「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報


 
 お知らせmore>
 


一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

ブログ > 餃子定食

餃子定食

こんにちは

 

たまには運動をしなきゃ、と休日にたくさん散歩をしたら、その日の夜から筋肉痛になった

笠松の板橋です

足が痛いです(笑)

 

さて、今回は土曜日に行った『餃子定食』作りについてお知らせ致します。

 

  

 

餃子の具を皮に包むこと、中華スープを作ることをメインに行いました。

 

  

 

  

 

  

 

  

餃子の皮って、包むのに結構コツが入りますよね

 

量が多いと具が溢れてきてしまうし、水を付けておかないと皮はくっつかないし・・・

 

自分が上手に出来るようになったのは中学生くらいの時だったかな~、と思います。

 

今回は、

 

①適量の具をとる

 

②水を付け、皮をくっつける

 

という2点を目標として行いました。

 

「綺麗な形を作るのにはコツがいるから、出来る人は餃子の皮にひだをつけてみましょう。」

 

と伝えました。

 

『いつもうちでやってるから私は大丈夫!』

 

「僕もやりたい!」

 

等とみんなやる気を持って取り組むことが出来ました。

 

トッピングとしてチーズ、コーンも用意すると、

 

『両方いれてスペシャルなやつを作る!」

 

と嬉しそうに作る子ども達の姿が見られました。

 

  

 

  

 

  

中華スープは、鶏がらスープの素、玉ねぎ、コーン、玉子等を材料で使いました。

 

準備ができたらテーブル毎でホットプレートで餃子を焼いていきました。

 

  

 

  

 

  

 

餃子が焼きあがったら今回の『餃子定食』の完成です!

 

  

 

 

 

  

焼き立ての餃子は熱々で、美味しく食べることが出来ました

 



2017年6月15日 posted by 板橋 偉史

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)