「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

ブログ > 消火器の使い方って?

消火器の使い方って?

こんにちは(^^)/

毎日暑い日が続いていますが、皆さん、体調はいかがですか?

つぼみの子どもたちは、毎日元気で通って来てくれていますよ!!😁

さて、つぼみでは先日避難訓練を行いました🚒

1階事務所からの出火を想定した訓練です。

地震や火災は予防できればいいですが、想定できないからこそ、訓練が子どもたちにとっても職員にとっても大切なのです😀

 

今回の訓練の時、つぼみでは、休憩時間で子どもたちが大好きな玩具で遊んでいました。

突然「ウゥ~」と、大きなサイレンが鳴り響き「火事です!1階事務所から出火しました。」と、アナウンスが入りました。

あえて知らせずに急に訓練を開始したことにも意味があります。

遊んでいた子どもたちのほとんどが、サイレンを聞き遊んでいた手を止めました。音に驚き目を丸くし、職員の顔を見る子。音やアナウンスを聞き職員のそばに近寄る子…様々でした🙄

その様々な反応ってとても大事。

いざという時にそういった子どもたちの反応を知っていることも、つぼみに来てくれているときに子どもたちの命を守る術となっていきます😀

その後は職員の声かけを聞いて2階の非常階段から外へ避難しました。

避難する際、ポケットからハンカチを出し口に押えて移動する子もいましたよ。みんな、ためらいなく靴下のままで外へ無事避難できました。

これも大事なこと。

外に出るときは靴を履くを幼いころからずっと教えてもらっていたことが例外になる時があることを、知っているだけでも大事なのです。

 

避難後は、消火器を使い実践練習です。

消火器は知っているけど…使い方って~。

そんな子が多かったです。

では、実践です。

①まずは、安全ピンを外します。②ホースを抜き、ホースの口を的に向けます。③レバーを掴み、消火器発射です。

 

 

 

今回は、訓練だったので消火器の中身は水で的を狙いました。

レバーを恐る恐る握った子は水の威力も弱く、力強く握った子はしっかり的に当てることができていました。

実践でわかる経験ですね。

「怖いこと」そう感じた子どもたちもいたと思います😢

怖い思いを知っている・・・それも経験なのです。

怖いからこそ、誰かの言葉にすがるように指示を聞くことが出来たりもします。また怖いけれど、こうしたら大丈夫なんだ!!そういうことを知っているだけでも安心ですよね。

これからも、自分の命は自分で守れるように避難訓練を通して確実な知識と行動ができるようにしていきたいと思います。



2018年6月14日 posted by 平井 文絵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.