「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝29-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

ブログ > みんなちがって、みんないい

みんなちがって、みんないい

こんにちは☀

 

9月になりました。新学期がスタートしましたね。

9月からの目標として、『昼食は自分で作る』、を頑張っている笠松の板橋です。

最近は食パンに、マヨネーズ、レタス、ハム、スライスチーズ、目玉焼き、ケチャップ、の順で挟むサンドイッチが流行っています😄

 

さて、今回は小学部の活動で行った道徳についてお知らせ致します。

 

道徳とは、と調べると色々難しい内容が出てきます(^_^;)

簡単にいうと、「善い、悪い、を区別する」、ということだそうです。

 

そこで、今回の道徳では、

命の大切さを知る』、『優しく接することを学ぶ』、

ということを目的として療育を行いました。

 

板橋先生がこの大きめの紙袋を持って教室に入ってきました。

 

 

『何が入っているんだろう?』

 

という感じに子ども達は興味津々です。

 

 

袋の中身を確認する前に・・・、問題です。

 

この茶色の粉はなんでしょう??

 

「わかった!ココア!!」

 

『紙かな・・・?』

 

等など色々答えが出ましたが全てハズレです。

 

次にこの「茶色の粉」の匂いを嗅いでもらいました。

 

 

「うふぇ!なんだこれ!!」

 

『ちょっと臭いな・・・。』

 

「あっ!僕わかった!!メダカのエサだ!!」

 

『正解です!答えはメダカのエサです!!』

 

 

 

ということは紙袋の中身は・・・・・・、

 

そうです!

『メダカ』の登場です🐟

 

 

みんな、ケースの中を泳ぐメダカをキラキラとした目で見ていました✨

 

今回の道徳では、『メダカを飼おう!』ということを行いました。

 

まずはみんなでメダカの様子を観察しました。

 

白やピンク、オレンジの色や、まだ小さい赤ちゃんメダカも泳いでいます。

 

 

 

 

次の問題です。

 

メダカは何匹いるでしょう?

 

色んな角度から見てメダカを数えました。

 

 

正解は『7匹』です。

 

 

何匹いるか数えた後に、みんなで1匹1匹に名前を付けました。

 

 

命名

銀色の大きな子:『アロエ』

 

銀色の小さな子:『ナタデココ』

 

オレンジ色の子:『ピエロ』

 

オレンジ色で頭が少し黒い子:『ねねちゃん』

 

黒色の小さな子:『びーびあ』

 

ピンク色の子:『モモちゃん』

 

白色の子:『おめでとう』

 

思い思いに考え、良い名前が付きました(^^♪

 

 

 

名前を付けた後、エサやりを行いました。

 

ここでも問題です。

 

 

『エサはどれくらいあげたらいいでしょう?』

 

 

みんなスプーンを使って、

 

「これくらいかな?」

 

とエサを沢山すくってみるんですが、それでは多すぎるんです。

 

 

答えは「ひとつまみ」です。スプーンだと先端にほんの少しだけ乗る感じです。

 

 

あまりの少なさにみんな「えー!」と驚いている様子でした。

 

 

『じゃあみんなも考えてみよっか。自分の体と同じくらい、沢山のご飯がきたらどうする?』

 

 

と聞いてみました。

 

「お腹いっぱいになっちゃう!」

 

「そんなに食べれん!」

 

『そうだね。だからみんなにとっては少なくても、メダカさんにはこれくらいでいいんだよ。』

 

と伝える「あ~、なるほど。」といった様子で納得してくれました。

 

エサをパクパクと食べる姿が見ていて可愛いです。

 

みんな夢中で観察していました。

 

 

よ~く観察すると赤い生き物も住んでいます。

 

中央に写っている赤い色をしているのが『エビ』です。正式には『レッドチェリーシュリンプ』といいます。

 

メダカの残ったエサや、水の中に生えるコケを食べてくれるメダカの友達です。

 

『メダカとエビは姿は違っても、そうやって仲良くしているんだよ。みんなにも色んな友達がいるよね?みんなも仲良く遊ぼうね。あと、メダカやエビは小さいよね。だからケースを揺らしたり触ったりはびっくりしちゃうよ。友だちと遊ぶ時みたいに優しくしようね。』

 

と子ども達に伝えました。

 

「はい!」

 

と元気良く、良い表情で返事をしてくれました。

 

その後は約束を守って、友だちと仲良く、優しくメダカを観察していました。

 

 

 

 

「メダカ」、と聞いて、勘の鋭い方はお気づきかもしれませんが、板橋家のベランダ産のメダカとエビを今回は教材として持ってきました(^_^;)

 

自分がメダカやエビが泳ぐ姿を見て癒されたこともあり、子ども達が生き物を見て癒され、『命を学ぶ』ということ、『人とは優しく・仲良く関わる』ということのきっかけとなれば、と思い今回の取り組みを行いました。

 

 

中高生の子ども達も癒されているようでした😌

 



2019年9月14日 posted by 板橋 偉史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください