「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

ブログ > 確認が大切!

確認が大切!

2月に入り、まだまだ雪もちらつく今日この頃、皆さま元気にお過ごしでしょうか?

今回は就労部門の普段の仕事の様子についてお知らせしたいと思います😊

 

 

就労の現場では、それぞれの子の特性にあった仕事を担当してもらっています。

毎日同じ仕事、というわけではなく、時には「今日はこの仕事をお願いね!」と内容が変更になることもあります👍🏼

 

 

おしぼりの作業や、取説袋入れ、金属製品のバリ取り、検査、組付けなどなど・・・

 

そして、どの仕事に関しても共通して行っている工程があります😀

 

 

それは・・・「見直し」!!

 

人間、だれしもミスが起こってしまう事はあります。

大切なのは、自分が完成させた製品をしっかりと確認をすること!!

 

 



 

 

見直しをしっかりと行うことで品質を保ち、自信を持って企業様に納品をすることができます

就労メンバーの中には、職員が最終チェックをせずに利用者自身の確認のみで納品している子もいます。

 

職員の最終チェックなしにするためには・・・

 

 

①製品の違い・正誤を区別すること

 

②ミスを発見したときに職員に報告をすること

 

③集中力を切らさず製品を注視すること

 

 

この3点が大切です!!

 

そして、より多くの子が職員の最終チェックなしで納品するために・・・

その子の仕事の能力や、特性に合わせて見直しの動きを一人一人伝えています。

 

 

製品のどこを注視するのか、製品の向きの区別や、製品の組み合わせが合っているか、取説の種類の見分け方などなど・・・

 

 

その子によって得意なこと、不得意なことがあるため、文字で伝えるのがいいのか?形で伝えるのがいいのか?など職員も試行錯誤しながらその子に合った方法を考えています!

 

 

 

 

 

3月からは、新たに7期生が入り大所帯となる就労部門。

今いるメンバーは3月からは先輩となります!

3月まであと一ヶ月!頑張ろうね💓



2018年2月8日 posted by 洲崎 明日香

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)