「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

ブログ > 小麦粉粘土で何作ろうかな♪

小麦粉粘土で何作ろうかな♪

こんにちは、6月というのにこの暑さ☀はぐくみちゃんでも、体調不良でお休みしているお友達が数人います。子どもだけではなく大人も、日中は暑く朝晩は肌寒かったりと体調を崩しやすいとは思いますので、睡眠・食事・水分補給には気を付けていきたいですね。はぐくみでは、一日の中で水分補給をまめに行っています。朝の「たけのこ体操」の後、お散歩後にはもちろんですが、お散歩前にも水分補給をしてから出かけるように心がけています。暑い日にはいつもより少し多めのお茶を持ってきていただけるとありがたいです✨

さて今回は、先日おこなった「小麦粉粘土作り」の様子をお伝えしたいと思います。子ども達と一緒に「最初から作る」ことを行っていきました。まずはさらさらの小麦粉を触ってみたり、匂いをかいてみました。ボールに小麦粉を入れ、水を入れ、かき混ぜていきます。サラサラだった小麦粉が変化していく様子を実際に目で見て楽しみました。

その時には、小麦粉の香りがふわ~としてきました。「パンみたい!」と言っている子もいましたよ。五感をフル回転していきます。

油粘土もはぐくみでは、よくおこなっていますが、大きな違いはこの香り、やわらかい感触、そして食紅で黄色やピンクの色を付けていったことにより油粘土で作ったハートや星などもとても可愛らしく出来上がりました!

粘土は創造性も育まれますね。これは何だと思いますか?

Mくんが言うには、「男の子のトイレ!」だそうです(笑)なるほど~。トイレにある男の子のマーク。確かにそう言われてみれば……。ほんと子どもの想像力って面白いです!私たちは、今までの経験から、物を見た時に「これは○○」と決めつけてしまっていることが多々あるかもしれませんが、子ども達との関わりの中でいろんな視点から物を見たり、感じたりと子ども達の可能性を引き出していくことも大切なことだと思っています。

まだまだ私は年齢こそはいっていますが、子ども達から色々の事を学ばせてもらっている成長段階です。

これからも、はぐくみちゃん「明るく!」「楽しく!」「元気よく!」をモットーに色んな経験を積んでいこうね!



2019年6月18日 posted by 横山 万里子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください