「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

ブログ > 秋期学校実習始まる~第1弾

秋期学校実習始まる~第1弾

就労支援センター光陽では、10月10日~13日までの4日間

5名の実習生を受け入れています。

20名の希望者を今月末まで順次受け入れしていきます。

今回の実習期間はしっかりと今後を考える手立てとなるように・・・発信していきたいと思います。

 

高等部3年生は、最後の実習となります。

この実習が卒業後の進路の決定になるかと思うと、私自身も振り返りながら、どのようにすると、仕事の意識が持てるのか?等考えながら行いました。

 

高等部2年生は、今後の実習は他事業所にの経験もしてもらい、きちんと光陽以外での評価も受けていただきたいと思います。

 

 

仕事は、飽きたから次。やりたい仕事を好きなようにやる。

それでは、生産性も上がらなければ、ミスをなくすことも出来ません。

仕事だけでなく、「生きる」ことの中に、お一人様ですべてがまかなえる事ってないですよね??

仲間と共に働き、仲間との協業で仕事を行うのです。

 

職員が1対1で付き手取り足取りで仕事を行わせる就労系サービスはありません。

側にいて、「はい!次」

手をとって「これをここに入れる」等やっていては、

ずっとそばにいないといけないのです。

 

離れても、口頭指示で、「やるべきことができる」事が必要です。

これがないとどれだけ長い時間すり込みをしても、難しいです・・・

 

 

「出来なくてもやりたいと思う。」

「仕事から外されたら、いや。」

「やらなきゃいけないと思う」

 

この気持ちがあるかないかでは、大きく違ってきます。

今までのメンバーも出来ない事が多かったけれど、

「自分の仕事はやりたい」「やらせてほしい」

という気持ちが全面に出ていました。

 

保護者の方からすると、「本当に?」

って思うと思いますが・・・

どの子も仕事は「やりたい」という気持ちを持ち合わせていました。

 

進路には、保護者、学校、受け入れ事業所の様々な思いがあります。

保護者の方もでしょうが、私たち職員も同じです。そして、学校の先生もです。

 

今、できなくてもある程度の見通しを持って、数か月後、数年後の可能性を考えます。

そうして受け入れを検討するのです。

 

就労部門1期生から6期生。30人以上。

いろいろな進路決定がありました・・・

 

保護者だけが焦っても、本人たちには何ら変化はありません。
ずっとの生活の中で身についた感覚。
今はやってもいい。今はダメ。
なんて、切り替えできる事はないのですから、今もだめ。これからもダメ。
として一貫していかないと、簡単に修正できるものではないのです。

 

家庭で好きな事を好きな様にしていて、実習だからといって切り替えができるなんてことはありません。

ダメな事をダメだときちんと叱り、諭せるようにしてこなければ

急に実習だからといって、言って聞かせても効果はありませんよね。

 

 

18歳までに、どれだけ変革を遂げられてきたか?

今更ながらでも保護者の方は向き合わなければいけない事なんですよね。

苦しいけれど・・・

 

「家では注意すると、不安定になるから注意しないで好きな様にさせている」

これが間違いではないとは・・・思います。

発達段階の中では、その事も必要な時期もあります。

生活の中では、どうしてもそうなってしまう事も絶対あると思います。

 

得意な事を伸ばす。

これも大事です。しかし、得意な事で生きていけるのは氷山の一角であり、私たちだってそう簡単な事ではないはずです。

 

障がいがあるからこそ、早い段階から、人の手を上手に借りて、訓練していかねばなりません。

家庭でも、出来るだけ同じようにしないと、本人が迷い、苦しみます。

よく懇談時に、家庭では全くそんなことはしない。っと話されるのですが・・・

本当にそうなのかな?っと悩みます。

よくよく聞いていくと、好きな事をしている。

だから落ち着いている。

それだけでは困るのです・・・

 

だって働くって、好きな事だけやっているのではないのですから・・・

 

それが「当たり前」に本人の中でなってしまってから、もがいても焦ってもどうしようもないのです。

 

 

1人ひとりの輝かしい将来の姿をイメージすることが出来る様に、いろいろなアドバイスもきちんと聞いて、わが子を守っていかねばいけません。

 

絶対に避けて通れない・・・「親なきあと」

私たち親は、

我が子を自分が守ると必死になってきましたが、

これからは終活・・・

自分がいなくても、我が子が手を貸してくれる人や仲間と生活していける・・・ 

この姿をこれからはイメージしていきましょうね。

 

 

まずは、毎日祈る気持ち送り出してくださった保護者の方々お疲れ様でした。

ありがとうございました。

5名のみんな、4日間頑張りました。

お仕事は好きな事だけやるではダメなんです。

お給料がもらえる働く大人になれるよう、もっともっと頑張ろうね!

 




2017年10月13日 posted by 中村 尚美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)