「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

ブログ > 地域活動支援センター光陽

地域活動支援センター光陽

 

こんにちは。

もうすぐクリスマスですね。ながもりでもチキンの生産が始まりました!!

初めての作業と直接お客さまに届く商品のため、いつも以上に集中と緊張が高まりますが相手はチキン♡どことなく嬉しそうに取り組んでくれています。

どんな作業だろう?やったことのない作業に不安と期待がいっぱい。工場長の説明を一生懸命聞いていました。

まずは箱作り。

段ボールが汚れないよう机の上をきれいに最後はペーパータオルで水分もしっかり拭き取ります。段ボールの向きに注意して、間違えないようにシールを貼りガムテープでとめていきます。

 

     

青いビニールをかけたら箱作りは完成です。

次は、チキンを詰めていきます。

箱詰めのポイント

①皮を上に

②重ならないように10本並べる

そして一番重要ポイント!

チキンを触った手は油でギトギトなので

③段ボールを触る時は青いビニールを持つ

     

10本並べたらシートをひきその上のまた10本を繰り返し合計30本のチキンを詰めていきます。

チキンを出しっぱなしにはできないのでその都度冷凍庫に取りに行く必要が・・・ここ本当に寒いんです・・・みんな頑張りました!!

     

     

この日に詰めた数は2,760本 段ボールにすると92ケースです。これには工場長もびっくり「よくできたね。ありがとう」とお褒めの言葉いただきました。

箱詰めが落ち着いたら第2便のチキンの準備です。

これも初めての作業説明をよく聞いて下味をつけていきます。

漬けこむ時間も決まっているためそれまでの間にコンテナの準備→シートをかける→さばいたチキンを入れていきます。

下味をつけていきます。1コンテナに入れる量も決まっているのでたれを混ぜつつ、分量を量ったらコンテナに入れていきます。

全体に味がいきわたるようしっかり揉みこんでいきます。

     

いつものバラシ作業に追加してのチキン毎日忙しく、作業前は終わるかな?と心配しつつも作業が終ると「終わったー!」「今日もよく働いたよね」とみんなで達成感を味わっています。これからも皆で協力して一つ一つの作業を、確実にこなしていけるよう頑張りたいと思います。

 

 

 



2018年12月6日 posted by 佐古 みちる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.