「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

ブログ > 地域活動支援センター光陽

地域活動支援センター光陽

こんにちは。地域活動支援センター光陽の板橋です。

 

今回は場面に合った言葉についてお伝えします。

 

 

 

10連休が終わりながもりでの活動が再び始まりました。

 

漬物や総菜の袋出し、コンテナのシートかけ、人参の数を数える作業、

 

清掃活動など、久しぶりでしたが戸惑うことなく作業出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業外の様子については、10連休中に旅行に行った方からおみやげを

 

貰う機会が何度かありました。

 

普段言い慣れている「おはようございます。」や「お疲れ様です。」

 

といった挨拶はすぐ言えるようになりましたが、

 

おみやげを貰うという突然のことに「ありがとうございます。」が

 

すぐに出てこない人もいました。

 

コミュニケーションは地活での活動中や日常生活を送る上で欠かせないものです。

 

「おはようございます。」や「ありがとうございます。」の他にも、

 

人に何かを頼む時に「お願いします。」、失敗をしてしまった時に

 

「ごめんなさい。」といった、場面に合った言葉を日常生活や

 

地活での活動で使っていけるとよいですね。



2019年5月10日 posted by 板橋暁良

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください