の夜は「倍返しだ!」でお馴染みのドラマを楽しみにしている笠松の板橋です。

 

ドラマを見ていると、人にしたことは良い事も、悪い事も最後には自分に帰ってくるな、熱意を持って仕事をすることってやっぱり大事だな、見てる人は見てくれているんだな、と勉強になります🤓

時折、菊池会長がこのドラマに関連したお話を朝礼でして下さるので、ドラマの次の日の朝礼も密かに楽しみにしています😁

 

さて、今回は先週行った『鮎つかみ大会!』についてお知らせ致します。

 

 

プールは光陽福祉会本部でお借りし、鮎は中村局長が持ってきて下さりました。

ご協力頂き大変助かりました。ありがとうございました!!

 

 

鮎つかみの前に「鮎クイズ!」で、鮎についてちょっと勉強です。

 

①鮎はどっちでしょう?(鮎とニジマスの写真を見て)

②鮎はどこに住んでいるでしょう? 海 or 川

③鮎は何を食べる?

④鮎は何かの匂いがします。どんな匂い? スイカ or 桃

 

自分の父親は鮎釣りが大好きで、自分が子どもの頃から『夏のご飯の1品』と言えば

『鮎の塩焼き』が定番でした。

 

自分にとっては身近だった『鮎』。

子ども達はどのくらい知っているのかな?、岐阜と言えば『鮎』だし、鮎についてちょっとでも学べればいいなと思いクイズ形式で楽しく学ぶことにしました📝

 

「海じゃないんだ!?」

『え、スイカの匂いがするの!?」

 

と驚いでくれました。

 

 

 

 

先週の木曜日のことです。

 

「先生、鮎つかみ楽しみだね。」

『そうやね!頑張ってとろうね!』

「でもさ~、雨みたいやよ。」

『えっ!?(天気予報を確認)本当や!』

 

月曜日に確認したときは晴れ予報だったんですが、木・金曜日に天気予報を見ると雷マークでした。

 

マジか~、と残念に思っていたのですが当日はとても良いお天気になりました☀

みんなの日頃の行いが良いからですね😊

 

暑い日にプール。

最高ですね(笑)

 

子ども達は鮎にプールに大喜びでした✨

 

今回の鮎つかみは、鮎を「見て」、「触って」、そして『食べて』、までが活動です。

 

 

 

魚焼きグリルは磯谷先生に貸して頂きました。

ありがとうございました‼

 

 

フロアは鮎の焼けた良い匂いが漂います。

「自分も注文すればよかった~😢」

と、ちょっと後悔しました(笑)

 

「うっま!」

と、ほとんどの子が鮎をキレイに食べきることが出来ていました。

 

 

焼く前に、

「先生、食べれないから持って帰りたい。」

とK君が話に来てくれました。

 

理由を聞くと、

「だってさ、さっきまであんなに元気に泳いでいたのに・・・。」

ということでした。

 

今回の鮎つかみは、

『鮎をつかまえて食べることにより、命のありがたさを感じる』

ということも目的です。

 

K君なりに『命』について一生懸命考えたんだな、と感じ、

『持って帰っても大丈夫だよ。』

と伝えると、ほっとした表情をしていました。

 

『食べる』ということは、『命をいただく』という勉強が出来たと思います。

 

 

笠松事業所で初の『鮎つかみ大会』でしたが、楽しいプール、美味しい鮎に大満足だったと思います💨

 

楽しい夏の思い出がまた一つ増えましたね。

 

8月も残り約1週間となりました。

残り1週間も子ども達がワクワク、ドキドキしながら学べることをを考えていきます💨



2020年8月24日 posted by 板橋 偉史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください