「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

第6光陽
(株)オンダ製作所グループ
(株)なないろ製作所

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝29-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

ブログ > 作品のために

作品のために

こんにちは😀

梅雨の季節になりましたね☔ あまりひどくは降らないでほしいなと願っていますが、子どもたちを迎えに学校へ向かう途中にあじさいの花がたくさん咲いているところを見つけて、ちょっと嬉しくなった笠松事業所の山中です。

今回は、陶芸教室の様子をお伝えしたいと思います🍀

いつも、始めと終わりに体操をしています。手・指はもちろん、肩もほぐしていきます。

 

今回の作業では、まず粘土を薄く広げていきました。

最初はこぶしでも良いのですが、最終的には手のひらを使ってなだらかにしていきます。

  

 

平らにするとき、なんとなく手のひらを当てることはできますが、どの部分を使ってどのくらいの力加減にすればなだらかにできるのか、ということまで意識しないと、なかなか平らになっていきません。粘土の感触も良い刺激になっています。

さて、ここで今回は新しい道具が登場しました!

持ち方、使い方などを先生から教えていただきました。

 

 

まっすぐな木をしっかり押さえながら、ヘラで粘土を切っていきました。

切る間隔は2センチくらい、あるいはもっと細くてもいいとのこと。

定規がなく「2センチってどのくらい?」と戸惑う姿がありました。

長さや重さなどを「だいたいこれくらい」と判断できる感覚が身に付いているかどうか、確認してみることも大切なことだなと思いました。

 

ヘラを持つ角度がなかなか難しいです。

まっすぐ、きれいな切り口で切れたでしょうか。

 

上手に切れるようになったら、作品づくりが待っています。

どんな作品を作ることになるのか、楽しみですね

 

練習のあとのおまけの作品です🌹

 



2019年6月15日 posted by 山中のりよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください