「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

ブログ > 暫定アセスメント実習第5弾!!

暫定アセスメント実習第5弾!!

就労支援センター光陽では、21日~23日まで暫定アセスメント実習第5弾!

4名の希望者を受け入れました。

4名の初日は、就労部門は新しい企業様が見学にみえるため、皆が張り切りピリピリとした日!

朝からジョブたちが気合注入の朝礼!

4人はその雰囲気に圧倒されながらも、これが就労の現場か‼と感じてくれたら…と期待(笑)

世間には「郷に入れば郷に従え」という言葉があります。子供達も新しい環境の中でその教えに必死で習おうとしてくれています。

就労部門は同じ光陽福祉会でも違う部門です。デイとは違うのです。

「郷に入れば郷に従え」です。新しい環境ですから、勝手が違うのは当然なのです。

また、大人の階段を登るための大事なアセスメント実習です。

今までは保護者の方が「子供」「わが子のために」で全力で守り戦ってきたのだと思います…そういう私も…菊池会長から伝説のように何度も話されていますのでご承知だと思いますが(笑)

これからは…「大人の階段」は本人たちが1歩1歩登っていかねばなりません。

保護者の方々は「前」に出るのではありません(笑)わが子を前に送り出してください。

暫定アセスメント実習は、この「大人の階段」の1つなのです。保護者の方も、全力で守ってきた幾年と切り離し、他人の力を上手に借りて、わが子を社会への1歩、送り出すきっかけとして意識してもらえると良いと思います。

学生生活18年間より、その先のほうがうんと長い。親亡き後をわが子が安心して過ごせるように…今までの守り方からちょっと意識を変えるだけでまた違う形が見えてきます。

まだ、何とか動ける、まだ何とか助けられる・・・この状態はずっとはいかなないのです。

私自身も気持ちはあるけど、身体がついてこなくなりつつあります。そうなってくると、わが子の先への不安と、己に対しての焦りが出ます。

暫定アセスメント実習の子供達と保護者の方を改めて見ながら、

今、私がわが子に教えられる事は何か?今、私がしなければならない事は何か?何があるのか?…と考えます。

子供たちにとっても大事な実習ですが、保護者の方にとって、今までとは違うこれからの形を見つけられる機会・1つのきっかけとなれると、私たちも嬉しいです。

 

就労部門の空気を肌で感じながら、頑張った4人!

毎日元気に送り出してくださった保護者の皆さま!

お疲れ様でした。ありがとうございました。

 



2017年8月23日 posted by 中村 尚美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)