「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

ブログ > 地域活動支援センター光陽

地域活動支援センター光陽

こんにちは。

今回はいつもと違う作業の様子をお伝えしていこうと思います。

まずはクッキングシートのカット作業。この作業は以前も取り組んでいましたが、今回はサイズが変わりました。また、1コンテナに何本のシートを使ったかを報告していく必要があるため失敗が起きないよう丁寧に作業を進めていく必要があります。クッキングシートの作業が得意なHさん。久しぶりの取り組みでしたが、正確にカットすることができました。Kさんは数年ぶりの取り組みでしたが丁寧にカットしてくれました。

次の作業は半年後に始まるおせちの試作です。もうおせち?と驚いてしまうほど早い時期から準備が始まっていました。

こちらはイカのパック詰めです。トレイに1列5個×4列。焼き目とイカの向きを揃えて並べていきます。

     

今回は調理後のパック詰めでしたが、次回からは焼く前の準備、イカを丸めるところも作業に入ってくる予定です。

『おせち』の言葉を聞くと魚卵・阿波尾鶏・人参の花形そして同じ時期に始まるクリスマス用のチキンと年末の忙しかったころを思い出します。

いつでも落ち着いて取り組めるよう、今から毎日の作業の効率を上げていけるよう頑張っていきたいです。

そして最後の作業はカットされた鶏肉が入っている袋をはさみで開け中身をかごに移す作業です。凍っていたので午前中は解凍からスタート。時々解凍具合を確認し、袋と袋がくっついていると解凍されにくいため袋を離していきます。

  

解凍が終ったら袋出しです。この袋ぱっと見どれも同じように見えますがよーく見ると1切れのgが違うんです。

   

この鶏肉は、みんなが大好きな唐揚げへと調理されます。なので下味に差がでないようかごに出す袋も考える必要があります。1かご5袋で20g-30gが3袋の時は20g-25gは2袋と同じ袋が4袋にならないよう袋を選んでいます。

     

そしてこの作業の一番の注意点は、この作業に入ったあとはその日に行う食品関係の作業に入ることは出来ません。それは鶏肉から出る血液等が作業着に飛んでいる可能性があり、結果として食中毒に繋がってしまうので注意が必要なのです。

このような話を聞くと日々なにげなく取り組んでいる作業。意識が正確性や効率性に目が行きがちですが何より大切なことは安全性なんだなと改めて実感しました。安全な物を提供するために忘れてはいけないこと。職員はもちろん利用者さんにも伝えてみんなで意識していこうと思います。

これから暑くなり食中毒が起きやすい時期です。みなさんも食中毒予防の三原則①細菌をつけない②細菌を増やさない③細菌をやっつけるを。意識して予防していってくださいね。



2019年5月16日 posted by 佐古 みちる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください