「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

ブログ > もくもくともぐもぐ

もくもくともぐもぐ

こんにちは☀

今週末は冷え込むみたいですね❄

寒い日の晩御飯は鍋率が高い、笠松の板橋です😅

 

さて、少し遅れましたが2月といえば節分ですね。

皆さん、豆まきはしましたか?

 

今回は、先日行った調理実習、『恵方巻き作り』についてお知らせ致します。

 

 

 

・酢飯を作る。

・具材を切る。

・豚汁を作る。

等をチームに分かれて行いました。

 

 

準備が出来たらいよいよ海苔で巻いていきます。

具材は、きゅうり、カニカマ、シーチキン、玉子焼き、ハムです😊

 

・海苔の裏表を確かめ、つるつるな面を下にする。

・少し海苔の余白を残すように加減をしながら酢飯を薄く広げる。

・具材を酢飯の中央に置く。

・具材を押さえながら巻く。

といったことがポイントですね。

 

・海苔を触り、感触確かめることでの「触覚刺激」

・酢飯を広げる時の「力加減」

・酢飯、具材の配置を考えることでの「空間認知」

・巻きすを使い巻くことでの「手指の巧緻性」、

等が恵方巻き作りの目的です。

 

今年の恵方は「東北東」です。

フロアで東北東を探してみると、ちょうど②の教室の方角でした。

 

食べる前はガヤガヤとしていましたが、恵方巻きの食べ方、

 

①恵方(東北東)を向く。

②黙って食べる。

③一気に食べる。

 

ことを伝えると、みんなで教室の方を見ながら黙々と食べる事が出来ました🍴



2019年2月9日 posted by 板橋 偉史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください