「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

ブログ > 地域活動支援センター光陽

地域活動支援センター光陽

こんにちは。地域活動支援センター光陽の板橋です。

 

今回は乾燥春雨の作業についてお伝えします。

 

 

 

近頃の毎日行う作業内容は漬物の袋出し作業、おかず1品の袋出し作業、

 

人参を数える作業、コンテナにシートをかける作業、

 

クッキングシートのカット作業を主として行っており、

 

時々、他の仕事を任される時があります。

 

乾燥春雨もそのひとつです。

 

何度か経験してはいますが、約1ヶ月ぶりの作業。

 

・・・何が必要なんだっけ?どうやって作業するんだっけ?

 

恥ずかしながら、職員もうろ覚えです。

 

そういえばあれがいるよね。ここにシートかけるんだったよね。

 

職員含めみんなで作業の準備をしつつ、ようやく作業開始。

 

まずはシートのかかったコンテナの用意し、その中ではさみを入れ中身を出します。

 

  

 

  

 

シートのかかったコンテナの中ではさみを入れる理由。

 

それは、袋を空けた際にどうしても乾燥春雨が欠けて細かい乾燥春雨が出てしまう為です。

 

最終的に細かい乾燥春雨もかごの中へと入れます。

 

 

 

 

あとは袋から出した乾燥春雨をかごの中へ入れればいいのですがここで問題発生です。

 

8袋分だっけ?10袋分だっけ?

 

10袋分入れてみよう!

 

 

・・・あれ?入りきらない!

 

正解は8袋分でした。

 

乾燥春雨の入れ方を段々思い出し、上手に8袋分入れていくことができました。

 

 

コンテナの中に出てしまった細かい乾燥春雨も忘れずに!

 

 

 

 

毎日行っている作業は準備や作業の手順も覚えていますが、

 

久しぶりの作業はどうすればいいのか分からず慌ててしまいがちです。

 

そんな時こそ、慌てることなく作業を行うことで

 

ミスを少なくすることが出来ます。

 

常日頃から慌てることなく落ち着いた行動を取って、

 

ピンチをチャンスに変えていきたいですね。



2018年10月5日 posted by 板橋暁良

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.