「自立支援」自分の力で、社会に出て、生活する力を身につける。脱福祉

ホーム 概要 光陽式療育 事業紹介 施設紹介 ブログ お知らせ 入会案内 保護者の皆様へ 求人情報




一般社団法人 光陽福祉会
サポートセンターつぼみ

〒501-1132
岐阜県岐阜市折立348-1
TEL:058-260-6663 (代表)
FAX:058-216-1248

第2光陽
〒501-1123
岐阜県岐阜市古市場高田2-2
TEL:058-215-6691
FAX:058-215-6692

第3光陽 就労支援センター光陽
〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝12-1
TEL:058-215-5112
TEL:058-215-5122 (就労)
FAX:058-215-5811

第2サポートセンターつぼみ
地域活動支援センター光陽

〒501-6031
岐阜県羽島郡笠松町米野309-1
伴ビル3階(株式会社伴電気商会3階)
TEL:058-374-1958
FAX:058-374-1959

第4光陽
シェアハウス エルシオン

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝10-1
TEL:058-215-5112
FAX:058-215-5811

第5光陽
就労支援センター光陽

〒501-1144
岐阜県岐阜市東改田再勝11
TEL:058-215-5122
FAX:058-215-5811

ブログ > 干すということ

干すということ

台風やっと去りましたね
久しぶりに東海地方にも上陸するのかと思い
家に帰ったらすべての窓を閉めて、網戸をはずして……
飛ばされないようにと対策をとりました

皆様の家はご無事でしょうか?

さて、今の時期といえば梅雨ですよね
TGWの彼らは歩きでに通勤・自転車での通勤となります。
1時間以上歩いて通勤する人もおり、カッパや傘は彼らにとって
必需品なんですよね!!

濡れた時のために…と着替えを事前に準備することも
彼らの力として身についてきました

そんな雨の日に使うカッパ。
使ったあとは干してから片付けなくてはいけませんよね
まぁ干さなくても使うことはできますが、べたべたのまま着るわけにもいきません

そこで、TGWでは一人一つずつハンガーが準備され、
カッパや濡れたものを干す場所が確保されています
(ありがとうございます!!)

今の彼らは自然に自分で干し、昼の休憩時には片付ける。
ということが出来ています
ジョブが言わなくても自然に出来る人も何人かいました。

これって自立の一つの力になりますよね?

私はそう思っています

カッパを干すという一つの動きでも
どこかで
「洗濯を干す・濡れたものは干してから片付ける」
という力に変わっていくと思います

濡れたものを干すことは自立の力の中で大切な一つ!!
どんどん力として身につけていってほしいと思います



2012年6月20日 posted by 佐藤 えりな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください