「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


 
 


一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

ブログ > パン作り★

パン作り★

こんにちは、最近どんどん暑くなってきています夏バテしないよう規則正しい生活を送っていきたいですね

さて、今回はキーマカレーパン作りの様子をお伝えしていきたいと思います

この日は夏休み中ということで、午前中に具となるキーマカレーを作り午後からパンに包んでいきました

では早速午前の様子から見ていただきたいと思います

最初に役割分担を決めて食材の下準備をしていきました

 

  

   

 

下準備の特にタマネギを切る作業では、目がしみて辛そうにする子もいましたが、最後まで我慢して切ってくれました

続いて、食材をフライパンに入れて炒めていきます。

 

どうすればまんべんなく日が通るのか、考えながらかき混ぜています

 

味付け調味料でコンソメを使っています。袋から出す時、“点線から切って下さい。”という表示がありますが、気付かないでいると、袋を持ってギュウっと捻ってみたり…どうやって開けよう?と悩みます。私達は普段何気なくしている動作が、初めての彼らにとって難しいのです!小さなこと一つですが、経験は大事ですね!

 

続いて午後の様子です。

午前に作ったキーマカレーを生地で包んいきました

 

子どもたちは、キーマカレーから出る油分で、包むのに苦労している姿がありました焼く前は、何とか閉じていた生地ですが、焼き上がりは開いている子も多かったですね

 

 

 今回は、自分たちで中に入れる具から作っていきました。こうした経験は夏休みならではだと思います。いつものパン作りより苦労した分、いつも以上に美味しいのではないでしょうか。家族の人に頑張ったことを話しながら一緒に食べてくれればと思います

 

 

 

 



2017年7月28日 posted by 小柳 隆志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)